クレジットカードのキャッシング枠では足りない方


キャッシング枠を使い切ったときに思うこと

手持ちのないときに限って急な冠婚葬祭……。
友人に誘われたときに限ってお財布にお金が入っていない……。

など、ショッピングだけならクレジットカード払いで済むものの、
「現金」が必要となるシーンはあらゆるところで発生するものです。

お金がない・・・

「現金が必要」になったとき、あなたはどこでお金を借りますか?
両親? 恋人? 友達?
知っているひとからお金を借りるのって結構な抵抗があるので、
できれば、自分だけで何とか収めたいと思いますよね。

そこで、そんなときに便利なのがクレジットカードによるキャッシングです

クレジットカードのキャッシングは、
計画的に利用すれば、翌月または翌々月の引落時に返済できるし、
なによりコンビニATMなどで手軽に借りれるサービスです。

クレジットカードを持っているひとなら、
誰でも1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

でもその手軽さから、
あたかも自分の銀行口座のように利用して、
いつの間にか返済を長引かせてしまい、家計を圧迫しはじめ、
返済が来るたびにまたキャッシングしてしまうような生活を…… 送っていませんか。


実はこの現象、意外にも多かったりしているんです。

そんなとき、あなたはきっと。「お小遣いでの返済が厳しくなってきたし、
クレジットカードでキャッシングできる金額もわずかになってきたから、
消費者金融などが発行しているカードローンを作ろうかな」と思ってはいませんか。

それってかなり危険な行為です。
ヘタをすると返済ばかりが残って、さらに家計を圧迫しかねませんよ!

それでも何とかキャッシングを…… と考えているひとに、
とっておきのキャッシング方法をここで紹介していきたいと思います。

カードキャッシングにはふたつの方法がある

キャッシングと聞くと、
どうしても消費者金融が浮かんでしまいますよね。

それはそれほど「お金を借りる」というイメージが消費者金融にあるということです。

こういった強いイメージから、消費者金融ではお金を借りたくないというひとも増え、
手軽に借りられてイメージの良いクレジットカードでのキャッシングを
つい選んでしまうわけです。

ここでイメージが良く見えるカードキャッシングのふたつの方法を紹介します。

カードキャッシングの方法
  @クレジットカードによるキャッシング
  Aカードローンのカードによるキャッシング

@はクレジットカードを持てば利用できる手軽さがウリ。

でも、クレジットカードのキャッシングは総量規制対象となっているので、
年収の1/3以上の借入はできません。
さらによく見れば金利が消費者金融並みに高く設定されているので注意が必要。

しかし、クレジットカードの中でも低金利なカードもあります。

Aはカードローンに申込み、受け取ったカードでキャッシングできる方法。

カード「ローン」と言うものの金利が安く、クレジットカードの
キャッシングのような感覚で利用できるので、一度申し込めば末長く活用できます。
申込むカードローン先をオリックス銀行などの「銀行系」にすれば、
複数枚のクレジットカードの借入をまとめることもできるメリットがあります。

クレジットカードでのキャッシングにはいいイメージから利用している方が多くいますが、
実は金利(手数料)が高く設定されていたり、返済がリボ払いになっていたりと
手軽意外に良い点が少ない。

それに比べ、カードローンは発行元が銀行ということ、金利が低いこと、
返済が緩やかになっていることなど良い点が多いのが特長です。

しかし、カードローンにも1つ注意点があります。
金利の安い銀行系カードローンは、審査が比較的厳しく、通らない可能性があるのです。
一度、審査に落ちてしまうと、申し込みから6ヶ月以上はクレジットカードや他のカードローンも審査に通らないことがあります。

クレジットカードとカードローンの返済方法の違い

クレジットカードによるキャッシングと、カードローンによるキャッシングは“返済方法”も異なっています。

クレジットカードのキャッシング返済方法

・口座振替による返済が基本で、利用分は翌月一括払い。
または設定した金額(1 万円から数万円刻み)。クレジットカードからキャッシングできるという手軽さから利息も18%と高め。

普段通り、ショッピング枠の返済と同じように請求が来るので請求日が別になり、返済を忘れてしまうなどといったことが起こりにくいです。

カードローンのキャッシング返済方法

・ATM返済、口座振替、インターネット返済、振込返済など多数あり、あるとき払いもできる。返済金額は月々3,000円からと緩やかなのが特長。発行元が銀行系になるので、利息は4%代からと抑えられており利用しやすい。

クレジットカードは基本的にショッピング利用分+キャッシング利用分を口座引き落とし日に支払う流れとなりますが、カードローンは口座振替以外にもATM返済があり、気が付いたときに返せるというメリットがあります。また返済額も10万円以内のキャッシングであれば3,000円〜と、自分で返しておこうという金額で返済ができるので、計画も立てやすく、利用もしやすくなっています。

クレジットカードをもう1枚! と考えるなら。

カードローンを選択し、万が一審査に通らない可能性を考えれば、審査が柔軟な楽天カードを選んでみては?

カードフェイス 対応スピード 金利・手数料 特徴
楽天カード
楽天カード
最短3日 18.0% 楽天が出している楽天カードは、年会費無料なのに、海外旅行保険最高2000万円やポイント還元率が基本1%つきます。

さらに、楽天関連サービスを利用すれば4倍以上になるので還元率は他のクレジットカードよりも高いです。
プロミス
プロミス
即日 4.5%〜17.8% アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、契約可能です。審査に不安の方は申し込み前にプロミスのお試し3秒診断で確認できます。 30日間無利息サービス実施中!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録にお申込された方が対象

みずほ銀行カードローン
最短即日 4.0%〜14.0% 年会費無料
金利年4.0%〜14.0%。最大ご利用限度額1,000万円。さらに、みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの
店頭表示の基準金利より金利を年0.5%を引き下げ。
   ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


キャッシングをするなら新しいクレジットカードを持とう

クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまっている方は、
どこからどうにかしてキャッシングができないか…… と考えいるはずです。

そこでまず最初に思いつくのが、
キャッシング専用のカードローンを新たに申込むことではないでしょうか。

その考えは決して悪くはありませんが、カードローンは審査に厳しいものもあり、審査に落ちてしまうと、新しいクレジットカードやカードローンに申込んでも審査に通らないことがあります。

カードローンの審査に不安を感じるぐらいなら、
いっそのこと楽天カードような審査に柔軟なクレジットカードに申込んだほうが安心です。

楽天カード
楽天カードのキャッシング
クレジットカード
一般的なクレジットカードのキャッシング
申込みが必要
ATMからキャッシングができる。
<借り方> 申込みが必要
ATMからキャッシングができる。
18.0%が一般的 <金利・手数料> 利子(金利)が18%一般的
海外旅行保険最高2000万円 <付帯サービス> 年会費無料系カードは基本的になし

1枚目のクレジットカードの利用枠をいっぱいまで使ってしまった場合、クレジットカード自体が利用できません。

ならば、セカンドカードを用意する必要がありますよね。
一般的に、カードローンなどを申し込んでしまい、借入を行うと、返済をしない限り新しいクレジットカードを作ることはできません。

セカンドカードを申し込める時に申込んだほうが得策と言えます。

現在すでにキャッシング枠を使い切っている状態なら
今のうちにセカンドカードを申し込んでおきましょう。
選ぶなら年会費が無料な楽天カードがおすすめですね。

新しくカードを作るならセカンドカードである楽天カードを選ぼう



楽天カードの良いところ

@発行スピードが早い
最短3日で発行がされます

Aショッピング枠も当然使える

1枚目のクレジットカードの利用枠がいっぱいなら、クレジットカード機能が使えないことになります。
当然、クレジットカードが使えないことは不便ですよね。

キャッシングもショッピングにも使える楽天カードを1枚持っておくことで、安心して利用することができます。

商品は、顧客獲得に燃えている

クレジットカードのキャッシング枠を使い切っているひとは、ここは見逃さず申込んでみましょう。

年会費 無料
審査日数 最短3日発行
金利・手数料 18.0%
申込み資格 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
借入れ限度額 最高100万円
総量規制 なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ