給油代をお得にする3種類のエネオスカードの選び方

ガソリンを給油するときに、現金よりもカード払いにしたほうが、お得なことをご存知ですか。
また、ひとくちにカード払いと言っても、利用するカードによってお得度が全然違うんです。
消費税アップの春、少しでも家計が助かるほうが嬉しいですよね。
今回は、日本最大手のガソリンスタンドチェーンENEOSを利用するときにお得になるカードの選び方についてお伝えします。

ガソリン代値引き・ロードサービス無料!3種類「ENEOS」カードの魅力

ガソリンスタンドで特典がつくカードの中で、通称「ガソリンカード」と呼ばれているものがあります。

「ガソリンカード」とは、その名の通りガソリン会社の発行するカードです。
よくガソリンスタンドの店頭で「会員価格は1リッターあたり2円引き」といった値引き表示を見かけませんか。ガソリンカードでは、ガソリン代の会員価格が適用されます。くわえて、ロードサービスやカー用品の購入の際の割引など会員特典が付与されるというメリットもあります。いつも同じガソリンスタンドを利用しているという方にはおすすめです。

ENEOSには、3種類のガソリンカードがあります。 それぞれの特徴は以下の通りです。

@ ENEOSカードC
前月のショッピング利用金額に応じて、ガソリン・経由の値引き額が変動するプログラムのクレジットカードです。ENEOSおよび一般加盟店での月々の利用金額が7万円以上になると、ガソリンが1リッターあたり7円引きになります。ただし、このカードは、1250円(税抜き)の年会費がかかります。

A ENEOSカードP
このカードは、一般的によくあるポイントプログラム型のカードです。ENEOSおよび一般加盟店でカード払いを利用することによってポイントを貯めていき、1000ポイント貯まるとENEOS店舗で1,000円分のキャッシュバックが受けられます。ガソリン料金はもちろん店頭に表示されている会員価格が適用されますから、このカードを利用すれば、購入時と請求時の2回お得になるわけです。 このカードも、1250円(税抜き)の年会費がかかります。

B ENEOSカードS
このカードの年会費は他の2つと同じく1250円(税抜き)ですが、年1回カードを利用すれば、翌年度の年会費は無料になりますので、実質年会費無料と考えてよいでしょう。 このカードでは、カード払い利用でガソリンが店頭価格から1リッターあたり2円引きになります。 ただし、「ENEOSカードP」と違い、ガソリンの給油ではポイントをつけることができません。

ENEOSカードの魅力は、会員特典にもあります。
カード会員であれば、もしもの時にお電話1本でかけつけてくれる「ロードサービス」を無料で受けることができます。
例えば、レッカー車での移動(10qまで無料)、キーの閉じ込み開錠、バッテリージャンピング、タイヤのパンク交換など(各種30分以内無料)。「ついうっかり!」やってしまいがちなミスも、ENEOSカードがあれば安心です。

3種類のカードのうち、どのカードが自分に合うかわからない、という方は、ENEOSカードのウェブサイトで「メリット診断」(http://www.noe.jx-group.co.jp/card_cps/index.html)をしてくれますので、そちらも参考にしてみてください。

カード会社発行カードでも、ガソリンスタンド特典がある!

ガソリン給油時にカード払いで得をするには、カード会社が発行しているカードの中で、ガソリンスタンドでの特典があるものを選ぶ、という方法もあります。

これらカードでは、「ポイント還元」という形で割引を受けることでトータルコストが削減できるほか、ガソリンカードのように系列店での縛りがないのも魅力です。ガソリンカードの場合、系列店でないと特典を受けられないというデメリットがあるため、外出先でガソリンを給油するときなど、割引を受けるために系列店を探してガソリンを消費する…こともありえます。

クレジット会社発行のカードの中でもガソリン給油で特にポイントが還元される、ガソリン代の節約になるおススメのカードは、「楽天カード」と「VIASO(ビアソ)カード」です。

楽天カードは、ネットショッピング大手の楽天株式会社が発行する年会費永年無料のカードです。通常のカード利用は100円で1ポイント(還元率1%)。50ポイント単位で、1ポイント1円として楽天市場内で使える「楽天スーパーポイント」が貯まります。また、特定ガソリンスタンド利用でさらにそのポイント還元率を上げることができます。

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するカードで、年会費無料、ポイント還元率は上記の表の通り1000円につき5P=5円です。このカードの一番の特徴は、独自の「キャッシュバックシステム」です。このシステムでは、累計1000ポイントたまると、1ポイント1円として、手続き不要でカードの利用金額からオートキャッシュバックされます。また、ETCカードとしての利用や携帯電話・インターネットプロバイダーの料金支払いでは、通常より多くポイントが付与されます。

年会費無料カードで値引き率を比較

ここで、それぞれのカードでどれくらい実際にお得になるのかを見てみましょう。

<ENEOSで1L/161円のガソリンを10L給油した場合>
<楽天カード>
161円  × 10L = 1610円 ⇒ 16ポイント

<VIASOカード>
161円  × 10L = 1610円 ⇒ 5ポイント付与

さらに、ENEOSは楽天カードのポイント提携店なので、楽天カードでの支払いでポイントが通常の2倍付与されます。楽天カードであれば、10リッターの給油で32ポイント、つまり1リッターあたり3.2円の値引きを受けていることになります。これは、同じ年会費無料のガソリンカード「ENEOSカードS 」の「1リッターあたり2円引き」よりもお得な値引き率になります。

給油回数が少ない方には、楽天カードがおすすめ!

日ごろからガソリンを給油する回数が多い、またガソリンスタンドが決まっていてENEOSの利用が多い、ロードサービスに魅力を感じている…という方には、ENEOSが発行しているガソリンカードの利用がおすすめです。

一方、ガソリンの給油は月に数回、日ごろそれほど車は利用しない、という方であれば、ポイントの還元率がよく、ENEOSの提携カードである楽天カードの利用をおすすめします。

ガソリンスタンドの中には、ガソリンカードでなくても、カード払いで店頭価格から2円引きというサービスを行っているスタンドもあります。こうした店舗では、ガソリンカードでなくとも、「ENEOSカードC 」のように購入時と請求時の2回お得になります。
ただし、これは店舗独自のサービスですので、ご利用の際に直接店舗に確認されることをおすすめします。

楽天カードは、年会費が永年無料、通常のカード利用では100円につき1ポイント(還元率1%)。50ポイント単位で、1ポイント1円として楽天市場内で使える「楽天スーパーポイント」が貯まるのが特徴です。くわえて、特定ガソリンスタンドの利用で、ポイント還元率をさらに上げることができます。

年会費 無料
ポイント 100円=1ポイント
ガソリンの支払 ENEOS、JOMO利用でポイント2倍
(給油、メンテナンスも含む)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ