月々5000円以下から返済できるクレジットカードの選び方


リボルディング返済の概念とそのサービス内容

クレジットカードの支払いは通常、一括払いか分割払いを選択できるのですが、最近は特に若い方を中心にリボルディング返済を利用する動きが広がっています。クレジットカード会社もこの流れを捉え、リボ払い専用のクレジットカードを出す事が多くなってきています。
そもそもリボルディング返済がよくわからないという方のために、簡単におさらいしてみましょう。まずは下のリボルディング返済の事例を確認してみて下さい。

リボルディング返済の概要



図に示された通り、リボ払いを選択すると毎月の返済額が一定金額になります。これがリボ払いの最も大きなメリットであり、特徴でもあります。多くのクレジットカード会社は、その返済額に一定の条件を設けている場合が多く、毎月の返済額の最低金額設定となっています。

これは、リボルディング返済の利用限度額の範囲内で、限度額一杯に利用があった場合、月々の返済額があまりに小さすぎると利息が大きくなりすぎ、元金が減らないというリスクが生まれるからです。

最低金額設定はそのような事態に陥らない様にするための、安全処置の意味合いもあるのですが、最近の利用者の動向を見る限りそのようなことはなく。想像以上にうまくリボ払いは活用されています。

そうなると月々の返済額は、より少額な方が毎月の生活にも余裕が出てきますので、月額返済設定の少ないクレジットカードを利用したくなります。今回は月額の返済額の設定を毎月5,000円以下でも利用できるクレジットカードを厳選して選んでみました。

リボ専用カードは、サービスの内容が良いこの2枚を選ぼう!

リボ返済が出来るクレジットカードはたくさん存在しますが、リボ払いに特別にメリットを与えているカードは少ないため、リボ払い専用カードのサービスが目立ってしまうということも言えます。

また逆に、リボ払いが良くない支払い方法だからサービスが多いのではと思ってしまう方もいることでしょう。

確かにリボ払いは利息がかかる返済方法で、その分損をしているイメージはありますが、理解して使えば、毎月の支払いや生活費を上手に管理することもできます。
また返済額が5,000円以下で、更にサービスが充実した総合評価の高いクレジットカードも探せばあるので、ここで見つけて行きましょう。

  オリックス銀行カードローン
オリックス銀行
カードローン

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISA
クラシックカード

年会費 年会費永年無料 リボ払い利用で年会費無料
追加カード 家族カード・ETCカード
キャッシング
限度額
最高800万円 50万円
リボルディング
金利

ご利用限度額が100万円未満の場合:12.0%〜17.8%
ご利用限度額が100万円〜150万円(以下)の場合:6.0%〜14.8%
ご利用限度額が150万円超〜300万円(以下)の場合:5.0%〜12.8%
ご利用限度額が300万円超〜500万円(以下)の場合:4.5%〜8.8%
ご利用限度額が500万円超〜700万円(以下)の場合:3.5%〜5.8%
ご利用限度額が700万円超〜800万円(以下)の場合:1.7%〜4.8%

15%
最低
支払い金額
7,000円
(※30万円以下の借入)
5,000円
まとめ払い 可能 可能

これら2枚のクレジットカードは、
毎月の返済額が非常に少額に抑えられている中で、サービスが最も充実しているクレジットカードとなっています。

それぞれに大きなメリットがあり、それが特徴にもなっていますが、リボ払いが出来るクレジットカードとしては、総合評価の高いカードです。



2枚のリボ専用カードのそれぞれのメリットとは?

これら3枚のクレジットカードには、それぞれに特徴がありまずが、下記に個々のクレジットカードのメリットをまとめましたので、確認していきましょう。

2つのクレジットカードの特徴

ポイント01
オリックス銀行カードローン
銀行カードローンといえば代表的なオリックス銀行カードローンですが、金利面、限度額どれを取ってもリボ払い専用カードとしては最高のスペックを持つキャッシングカードです。クレジット機能は持ちませんが、買い物に利用するのであれば、最も高額な買い物にも対応可能です。
ポイント02
三井住友VISAクラシックカード
三井住友とVISAが提携したブランド力の高い有料カードですが、リボルディング利用で年会費が無料になるクレジットカードになります。

いずれも毎月の返済額を少額に抑える事が可能なカードなので、毎月の返済額でも無理する事なく、ショッピングが楽しめるカードだと言えるでしょう。
では、具体的にそれぞれのカードのメリットや特徴を紹介していきましょう。

クレジットカード2種の概要

オリックス銀行カードローン


三井住友VISAクラシックカード

マイ・ペイすリボとは

毎月のお支払い金額をお客さま自身に決めていただくお支払い方法です
毎月のお支払いは、最低お支払い金額の5千円から(三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカードは1万円から)。最低お支払い金額以上であれば、「一部でも全額でも」ご都合に合わせてお支払いになれます。
お支払金額は、インターネット・お電話で簡単に増やしたり減らしたり、ご変更いただけます。ご希望がない場合は最低お支払い金額でのお支払いとなります。

マイ・ペイすリボの特典


マイ・ペイすリボへの登録+お買物利用で年会費無料・半額
「マイ・ペイすリボ」へご登録の方は、年に1回以上カードをご利用になれば※、カード年会費が無料または半額になります。

※各種年会費、弊社情報誌定期購読料、一部の保険料およびリボ払い・分割払い・キャッシングリボのお支払い分、PiTaPaのご利用代金等は、本サービスにおけるカードご利用条件の対象となりません。
リボ払いでお支払いいただくと、ポイントが2倍
「マイ・ペイすリボ」をご登録いただいている会員の方へ、リボ払い手数料のご請求がある月はボーナスポイントをプレゼント!

※一部対象とならない提携カードがございます。

マイ・ペイすリボのお支払い例

6/15に5万円を利用、お支払い日が毎月26日、元金定額5千円コースをご指定の場合のお支払い例

お支払い日 7月26日 8月26日 9月26日
お支払い金額
(弁済金)
5,000円 5,092円 35,563円
内手数料 0円 92円 563円
お支払い後残高 45,000円 40,000円 5,000円

どのカードもスペックの高いカードではありますが、それぞれ特有の特徴があり、個別に比較できない部分もあるので、自分が一番使いやすそうだと興味を引くカードを選ぶようにしていきましょう。

どのカードのサービスが自分に合うのかを考えたカード選びを!

この2種類のリボ払いカードには、それぞれ特有の特徴があるため、リボ払いをする場合は、それぞれのライフスタイルに合ったカードを選択する必要があります。

では実際に、リボ払いをよく利用する方が、リボ払いカードをこの2枚のカードから選ぶ場合に、どの様な視点でカードを選択すれば良いのかを1例を交えながら解説していきましょう。

カード毎にその特徴は異なりますので、利用のスタイルにあわせて、カードを選択するのが良いでしょう。

クレジット機能は無くても良いので、大きな金額の利用が考えらるカードが良く、でも毎月の返済は抑えたいという方は、オリックス銀行カードローンがお勧めでしょう。 金利も低い上に限度額も大きく、リボ払いにはおトクなカードです。

毎月の返済金額が変動しても構わないという方や今月は返済が苦しいという時に、自動的にリボ払いに切り替わるとありがたい、という方なら三井住友VISAクラシックカードが良いでしょう。 基本的にはリボ払いですが、一括返済も自動的に切り替わり、リボ返済にする事が出来ます。また一括返済可能で、返済最小金額も電話1本で金額変更ができます。





全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ