ライフカードビジネス

  • 設立したてでも申し込み可能
  • ポイントプログラムなし
  • 年会費永年無料

年会費が永年無料でシンプルなクレジット機能に特化した1枚

会社を設立して間もない方や、決算書の内容不安があり提出たくないという方にもおすすめで、希望限度額によって提出する書類が変わるので、設立したての事業種や法人の方、決算に不安があるという法人の方でも限度額との条件合わせをしながら申し込むことができます。

お申込みはこちら

ライフカードビジネスの特長

年会費

永久無料

追加カード

ETCカード 発行可

申し込み資格

法人または個人事業主の方

ポイント制度

なし


ライフカードビジネスの入会申し込みにかかる必要な書類


希望限度額によって変わる必要書類

法人の場合

希望限度額
100万円以下 登記事項証明書、代表者の本人確認資料
100万円〜500万円以下 登記事項証明書、代表者の本人確認資料、決算書2期分
500万円〜 登記事項証明書、代表者の本人確認資料、決算書2期分、不動産謄本(法人か代表者名義)

個人事業種の場合

希望限度額
100万円以下 事業者の本人確認資料
100万円〜 事業者の本人確認資料、決算書2期分


ライフカードビジネスの特徴

海外旅行保険

なし

国内旅行保険

なし

その他保険

なし

ポイント!

法人カードのメリット

法人の代表者や個人事業主が持つことができるのが「ビジネスカード」と呼ばれる法人や個人事業主向けクレジットカードです。ビジネスカードでは、カードの登録名はクレジットカードを使う個人名となりますが、カードの利用代金の引落先が法人の銀行口座や個人事業主の個人口座からとなります。

ビジネスカードは、持っているメリットの高いアイテムで、まず会社の出納について現金で支払いをする場合には「現金支払い準備金」を用意しておかなければならず、また振込などで購入品の代金支払いをする際には作業の手間も振込手数料もかかってきてしまいますが、ビジネスカードを利用すると利用代金がまとめて引き落とされるほか、カードの明細書を見れば利用明細がわかるため、何枚もあるレシート類を集めて日付順に並べて会計ソフトに数字を打ち込む、といった煩雑な経理処理が楽になります。

立ち上げから年数が経っていなくてもOK

会社の設立から年数が経過していない法人や、まだ初年度である法人は、会社の実績や実態が把握しにくく記録も残っていないために信用に他律かの判断がつきかねてしまい、クレジットカードの入会を断られてしまうケースもあります。

しかしライフカードビジネスはクレジットカードの限度額に応じて、提出を義務付けている書類が異なっています。

たとえば法人で、限度額500万円以上のクレジットカードを作りたいと考えている場合には、「登記事項証明書、代表者の本人確認資料、決算書2期分、不動産謄本(法人か代表者名義)」の4点が必要になりますが、設立1年目の会社には決算書2期分の資料を用意することはできません。

そこで、申請するクレジットカードの限度額を100万円以下に引き下げることによって必要になる書類が「登記事項証明書、代表者の本人確認資料」の2点になるので、設立してすぐの法人であっても申し込むことが可能になります。

個人事業種も同様で、希望限度額が100万円以上の場合は事業者の本人確認資料、決算書2期分の資料が必要になりますが、希望限度額が100万円に満たない場合には事業者の本人確認資料だけで足りるので、設立の時期や決算書内容に不安がある方は限度額調整を行ってみましょう。

注意したいポイント

ポイントプログラムなし

ライフカードビジネスはあくまでも会社の取引に使う1つのツールとしてのクレジットカードを発行しているため、ポイントプログラムや特典やサービスなどは付帯していません。

個人向けを含む多くのクレジットカードがポイントプログラムを採用している中、移植に感じてしまうかもしれませんが、会社のクレジットカードで溜まったポイントの使い道や、使う人をだれにするのかといった問題が起きることもないので、とにかく取引の1手段としてシンプルに使いたい方にお勧めのクレジットカードです。

しかしせっかくクレジットカードを利用するのであればポイントも貯めておきたいという方は、年会費が1,250円+税かかるJCBカードや、同じく年会費1,250円+税の三井住友ビジネスカードもチェックしてみてください。

年会費

一般的に法人カードには年会費が無料のものはほとんど無いといっても過言ではなく、JCB一般法人カードが年会費1,250円+税、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費が12,000円+税、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が20,000円+税となっています。

ビジネスカードは、個人カードのような旅行や保険のサービスに加えて、法人やビジネスマンに使いやすいサポート特典や、会議室の予約サービスなど法人カードならではの機能が付帯しているのでどうしても年会費が高くなりがちです。

そのため、ビジネスカードに申し込む際には個人カードと同様に、どのような機能を利用するのか、このサービス内容は必要かどうか、年会費の支払額に見合った使い方ができるかなどクレジットカードのサービスと利用方法を今一度確認してみましょう。

お申込みはこちら

クレジットカード基本スペック

国際ブランド VISA Master Card 電子マネー -
入会資格 18歳以上(高校生不可) 発行期間 約2週間
利用可能枠 10〜500万円 支払方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括/ 分割払い/リボ払い
年会費 初年度 無料 ポイント
サービス
サービス名称 -
2年目以降 無料 有効期限 3年間
ETCカード 無料 ポイント付与 -
家族カード 初年度 無料 ポイントレート -
2年目以降 無料 還元率の目安 -
金利/
手数料
分割払い 12.20%〜14.90% 空港ラウンジ 対応状況 -
リボルビング
払い
15.00% プライオリティ・
パス
-
キャッシング -

海外・国内傷害保険、ショッピング保険

海外旅行
傷害保険
付帯条件 - 国内旅行
傷害保険
付帯条件 -
死亡・
後遺障害保障
- 死亡・
後遺障害保障
-
傷害治療費用 - 入院費用
(日額)
-
疾病治療費用 - 通院費用
(日額)
-
賠償責任 - 手術費用 -
携行品損害
[自己負担額]
- 家族特約 -
救援者費用 - 家族特約の
対象
-
家族特約 - ショッピング
保険
年間保証額
[自己負担額]
-
家族特約の
対象
- 補償期間 -
補償対象 -
お申込みはこちら

このページを見た人はこんなページも見ています

当サイト人気のカード

ライフカード一覧へ戻る



ページの先頭へ