利用限度額から見るエイトカードの審査レベル


はじめにJCBエイトカードのサービスの特長を検証してみる

JCBは国内でもステータスの高い、唯一の国産の国際クレジットカードとして有名です。
そのJCBで今、最も人気の高いクレジットカードといえばJCBエイトカードがあげられます。

今回はこのJCBエイトカードについて、その利用ターゲット層や、JCBエイトカードを選択する事のメリットについて紹介していきます。
まずJCBエイトカードとはどの様なカードなのかを検証していきます。
下記にJCBエイトカードのサービス概要を紹介していますので参照してみましょう。

JCB EITカード

JCB EITの8つ(EIghT)の価値

無料 永年無料の年会費   ※年会費はJCBが負担します。
ポイント Oki Dokiポイントが2倍! ※ショッピングのご利用分のみ
海外旅行保険 最高2,000万円まで補償する、海外旅行傷害保険(自動付帯)
ショッピングカード保険 年間最高100万円まで補償する、ショッピングガード保険(国内・海外)
無料 初回手数料無料のショッピングリボ払い
JCB EITのショッピングご利用代金お支払い方法は、ショッピングリボ払いのみとなります。
毎月自分で決めた金額をお支払いできます。毎月のお支払い金額(設定金額)は自由に決めることができ、お財布事情にあわせてお支払い金額のコントロールが可能です!設定金額はMyJCBやお電話で簡単に変更OK!
インターネットショッピング インターネットショッピングも安心な、「JCBでe安心」制度
カードデザイン 見せるのがうれしい、スタイリッシュなカードデザイン
3つのデザイン[ブラック][ステッチ][ロゴ]が新登場!お好きなカードデザインが選べます!
個人情報 WEB明細サービス自動登録で、個人情報をしっかりガード

JCBエイトカードは売り込みの文句を「8つの価値あるカード」としていますが、それぞれの特典についてはどのサービスも充実した内容となっており、さすがJCBと言わせるだけのサービス内容となっています。

JCBエイトカードの年会費が無料である事を考慮すると、いかにサービス内容が充実しているかを伺い知る事が出来ます。
しかし、このJCBエイトカードの特徴をよく見ると更に色々な事がわかってきます。

JCBエイトのコンセプトがわかればターゲット層がわかる

年会費無料のカードとしては最高補償額2,000万円の付帯保険は業界最高水準であり、またポイントシステムにおいてもOkiDokiポイントが常に2倍であるのは、通常のJCB一般カードを凌ぐサービス内容だと言えます。

JCBとしてはサービスに力を入れているのは明白であり、非常に優れたサービス内容のクレジットカードなのですが、1点気になる要素もあります。

それは利用限度額がどこにも記載されていないという事です。

実はほとんどのJCBエイトカードの利用者が、初期段階では10万円程度のクレジット利用枠しか与えられていないのです。何故こんなに少ない利用枠なのでしょうか。

これには、JCBエイトカードが、ターゲットとする利用層にその答えがあります。
先ほど紹介したJCBエイトカードのサービスにはある共通した特徴があります。
実際にその要素をまとめてみます。まずはもう一度、JCBエイトカードのサービス内容を参照してみましょう。

  サービス概要 備考
年会費 永年無料 家族カード、ETCも永年無料
追加カード 家族カード/ETCカード  
カード発行
までの期間
約1ケ月  
リボ払い
サービスの有無
リボ専用カード 初回手数料は無料
付帯保険 海外旅行保険最大2,000万円 携行品傷害や治療・疾病補償も充実
ショッピング保険 100万円/90日間補償 自己負担3,000円
ポイント
プログラム名
OkiDokiポイント  
ポイント特典 ・JCBエイトカードは常にポイント2倍付与
・JCB ORIGINALシリーズの優待店利用でポイントアップ
・OkiDokiランド利用でポイント最大20倍
・JCB STAR MEMBERSはJCB一定以上利用でポイント特典
・JCBトラベル利用でポイント最大10倍
・インターネット検索でOkiDokiポイント付与
取得ポイントを旅行に再転化可能
選べる
カードデザイン
カードデザインが無償で自由に選択可能 デザインは6種類のラインナップ

これらのサービス内容から、特にJCBエイトカードだけの特長をピックアップすると、下記の様になります。

JCBエイトの特徴的なサービス概要

ポイント01
リボ専用カードである事
ポイント02
年会費が無料である事
ポイント03
カードデザインが無償で選択できる事

ここに紹介したJCBエイトカードのサービスは、いずれもJCBエイトの特徴的なサービスになっているものばかりです。
しかし、実はこれらはどのサービスも、若年層に人気の高いサービスばかりなのです。

つまり、主なサービスの内容が若年層向けに提供されている事、利用枠が少額スタートである事から、JCBエイトカードのターゲット層が若年層である事が分かります。

若年層をターゲットにしているクレジットカードは、審査についても入会のし易さに重点が置かれており、入会がしやすくなっているのが一般的です。
JCBエイトカードも例に漏れず審査の面で加入がしやすいクレジットカードだと言えるでしょう。



しかしながら付帯保険やポイントサービスは、どう見ても過剰サービスだと言えるほど、サービス内容が充実しています。

これはJCBが若年層にエイトカードに加入してもらいたいからですが、それには何か作為的に意味があるのでしょうか。

実はJCBはJCBエイトカードについて、加入を考える利用者に対する将来的な見方について、ある目的を持っているからなのです。

JCBエイトカードの利用のされ方と将来性とは?

JCBは、JCBエイトカードの利用者に対して、将来的にゴールドカードを持って欲しいと考えています。

つまり、将来経済的にも裕福になって行く可能性のある若年像の方を、JCBエイトカードを利用してもらう事で先行的に顧客確保を行い、その実績で将来的にJCB上級カードの利用者になってもらおうという試みがあるのです。

クレジットカードとしては、確かにサービスは充実していても、JCBエイトカードは金融サービスについては入門用カードといえます。

若い方にサービス面についてJCBの良さを十分知ってもらった上で、実績を積んでもらい、新たにゴールドカードを取得するのではなく、無理なく実績上の与信でカードのランクアップを行い、良質な顧客にしていこうというJCBの思惑が見えてきます。

将来を考えればJCBエイトカードを選択するべき

JCBカードは提携カードが非常に豊富に存在するために、気が付きにくいのですが、カードラインナップを見ていると、意外な事に気がつきます。
それはJCB一般カードには、提携カードを除くと入門用の下位カードがJCBエイトカード以外見当たらないという事実です。

つまり、JCBエイトカードはJCBカードの登竜門的立場に位置するクレジットカードなのです。
上位にあるJCBゴールドカードといえば、国内では押しも押されもしないステータスの高いクレジットカードだと言えます。

将来的にも早い段階でJCBエイトカードに加入しておく事で、カード利用の実績によるランクアップでヤングゴールドカードや、更にゴールドカードへのステップアップをする事は非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

将来の上位カードも視野に入れる方は、必ずJCBエイトカードで実績を作っておきましょう。

初年度
年会費
年会費 ETCカード 電子マネー
無料 無料 無料 Quickpay
ポイント
有効期限
海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
2年 最高
2000万円
- 年間最高
100万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ