• このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天カードの限度額を引き上げる2つの方法


楽天カードの限度額を増額する方法

楽天カードはポイントが貯まりやすく、楽天市場で大活躍のクレジットカードなので、お買い物に飲食、はたまた出張先といったシーンで使いこなしている方もいることでしょう。でもときに、カードの利用限度額が低く設定されているため、家具や家電といった大きな買い物ができなかったという経験はありませんか ?

楽天カードは年会費が無料ということも人気の理由ですが、年会費無料のクレジットカードは他のゴールドカードなどよりも入会後の限度額が低めに設定されているものです。楽天カードもそういった点では他の年会費無料のカードと同じです。個人差はあるかもしれませんが、入会直後は20万円〜50万円くらいが限度額となるのではないでしょうか。

しかし、入会後に設定された限度額から増額することができれば、必要なときに枠が足りずに利用ができないという可能性も低くなり、より利便性が高くなるというわけです。

楽天カードの限度額の増額方法

楽天会員専用サイトe-NAVIにログインし、ご利用状況メニューの「ご利用可能枠の変更」から申し込むという方法になります。また、利用可能枠の一時的な増枠ということも同サイトからできるので、希望に合わせた申し込みが可能です。

楽天カードの限度額の増額の条件

no.1
入会後半年以上の経過が必要
no.2
前回増額後半年以上の経過が必要
no.3
増額には再度審査がある
no.4
キャッシングの限度額増額の場合、収入証明書が必要になる場合もある

まず、増額するには最低でも入会から半年間経っていなければできません。もちろんその半年間はある程度カードを利用している、そしてきちんと支払いがされているという事が必要になります。

そして、申し込み時のような審査がもう一度必要になります。

収入証明書は楽天カードで50万円以上のキャッシング限度額、もしくは他社のキャッシングと合わせて100万円以上の限度額になる場合に必要になります。源泉徴収票、給与支払明細書などを収入証明書として提出できます。

増額するよりカードローンを作るほうがお得?

楽天カードの限度額の増額方法について説明しましたが、もうひとつの方法が、楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」をつくるという方法です。

実は、楽天カードは自社で審査をしており、楽天銀行スーパーローンの審査はクレジットカードの楽天カード(または信販会社のセディナ)が行っています。つまり、この2つのカードの審査はほぼ同じ内容になる可能性が高いのです。

銀行系のカードローンは一般的に審査のハードルが高く、なかなか利用できないというイメージがあるかもしれませんが、楽天カード利用者であれば、他社の銀行系カードローンよりも楽天銀行スーパーローンに申し込む方が有利な審査をされる可能性が高いのです。

同じ「申し込み」と「審査」をするのであれば、いっそカードローンを作ってしまった方が金利や利用できる額などの点でメリットが多いのです。

楽天銀行スーパーローンを楽天カードと比較

  年会費 最大限度額 キャッシング
金利リボ
ショッピング
金利
楽天銀行スーパーローン楽天銀行
スーパーローン
無料 500万円 4.9%〜14.5% -
楽天カード楽天カード 無料 100万円
(ショッピング枠、キャッシング枠合わせて)
18% 15.0% リボ
12.25%〜15.0% 分割

年会費

クレジットカードには年会費無料のものと有料のものとがありますが、カードローンは基本的に会費というものがありません。楽天銀行スーパーローンは年会費無料でゴールドカードのような限度額を利用できるといえるのです。

利用限度額

楽天カードの限度額を増額したとしても最大で100万円となり、収入証明書の提出が必要となる場合があります。年会費無料のクレジットカードでそれ以上は基本的に厳しいかもしれません。しかし、楽天銀行スーパーローンの限度額は最大500万円です。また、300万円までの利用なら収入証明書も不要です。もちろん、最初からいきなり500万円の枠を与えられることはまずありませんが、限度額を増額していくことによって将来的に楽天カードとは比較にならないほど大きな額を利用できる可能性があるのです。

利用限度額の大きさを単純に比較すれば楽天銀行スーパーローンの方が大きな金額(最大500万円)になりますが、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象、銀行系カードローンは対象外になるので、法的な意味で利用できる上限がそれぞれのカードで異なります。つまり、実際に利用できる金額が楽天カードのキャッシングでは年収の3分の1が上限ですが、楽天銀行スーパーローンの場合年収は利用額に影響しないのです。

金利

クレジットカードには年会費無料のものと有料のものとがありますが、カードローンは基本的に会費というものがありません。楽天銀行スーパーローンは年会費無料でゴールドカードのような限度額を利用できるといえるのです。楽天銀行スーパーローンの最大のメリットは金利銀行スーパーローンの最大のメリットは金利でしょう。最大の金利が実質年率14.5%と楽天カードの最大金利(実質年率:ショッピングで15.0%、キャッシングで18.0%)よりも低いのです。さらに、利用額が高くなるほど金利はより低いものになります(最小金利:実質年率4.9%)。

クレジットカードは日常的に繰り返し利用するものなので、常に金利を支払い続けているような状況になりがちです。数パーセントの金利の違いも1年単位で考えれば思った以上の金額になってしまうものなので、重視すべき点といえるのです。

楽天カード

楽天カードキャッシング10万円を1年間で返済した場合
総額 108.228円


楽天スーパーローン

楽天銀行スーパーローンキャッシング10万円を1年間で返済した場合
総額 106.624円

ちなみに楽天カードはキャッシングの場合ではリボ払いのみになり、楽天銀行スーパーローンと同じ方式の支払い(返済)方法になります。

楽天カードと楽天スーパーローンの2つのカードを最大限活用する

楽天スーパーローンに申し込み、利用し始めたとしても、手元にある楽天カードは利用することができるので、このクレジットカードとカードローンの2枚をフルに活用してみましょう。

楽天カードと楽天スーパーローンの活用法

no.1
ショッピングや公共料金などの支払いは今まで通り楽天カードを利用する
no.2
キャッシングは楽天スーパーローンをメインとする
no.3
楽天カードの支払いを可能な限り楽天スーパーローンで立て替え一括で支払う

楽天銀行スーパーローンはキャッシング専用カードローンなので、そもそもショッピングには利用できません。また、楽天市場などネットショップを利用されている方にとってクレジットカードは欠かせませんし、公共料金の自動振替や店舗での利用など、カードローンには無い利便性があるのがクレジットカードです。

また、クレジットカードとカードローンの大きな違いとして、利用した分だけ貯まっていくポイントの有無です。楽天銀行スーパーローンは入会時にポイントのプレゼントはありますが、利用した分だけポイントが貯まっていくという楽天カードのような機能はありません。

いくら楽天銀行スーパーローンの方が金利が低いからといって、ネットショップでクレジットカードの利用を止めたり、公共料金や店舗でできるだけ現金で支払うようにするなど、ライフスタイルまで変更する必要はないのです。今までと同じように楽天カードを利用し、支払方法を長期的なリボ払いから楽天銀行スーパーローンで借り入れて一括で支払うという方法に変更するという方法で、ポイント獲得と低金利という2つのメリットを同時に実現することができるのです。



「もっと大きな金額を」という場合にはオリックス銀行カードローンもおすすめ

ポイントプログラムは必要ないので、より大きな金額をということなら、オリックス銀行カードローンがおすすめです。利用限度額は最高800万円と楽天スーパーローンの最高500万円より300万円も上回る金額です。また、オリックス銀行は楽天銀行と同じインターネットバンクという新しいタイプの銀行なので、審査や利用時の対応などでも旧来の銀行よりも柔軟でスピーディーな対応が期待できます。金利も実質年率1.7%〜17.8%と、高額の利用になれば業界トップ水準の低金利です。

オリックス銀行カードローンは実店舗が無い代わりに、全国95,000台以上と豊富な種類のコンビニや銀行の提携ATMが利用でき、それら全て利用手数料無料というのも特長で、日常的に必要なときに必要な分だけというこまめな利用をしたいという方にもメリットの大きいカードローンになります。

マーク・
設置場所
三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 ゆうちょ銀行 西日本シティ銀行
マーク セブン銀行ATM ローソンATM イオン銀行  
設置場所 セブン銀行 ローソン イオン  
マーク E net
設置場所 ファミリーマート ミニストップ スリーエフ ポプラ
デイリーヤマザキ ミニストップ スリーエフ  

クレジットカードの限度額を引き上げたいという場合、クレジットカードの増額申し込みをするのが一般的な方法ですが、ちょっと考え方を変えてカードローンを作れば、より大きな金額を利用することができ、さらに金利も抑えることができるなど、より多くのメリットがあるのでおすすめです。

  楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローン
アメリカン・エキスプレス・
オリックス銀行カードローン
金利 年4.9%〜14.5% 1.7%〜17.8%
限度額 500万円 最高800万円

限度額の増額やカードローンの審査に不安な方の対策は?

既に持っているクレジットカードのキャッシング限度額を引き上げや新たにカードローンを利用したいと考えている方の中には「審査に落ちてしまわないだろうか」と不安になっている方が多くいます。

もし不安に感じているのであれば審査に通りやすいクレジットカードを新たに発行するという方法を選択肢にいれると良いでしょう。

審査を厳しくしないで増額させる方法

キャッシングの金額が多くなると当然クレジットカード会社側は「この人はこれだけ借りてもしっかり返すことができる人なのだろうか」と考えるため審査が厳しくなります。

これは借り入れの金額が大きいカードローンも同じです。

そのため、多くのクレジットカード会社は1社でキャッシングの利用枠が50万を超える場合と利用している全てのクレジットカードのキャッシング枠が合計100万を超える場合に収入証明書を提出する必要になります。

カードローンは少額なら収入証明不要で申し込めるところもありますが、クレジットカードのキャッシングよりも金額は大きくなる傾向があるため、審査に関してはしっかりと行われる可能性が高いです。

一方審査の優しいクレジットカードで少額のキャッシング枠を追加するという方法によって、キャッシング枠の増額やカードローンの時の審査よりも通りやすい形で利用できる最大のキャッシング枠を増やすことができます。

既に30万円分のキャッシング枠がある場合
方法 合計金額 収入証明書提出
既存のキャッシング枠を30万増額 30万 ⇒ 70万 必要
カードローンへ100万円の申し込み 100万 場合によっては必要
新しいクレジットカードの発行
キャッシング枠は30万で申請
30万(既存キャッシング枠)
+
30万(新しいカードのキャッシング枠)
=60万円
不要の可能性が高い

同じ増額であってもアプローチ方法によって審査の厳しさが変化するので、もし既存のキャッシング枠の増額やカードローンの審査で上手くいかない方は審査の通りやすいクレジットカードを申し込み、その際にキャッシング枠を少額で申請するという方法も試してみてください。

増額もポイントプログラムもどっちも欲しい! ときに選ぶカード

「増額も必要だけれど、ポイントプログラムのお得さはあった方が良い」と思っている方は新しく【VIASOカード】を選びましょう。

VIASOカード

VIASOカードを追加で選ぶメリット


ポイント付与が大きい&使いやすい

1000円=5ポイント
※還元率0.5% (使い方によって1.0%〜最大10.5%までアップ可能)

「VIASO eショップ」を必ず経由してネットショッピングをすれば、VIASOカードの1000円=5Pにプラス参加ショップのボーナスポイント(還元率は1.0%〜最大10.5%にまでアップ)が加算

ポイントも1P=1円としてオートキャッシュバック
携帯、スマホ料金、プロバイダー料金に加えETCカード利用料金はポイント2倍になる。

三菱UFJニコスから登場したカードなので、信頼性が高い

MUFGが発行元ということで、年会費が無料にも関わらず、付帯サービスが有料カード以上に手厚く保障されています。

利用枠が10万円から100万円

収入や勤務先、勤務年数などの審査により利用枠は決まりますが、利用枠が低く設定されているカードに比べ、VIASOカードは利用枠が広く設定されています。期待を持って申し込みましょう。

もちろん、キャッシングにも使えますので、増額も、ポイントも…
というダブルの使い方を考えている方にVIASOカードはおすすめです。

VIASOカードと楽天カードを比較

VIASOカードはポイントのVIASO eショップを利用することでポイントの還元率が楽天カードよりも高くなることが多くあり、提携しているショップの豊富なので貯めたポイントは様々な用途に使えます。

またVIASOカードはETCカードが年会費無料なのに対して楽天カードは年会費540年必要になるので、車での移動が多い方はVIASOカードがおすすめです。

VIASOカード
年会費:永年無料(ETCカードも無料)

付帯サービス : 海外旅行傷害保険/最高2,000万円
ショッピング保険/最高100万円
ETC[・携帯・ネットプロバイダ料金の支払いでポイント2倍
VIASOeショップ経由の買い物でポイント還元率最大で10%以上も可能
貯まったポイントは現金としてキャッシュバック可能

申し込み資格 : 18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方※未成年の方は親権者の同意が必要となります。

楽天カード
年会費 : 永年無料(ETCカードは年会費540円)

付帯サービス : 海外旅行傷害保険/最高2,000万円
ネット不正あんしん制度
商品未着あんしん制度
マイル移行手数料無料
楽天グループでの利用で100円=2ポイント

申し込み資格 : 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

当サイト
おすすめ

VIASOカード
ETCカード、携帯料金利用でポイント2倍

海外保険も2000万円利用付帯。海外利用で付帯補償が受けられます。

しかも今ならキャンペーン中!クレジットカード研究Lab経由でお申込みいただくと 一番お得! 最大 10,000円分ポイントプレゼント中!
(9/30まで)

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 最短翌営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
最大10.5% 最高2000万円 - 最高100万円



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ