SBIレギュラーカード

demo
MasterCard
  • 初年度年会費無料(次年度以降972円(税込))
  • 年会費優待制度あり
  • ポイント率1%
  • 現金キャッシュバック制度あり

米ドル決済で海外利用時にお得に利用できる

SBI証券やSBI銀行などを運営しているSBIグループの発行しているクレジットカードで、海外旅行時に外貨預金から決済金額を引き落とせるドル決済サービス、海外旅行保険(利用付帯)など賢く使えるサービスが充実しています。

お申込みはこちら

SBIレギュラーカードの特徴

年会費

本会員:900円+税
※初年度無料
年間10万円以上の利用で次年度無料

付帯保険サービス

・海外旅行保険/最高2000万円(利用付帯)
・国内旅行保険/最高2000万円(利用付帯)
・カード紛失、盗難保険

家族カード

1枚目まで無料
2枚目以降は500円+税

申し込み資格

高校生を除く18歳以上で、収入のある方
※未成年者の方は親権者の同意が必要

ポイント「サークルプラスポイント」

1,000円=10ポイント

ポイントの貯め方

  • クレジットカード利用
    クレジット決済をすると1,000円利用につき10ポイントが貯まります。

ポイントの貯まり方

内訳 金額 ポイント
本会員カードでの買い物 20,000円 200
光熱費の支払い 15,000円 150
携帯電話料金 10,000円 100
ETCカード利用料金 5,000円 50
家族カードでの利用 10,000円 100
月合計 600ポイント
年合計(12か月) 7,200ポイント

ポイントの交換先

  • キャッシュバック
    貯まったポイントは3,000ポイントから現金にキャッシュバックすることができます。

ポイントのキャッシュバックレート

ポイント キャッシュバック金額
3,000ポイント 1,000円
5,000ポイント 2,000円
10,000ポイント 5,000円

  • SBIポイント
    SBIポイントとは、インターネット証券や銀行などSBIグループの運営しているポイントサイト「SBIポイント」で利用することができるポイントで、SBIポイントをさらにTポイントやnanacoポイントなどの他ポイントやカタログ商品に交換することができます。

SBIポイントへの交換レート

サークルプラスポイント SBIポイント
1,000ポイント 250ポイント
3,000ポイント 850ポイント
5,000ポイント 1,700ポイント
10,000ポイント 4,200ポイント


SBIポイントから他ポイントへの移行

交換先 SBIポイント ポイントレート
Tポイント 500ポイント 500Tポイント
JALマイル 900ポイント 300マイル
JTBトラベルポイント 500ポイント 400ポイント
nanacoポイント 500ポイント 500ポイント


SBIレギュラーカードの機能・特典

オンラインチェック

SBIカードでは、デビットカードのようにショッピング利用額のうち指定した金額を即時に引き落とすことができる「オンラインチェック」という機能が付いており、デビットカードでの引き落としではポイントは貯まりませんが、クレジット利用ポイントを貯めながら、デビットカードのように即時に口座から引き落とすことで、クレジットカードでありがちな、「いくら使ったか忘れてしまい、意外と利用額が膨らんでいる」という状況を作りにくくしてくれます。

ドル決済サービス

SBIグループのうち、SBIネット銀行の外貨預金を持っている方は、海外でショッピングをしてクレジット利用をした時に、外貨預金の中から米ドルで支払うことができます。

為替レートの差額を利用してお得に買い物がしたい方、または外貨預金からドル払いをしたい方にはお勧めの機能です。

マルチバンク

SBIカードは最大で5つの銀行を登録することができ、メインとなる「優先口座」はクレジット利用の自動引き落とし口座となり、その他の口座についてはオンラインチェック、またはオンラインでの借り入れとなるオンラインキャッシングを利用する際に引落口座として指定することができます。

旅行保険

あらかじめSBIカードで旅行の代金を支払うことによって、海外旅行・国内旅行時の死亡・後遺傷害保険について、本会員は最高2,000万円、本会員の家族は最高1,000万円が補償されます。

ポイント!

ポイントプログラム

SBIレギュラーカードはとくにSBI証券やSBI銀行などSBIグループを利用する方にとっては、SBIグループでのポイントも貯まるため、クレジットポイント「サークルプラスポイント」とSBIポイントを移行してポイントを貯めることができます。

しかし現金でのキャッシュバックはクレジットカード利用のポイントであれば、1サークルプラスポイント=最大0.5円となりますが、サークルプラスポイントをSBIポイントに移行してキャッシュバックすると、1サークルプラスポイント=最大0.42円とレートが下がってしまうので、クレジット利用で貯めたポイントをキャッシュバックしたい方はSBIポイントに移行せずに「サークルポイント」をそのままキャッシュバックしましょう。

ドル決済サービス

SBIグループには住信SBIネット銀行もあるため、海外でクレジット利用する時にはあらかじめ外貨預金をしていた場合には米ドルで支払うことができます。

通常の海外でのクレジット決済の場合には、円換算した金額の1.63%の事務手数料が掛かってしまいますが、ドル決済にした場合には1ドル当たり15銭の為替手数料のみが発生するので、事務手数料を支払うよりも安く利用することができるので、海外旅行前には外貨預金をしておいてドル決済を利用する方法がおすすめです。

注意したいポイント

年会費

SBIレギュラーカードは初年度無料、年間10万円以上の利用で次年度無料となるクレジットカードなので、携帯代や光熱費の引き落としをSBIレギュラーカードにしておけば実質年会費無料で利用することができるクレジットカードですが、年間10万円に利用額が満たない場合には年会費900円+税がかかってしまいます。

年会費がかからないクレジットカードを持ちたいという方は、年会費が無料で100円利用=1ポイントのオリコカードザポイントも検討してみましょう。

海外旅行保険

SBIレギュラーカードには海外旅行保険が付帯していますが、旅行代金をクレジット決済して初めて保険が付帯するという「利用付帯」となっています。

しかしクレジットカードの中にはクレジットカードを持っているだけで旅行保険が付帯する「自動付帯」保険のサービスが付いているものがあり、海外旅行時のお守りとして持っておきたいという方は、年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯しているエポスカードや、年会費が1,500円+税ですが海外旅行保険も国内旅行保険も自動付帯している三井住友VISAクラシックカードAもチェックしてみてください。

お申込みはこちら

その他情報

・SBIプロパーカード
・選べる引落日
・複数口座指定サービス
・オンライン借入サービス
・5色のカードカラー

こんなところが高評価

◇国内が旅行保険つきなのに年会費無料
◇ポイントは現金交換
◇選べるカードカラー

●ベストペアカード
JCB EITカード>×<SBIレギュラーカード>

SBIレギュラーカードには国内外保険が利用付帯としてついているので、
旅行へいくときは旅費支払いをこちらのカードで済ませるようにしましょう。
JCBEITは海外旅行保険が自動付帯なので、補償額を充実させることが
できます。メインは獲得ポイントを現金交換できるSBIレギュラーカード、
サブにJCBEITを選んで、プライベートを楽しく賢く過ごしていきましょう。


SBIレギュラーカードの魅力ポイント!!

貯めたポイントは現金交換
国内外旅行保険付帯
1000円で10ポイントのポイントプログラム

お申込みはこちら

クレジットカード基本スペック

国際
ブランド
電子
マネー
-
入会
資格
高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方 発行
期間
3週間から1ヶ月程
利用
可能枠
10〜80万円 支払
方法
1回払い/2回払い/ボーナス一括/
分割払い/リボ払い
年会費 初年度 無料 ポイント
サービス
サービス名称 サークルプラス
2年目以降 972円(税込)※条件により無料 有効期限 2年
ETCカード 無料 ポイント付与 1000 円 = 10 ポイント
家族
カード
初年度 1名様まで無料、2枚目以降525円
※家族カードは最大10枚まで発行可能
ポイントレート 1P=1円〜1.2円相当 
2年目以降 無料 還元率の目安 1%
金利/
手数料
分割払い - 空港
ラウンジ
対応状況 -
リボルビング払い - プライオリティ・
パス
-
キャッシング -

海外・国内傷害保険、ショッピング保険

海外旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯 国内旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障
2000万円 死亡・
後遺障害保障
2000万円
傷害治療費用 200万円 入院費用(日額) 3,000円
疾病治療費用 200万円 通院費用(日額) 2,000円
賠償責任 1000万円 手術費用 0円
携行品損害
[自己負担額]
- 家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、会員と生計を共にするお子さま・ご両
親などの親族。
救援者費用 100万円 ショッピング保険 年間保証額
[自己負担額]
-
家族特約 あり 補償期間 -
家族特約の対象 配偶者、会員と生計を共にするお子さま・ご両親などの親族。 補償対象 -
お申込みはこちら

このページを見た人はこんなページも見ています

当サイト人気のカード

SBIカード一覧へ戻る



ページの先頭へ