スターバックス年間8万円利用で2000円のJCBギフトプリペイドをもらう方法

アメリカはシアトル生まれのスペシャリティ・コーヒーストア、スターバックスは、1996年の初上陸以来、日本では1000店舗を超え展開されています。一国で1000店に達した例は、アメリカとカナダを除くと日本だけなんだそうです。
スターバックスの香り高いコーヒーや甘くてアメリカンなスタイルのペストリー類、また季節ごとの限定商品を楽しみにして、頻繁に店舗に通っている方も多いのではないでしょうか。

そんなスターバックスを利用するときに、クレジットカードを使うことで、お得になることをご存知ですか。
今回は、JCBカードを使って、スターバックスをお得に利用する方法を紹介します。

スターバックスをお得に使えるクレジットカードとは?

コーヒーショップと言えば小銭でいろんな味の本格コーヒーが買えるイメージがあります。その代表とも言え、国内で人気のあるコーヒーショップといえば、スターバックスです。
スターバックスは香り高いコーヒーや甘くてアメリカンなスタイルのペストリー類、また季節ごとの限定商品を多く扱っていることで、それを楽しみに、頻繁に店舗に通っている方も多いのではないでしょうか。

スターバックスをはじめ、多くのコーヒーショップを利用する方は、 いつも当たり前のように現金払いでコーヒーを買っている傾向があり、クレジットカード払いをする方はあまりお見かけをしません。
慣れていない分、面倒なクレジットカード払いですが、 実はスターバックスに至ってはクレジットカード払いでお得になる方法があります。

そんなスターバックスを利用するときに、クレジットカードを使うことで、お得になることをご存知ですか。←知っていますか?
という表現ではなく、上記のように流れをもって方法があることを教えてあげると読者がコラムを読みだします。

そのクレジットカードというのがJCBの一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」です。

JCBは日本初の国際カードブランドです。日本国内はもちろん、韓国、台湾、シンガポールなどのアジア諸国では、VISAやマスターカードと同様に使えます。また、日本人がよく訪れるハワイやグアムなども使用可能です。
さらに、AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)と提携しており、JCBとAmericanExpressはお互いの加盟店でカード決済出来ます。
VISAやマスターカードに比べて世界的知名度は少し落ちるものの、サポートが充実していることが強みです。海外からでも、日本語でサポートを受けることが出来ます。

「JCB ORIGINAL SERIES」の特徴は以下の通りです。

JCB一般カード
JCB一般カード
年会費 年間1250円(税別) ※オンライン入会で初年度無料
ポイント 毎月のご利用合計金額1,000円ごとに1ポイント
その他特典 年間合計50万円(税込)以上のショッピングの利用で、翌年の年会費が無料
国内・海外ともに旅行傷害保険付き
海外での利用でポイント2倍

このカードは年会費が1250円かかりますが、オンライン入会&年間一定額の利用で年会費が無料になりますので、JCBカードの中でも、比較的持ちやすいカードといえます。 海外での利用以外にも、提携店舗での利用で、ポイントが2倍から付与されます。
この提携店舗にスターバックスが入っており、なんと1回の利用につき1000円(税込)以上で、ポイントが5倍付与されるんです。
ポイント優待の少ないスターバックスにとって、このカードはお宝カードといえるでしょう。

スターバックスでカードを利用する賢い方法

では、具体的にはどうやって利用するのが賢い方法でしょうか。

@ 店舗での支払いにカードを利用する

カード払いできるのは至って普通ですが、このカードをJCBの一般カードで支払った場合、1回の利用につき1000円(税込)以上で、ポイントが5倍付与されます。

スターバックスにおいては、カード払いでポイントが数倍になる提携カードは希少となっているので、JCBのOkiDokiポイントを貯めていて、なおかつコーヒーショップ利用者にはおすすめのカードになります。

複数人での利用であれば問題ありませんが、ひとりでちょっと休憩したい…となったとき、ドリンクの単価がだいたい400円〜500円前後として、それにペストリー類を追加しても、1000円いくかどうか。頻繁に店舗に行くのであれば、毎回の明細ばかりがどんどん増えて管理が煩雑になりますし、加えて、毎回毎回ドリンクとペストリーを頼むのは、カロリー面もちょっと気になります。

A スターバックスカードの入金をクレジットカード払いにする

これが一番おすすめの方法です。
スターバックスのプリペイドカード、「スターバックスカード」への入金をカード払いにします。
スターバックスカードは、キャッシュレスで快適にスターバックスを利用できるプリペイドカードです。1枚のカードに1,000円から30,000円まで、好きな金額を繰り返し入金できます。入会費、年会費などはありません。事前にチャージしておけば、店舗での支払いは「ピッ」と一瞬で済みます。
このカードはデザインのおしゃれさにも定評があり、定番のものから期間限定ものまでさまざまです。スターバックスを頻繁に利用している方なら、すでに持っているという方も多いのではないでしょうか。

スターバックス プリペイド



スターバックスカードはオンライン入金やオートチャージも可能で、この支払いに「JCB ORIGINAL SERIES」を利用すれば、ここでもポイントが5倍付与されます。 ひと月に数回、一度に数千円ずつ入金するのであれば明細も煩雑になりませんし、店舗でスマートに支払いができて、さらにポイントも5倍付与される。良いことずくめです。

貯まったポイントはスターバックスでも使える

ここでさらに、JCBカードでお得にスターバックスを利用する方法を紹介します。
JCBのポイントプログラムでは、400ポイントを2000円のJCBプリペイドに交換することができます。
1000円で5ポイント付与、年間8万円利用で2000円のJCBプリペイドですから、ポイントの還元率は2.50%となり、1P=5円として使えるという計算になります。

そのほかにもスターバックスで貯めたポイントをスターバックスで使いたいと言う方にも、JCB一般カードではおすすめの方法があります。
JCBでは貯めた500ポイントを2,500円分として、手持ちのスターバックスカードへチャージすることができます。
スターバックスカードへの入金でお得にゲットしたポイントで、さらにスターバックスカードをチャージできる。頻繁にスターバックスを利用する方には嬉しいサービスです。

「JCB ORIGINAL SERIES」はスタバ利用者のお宝カード !

今回は、JCB「JCB ORIGINAL SERIES」でのカード払いで、スターバックスをお得に利用する方法についてお伝えしました。
繰り返しになりますが、ポイント優待が少ないスターバックスにとって、JCBはかなりお得なカードになります。頻繁にスターバックスを利用するという方は、ぜひ「JCB ORIGINAL SERIES」の作成をおススメします。

日本初の国際カードブランドJCBの一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」。年会費の優待もあり、JCBカードの中では比較的持ちやすいカードです。提携店舗や海外での利用で、ボーナスポイントが付与されます。さらに、スターバックスで利用すれば、ポイントが通常の5倍。ポイント優待が少ないスターバックスでのお宝カードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ