三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方


銀行系のカード審査に落ちてしまった場合



欲しいカードの審査に落ちた。

こんな体験をした方は少なくないのではないでしょうか。
今回は三井住友VISAカードの申し込みに落ちてしまった方に対して、今後どうしていけば良いのか、どの様なカードを考えていくべきかを紹介していきます。

クレジットカードの審査に落ちるとショックですが、カードの銘柄によっては、審査に通らない事であまり必要以上に落ち込む必要はありません。

特に銀行系のクレジットカードは審査の基準が厳格化しており、若年層を狙ったクレジットカードであっても、いわゆる硬い審査をしている事には変わりがないからです。

銀行系のクレジットカードの審査が通らなかった背景には、必ず何らかの理由が存在します。例えば申し込みをした方の仕事の属性がアルバイトであったり、具体的な理由が明確にあるはずなのです。

アルバイトでも収入がしっかりしている方はいくらでもいますが、内容ではなく、例えば仕事の属性がそうであるだけで、審査条件にそぐわないという判断がなされてしまうケースは、特に銀行系のクレジットカードではよく見られる傾向です。

このような場合はやはりご自身の条件に見合ったクレジットカード選びをする事、更に念押しで審査通過をしやすいカードを選ぶ事などの検討が大事です。

カード加入審査のチャンスを多角的に探そう

前章で1部紹介した検討要素とは、具体的にどの様なものがあるのでしょうか。それぞれに審査通過を期待出来る要素をまとめてみましたので、参照してみましょう。

クレジットカード審査通過が期待できる要素

要素 具体的な内容
カードの売り込み時期 特定のクレジットカードを売り込む時期は、加入者数を増やすために審査が柔軟になる可能性があります。
系列ごとのカード審査基準 クレジットカードには銀行系、流通系、信販系、消費者金融系などがありますが、銀行系以外の系列カードは、審査基準が緩和されているものが多く、申し込みのチャンスが広がります。特に消費者金融系は最もそのチャンスが大きくなる傾向にありますので、狙い目だと言えます。
ターゲット層 クレジットカードにはそれぞれ狙いにするターゲット層が存在します。そのターゲット層にあったクレジットカード選びが、まずは審査通過を実現するために最も重要な要素です。
入会条件 入会条件に18歳以上や、電話連絡可能、本人または配偶者に安定した収入などと条件の表記がなされているカードは、審査の基準の一部開示をしていますので、審査に対しての対応がしやすくなります。

これらの要素は、それぞれ対策を行う事で確実に審査通過の可能性を上げるものであり、その通過を約束しているものではありませんが、これらの選択や対応を行う事で、審査を通過する可能性を上げられる事は間違いありません。

審査通過をするためのコツは、あれこれ根拠が不明瞭な情報に振り回されるより、判明している要素を確実に選択、実施する事で審査通過の確率を上げる事にあります。

紹介した4つの要素は、いずれもそれぞれ主旨の異なる要素ですので、選択するクレジットカードによって複数の要素が当てはまる場合もあれば、そうではない場合もありますが、該当する要素が多いほど、当然審査通過の可能性は高まるという事が言えます。

では実際にこれらの要素に当てはまるクレジットカードで、特にいまお勧めしたいクレジットカードを紹介します。

加入しやすい根拠を持つそれぞれのクレジットカードを紹介

クレジットカードにもさまざまなものがありますが、お勧めしたいカードで、紹介した要素を持つクレジットカードとはどういったものがあるのでしょうか。

審査でオススメのクレジットカード

現在売り出し中のクレジットカードで、普及を促進するためにカード発行の審査が一時的に優しくなっています。

消費者金融機関の提供するクレジットカードで、審査も優しく職業の属性が正社員ではない方でも気軽に申し込みが可能です。

紹介した2枚のクレジットカードは、いずれも現在最も狙い目のクレジットカードです。また前章で紹介した要素も満足しているので、三井住友VISAカードの審査通過が出来なかった方でも、十分に審査通過のチャンスがあるクレジットカードです。

ではこの2枚のクレジットカードのサービス概要を、三井住友VISAカードのサービスと比較して見ましょう。下記の比較表を参照してみて下さい。



お勧めクレジットカード比較一覧

  三井住友VISAカード
三井住友VISAカード

VIASOカード

VIASOカード

アコムマスターカード
アコムマスターカード
年会費 初年度無料/
次年度以降1,350円
※条件クリアで無料
年会費永年無料 年会費無料
追加カード 家族/ETCカード 家族/ETCカード
※発行手数料1,080円
-
クレジット枠 〜100万円 〜100万円 〜300万円
キャッシング枠 〜50万円 〜50万円 〜500万円
入会条件 18歳以上の方
(高校生は除く)
18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く) 20歳以上で安定収入のある方
カード発行期間 最短3営業日 申し込み後1〜2週間 最短即日
付帯保険 海外保険最高2,000万円/
ショッピングガード100万円
海外保険最高2,000万円/
ショッピングガード100万円
-
ポイント
プログラム

ワールドプレゼント1,000=1P
還元率0.5%

VIASOポイント1,000=5P
還元率0.5%
-

比較表を見ても分かる通り、VIASOカードなら年会費無料で、三井住友VISAとほとんど同じ条件のサービスが手に入るクレジットカードだと言えますし、アコムマスターカードでは、より確実に入会を求める方には、もってこいの加入しやすいクレジットカードだと言えます。

それぞれの審査基準と業界全体の審査動向は把握しよう

クレジットカードには冒頭に紹介した通り、カード会社の系列によって入会がしやすいなどの個別の要素や、新たなカード発行時には一時的に入会しやすくなるなどの、業界全体を通じて言える要素など、さまざまな基準でカードを選ぶ事により、より確実にクレジットカードの取得の可能性を上げる事が出来ます。
従って、仮に取得したいクレジットカードの審査に落ちた場合でも、その事でクレジットカードの入会が出来ないと結論づけるのは性急な判断だと言えます。

これらの要素を総括し、クレジットカードの入会審査に通過する可能性を上げる方法を下記にまとめましたので参照してみましょう。

クレジットカードの入会審査の対策

自分の仕事内容や年齢置かれた環境などの要素と、対象となるクレジットカードが合っているのかどうかを見極める。
申し込みをしてもダメな場合、カード発行会社などの系列を変えて申し込みを考えてみる。
新規にカードが発行される時、CMなどで特定のカードが売り込みに力が入っている様な場合は、そのカードが一時的に加入しやすくなっている場合がある。

具体的にこれらの総括を検討して、お勧め出来るクレジットカードが
 
VIASOカードアコムマスターカードの2枚ですので、一度検討してみる事をお勧めします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ