acマスターカードを信用情報に傷を付けず解約する方法


クレジットカードの信用情報とは ?

消費者金融のアコムが発行するacマスターカードは、パートやアルバイトの方でも審査に通りやすいことから、「最初の一枚」として持つには便利なクレジットカードです。
信販系のクレジットカードの審査に通らなかった人でも、acマスターカードで実績を重ねれば支払いの実績がつくため、acマスターカード利用中、もしくは解約後にほかのクレジットカードを作りやすくなります。

ただしacマスターカードの使い方を誤ってしまうと、「信用情報機関」というところに傷が付き、別のクレジットカードを作れなくなる可能性がありますので気をつけましょう。

信用情報機関とは、クレジットカードの申し込みがあった際に、これまでの利用状況や事故情報などを各カード会社が調べるための機関です。クレジットカードを申し込む時、審査に多少の時間がかかることがありますが、それは担当者が信用情報機関に問い合わせを行なって、利用履歴に問題がないかどうかを確認しているためです。

日本には、以下の3つの信用情報機関があります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行系のクレジットカードの信用情報機関

株式会社シーアイシー(CIC)

信販系のクレジットカードの信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)

消費者金融系のクレジットカードの信用情報機関

過去にクレジットカードで延滞や不払いなどがあった場合は、事故情報として上記の機関にしっかりと記録されてしまいます。いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるのは、こうした事故情報の記録のことです。

ちなみに以前までは、各機関の情報が共有されていなかったため、「信販系のクレジットカードはダメでも、消費者金融系のクレジットカードは作れる」というようなことがありました。しかし最近ではクレジットカード利用情報が共有されていますので、どれか一つの機関に事故情報があれば、すべてのクレジットカードの審査に通ることができなくなっています。



ブラックリストにのらないために注意する3つのポイント

クレジットカードの事故情報が付かないようにするためには、以下の3つのポイントを守ることが大切です。

1.延滞や不払いをしない !

クレジットカードのブラック入りといえば、もっとも多いのが支払いの延滞です。期日に引き落としができなかった、もしくは入金がなかった場合は延滞扱いとなりますので気を付けましょう。

ただし誰にでも「うっかり」はありますので、たった一度のミスで事故情報が記録されることはありません。一般的には「3ヶ月連続で支払いが遅れた場合」に金融事故として扱われ、信用情報機関に登録されます。

だからといって「じゃあ2ヶ月までなら大丈夫」というわけではありません。クレジットカードの支払いは、たった一度遅れただけでも信用情報機関にはきちんと情報が載ってしまいます。ただその後すみやかに支払いをすれば、信頼回復ができるだけであり、信用度は返済が遅れるたびにマイナスになってしまいます。

クレジットカードを持ち続けたい方は、支払いの延滞は「ただの一度もしない」という覚悟を決めて使うようにしましょう。

2.入金が遅れる場合は、すみやかに連絡を入れる

万が一、期日までの入金ができない場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡を入れて支払う意思を示すことが大切です。クレジットカード会社にとってもっとも印象が良くないのは、入金がない上に連絡も取れない状態、つまり返済の意思があるのかないのか分からない状態です。

すぐに連絡を入れて代わりの入金方法をたずね、すみやかに入金することが、信用に付く傷を最小限にとどめる方法だといえるでしょう。もちろん翌月からは、必ず予定通りの返済をするようにします。

3.奨学金や各種ローンの延滞もしない !

信用情報機関の事故情報は、クレジットカードの延滞だけではなく、各種ローンの延滞によっても発生します。たとえば車や住宅のローン、教育ローンなどです。

特にクレジットカードのブラック入りで最近増えているのが、「奨学金の返納の延滞」です。一見するとクレジットカードとは関係ないように思えますが、奨学金を運営する「日本学生支援機構」が、平成20年から信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター)に加盟しているため、返済を延滞すると事故情報が記録されるようになりました。

実際、奨学金の返済を滞らせてしまったためにクレジットカードを作れなくなってしまったり、持っていたクレジットカードを利用停止にされてしまったりする人が増えています。奨学金の返済が難しい場合は、月々の返済額を減額してもらう、もしくは返還期限を延ばしてもらうことができますので、必ず相談するようにしましょう。

acマスターカードで実績を積めば一般カードに手が届く

信用情報機関に登録されるのは、延滞などのマイナス情報だけではありません。逆にきちんと毎月返済を行なってきた場合は、その実績も記録されるのです。

たとえば信販系のクレジットカード会社が加盟する「CIC」という信用情報機関では、予定通りの支払いがあると、その月の入金状況の欄に「$マーク」が付きます。このマークが並んでいれば、それだけ信用があるということになりますので、新たにクレジットカードを申し込んでも審査に通りやすくなります。

ですから「クレジットカードをグレードアップしていきたい」という方は、まずなるべく審査に通りやすいクレジットカードを作って実績を重ねてから、別のクレジットカードに申し込むというステップを踏むのがおすすめです。

そこで最初に持つクレジットカードとして最適なのが、アコムの発行する「acマスターカード」です。acマスターカードのような消費者金融系のクレジットカードは、銀行系や信販系のクレジットカードと比べて審査基準がそれほど厳しくなく、毎月安定した収入があればパートやアルバイトの方でも申し込むことができます。

このように発行のしやすいacマスターカードですが、やはり消費者金融系のクレジットカードということで、「ブランド力がちょっと…」と感じる方も多いかもしれません。また最大のデメリットが「旅行保険やポイント付与などのサービスを受けられないこと」です。

消費者金融系のクレジットカードは、基本的に「いざという時のキャッシングやショッピング」のみに対応しているため、信販系のクレジットカードに見られるような特典やサービスは付いていないことがほとんどです。そのためいくらクレジットカードを利用してもポイントは貯まりませんし、旅行中に何かあった場合の保険や、提携先のお店でのグルメ優待、また空港ラウンジの利用権なども付帯していないのです。

「どうせ使うなら、特典やサービスの多いクレジットカードのほうがいいな」と思う方は、まずacマスターカードで実績を積んでから、他のクレジットカードに申し込みましょう。acマスターカードで支払いを延滞せず、毎月きちんと返済していけば、その情報が信用情報機関に登録されます。こうして信用を積み重ねてから信販系のクレジットカードに申し込んだほうが、審査に通る可能性が高くなります。

acマスターカードを解約して新しいクレジットカードに申し込もう

acマスターカードを解約する際は、「アコム総合カードローンデスク」に電話するか、もしくはアコムのお店に直接行って解約の申し込みをします。もちろんその時点で、借り入れたお金はすべて返済している必要があります。

acマスターカードは年会費が永年無料のため、解約せずいざという時のために持っておくことを勧められるかもしれませんが、いったんスッキリと手放して次のクレジットカードに移りたい場合は、解約の希望を伝えましょう。解約自体は、電話一本で簡単に手続きが可能です。

ちなみにacマスターカードを解約する時期としては、「ある程度の実績を積んでから」ということを考えると、最低でも発行から1年以上後をおすすめします。たとえば数ヶ月などの短い利用期間ですと、支払いを延滞しなかったとしても信用としては弱くなってしまいますので、1〜2年間は利用してから解約しましょう。

次に、いよいよ新たなクレジットカードに申し込みます。しかし各クレジットカード会社から複数のクレジットカードが出ているため、どれを選んでいいのか分からない人も多いかもしれません。

そこで特典が多く、一般カード初心者にもおすすめのクレジットカードとして、「JCBEIT」と「ライフカード」の2つを例としてあげてみます。

JCBEITとは ?

JCBEIT JCBEIT(JCBエイト)は、JCBが発行するクレジットカードの一つです。シンプルながら充実した8つの機能が特長となっています。

1.年会費は永年無料

年会費が一切発生しないクレジットカードです。

2.ショッピング利用時のOkiDokiポイントが2倍

1,000円の買い物ごとに、通常は1ポイントのOkiDokiポイントが2倍付与され2ます。貯めたOkiDokiポイントは、さまざまな商品や、他企業のポイントに交換が可能です。

貯めたOkiDokiポイントは、さまざまな商品や、他企業のポイントに交換が可能です。

3.海外旅行傷害保険が、最高2,000万円まで

海外旅行で万一のケガや病気、事故、盗難などに遭った際、最高2,000万円までの補償を受けることができます。また年会費無料で海外旅行保険が自動付帯となっているのも、JCBEITの魅力でもあります。

4.ショッピングガード保険が年間最高100万円まで

JCBEITカードで買い物した商品が、盗難や破損などの被害に遭った時、購入日から90日以内であれば最高100万円までの補償を受けられます。

5.ショッピングリボ払いの手数料が初回無料

JCBEITでショッピングした際、支払い方法はリボ払い(自分で設定した金額を毎月払う方式)となりますが、毎月残高に対してかかる手数料が初回請求のみ無料となります。 つまり初月に一括で支払えば、手数料0円になるということです。

6.ネットショッピングの不正利用に対応する「JCBでe安心」制度

最近、インターネット上で第三者にクレジットカードを不正利用される事件が急増していますが、身に覚えのない請求があった際、60日以内にJCBに連絡すると、請求を取り消してもらえる安心の制度が付いています。

7.選べるカードデザイン

ストライプやチェック、ドット柄など、オシャレなカードデザインの中から好きなものを選べます。

8.オンラインで明細を確認できる「MyJチェック

利用明細書を、郵送ではなくネット上で確認する「MyJチェック」に登録できます。

JCBEITは、「18歳以上で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方」が対象となっています。ですからパートやアルバイトの方、また専業主婦の方でも申込みのできるクレジットカードです。

ライフカードとは ?

ライフカードライフカードは、特にショッピング利用時のポイント還元率が高いことで人気を集めています。

1.年会費が永年無料

年会費は一切発生しません。

2.最短3営業日での発行

オンラインで申込み、そのまま引き落とし口座の登録を済ませると、最短3営業日でクレジットカードを発行してもらうことができます。

3.ポイントの還元率が高い

ショッピングにライフカードを使うと、さまざまな特典に交換できる「LIFEサンクスプレゼント」というポイントが付きます。通常100円の買い物ごとに0.1ポイントの付与ですが、新規入会から1年間は1.5倍、誕生月には5倍になります。
また年間の利用額に応じて、最高2倍のポイントが付くなど、年会費が永年無料のクレジットカードの中ではポイント還元率が高いことで知られています。

ライフカードの申し込み資格は、「日本在住の18歳以上(高校生を除く)で、電話連絡が可能な方」と規定されています。収入についての条件が厳しくないため、パートやアルバイトの方でも申し込みやすいクレジットカードです。

まずはこちらのカードから

「アコム」といえば消費者金融ですが、このアコムACマスターカードはキャッシングはもちろん、通常のクレジットカードとして国内外で利用可能。
インターネット申込をすると来店は不要ですし、来店可能な方もあらかじめインターネットで申し込んでおくと、契約時間を短縮できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ