クレジットカードでJCBギフト券を購入する方法


贈っても贈られても喜ばれるギフトカードの購入方法と利用方法

一生を通してさまざまなお祝いごとがある中、やはり悩むことといえば“贈る商品選び”です。
相手がどんなものを好むのか分かれば選びやすいのですが、そうではない場合もあるため洗剤や食品など無難なものに選びがちになっているかたも多いことでしょう。

そんなとき貰って嬉しいのがギフトカードです。

ギフトカードとは

クレジットカード会社が発行しているギフトカードは、主に加盟店で使用が可能で、全国取り扱い店舗・インターネット・金券ショップから購入できます。同様に百貨店の商品券もサービスカウンターをはじめインターネットと金券ショップでの購入もできます。加盟グループであれば家電量販店であろうとスーパーであろうと商品が交換もできるのに対し、該当百貨店内だけでの使用になってしまうため、ギフトカードのほうが使い勝手が良いので嬉ばれています。

特に目上のひとには現金に近いギフトカードをおくると「ギフトカードを使って生活の足しにしてください」という意味合いに捉えられるため、一般的には目上の人へのプレゼントとして避けられています。

しかし、実用的でかさばらないという面からも素直に喜ばれるものなので、ギフトカードを贈るかどうかは相手側との関係を考慮したうえで判断したほうが良いといえるでしょう。

クレジットカードで買うとポイント付与 ! でも利用停止になることも

クレジットカードを使ってギフトカードを購入すれば、ポイントが貯まりほしいアイテムに交換できるため、おすすめです。

公共料金の支払いや買い物などを統一してコツコツとポイントを貯めていれば1年後には相当なポイントが貯まります。

ただポイントが貯まる優れたクレジットカードでもギフトカードを購入する際には注意が必要です。

日本クレジット協会のホームページによると、クレジットカードは利用規約で「換金目的による商品の購入を禁止」しています。
違法行為は主に「キャッシュバック型」と「商品買取型」になります。

キャッシュバック型

例えば友人Aに10万円の商品購入を頼まれあなたは友人Bに10万円を借りました。
ところが友人Aは9万円しか返してくれず、あなたは友人Bへの返却のために1万円自分の財布から出す手法です。

商品買取り型

こちらは友人Aの出している10万円の商品をあなたがクレジットカードで購入して、友人に9万円で転売し差額の現金を手に入れる方法です。
商品買取型は大昔からある手法で、主に質屋で知られていますから、合法なのではという見方とクレジットカードを現金化にする目的があることから警視庁では違法行為である、という見方があります。

これらは極端な例えですが、「現金を振り込むまでは有権者はカード会社」にあり、「商品購入で前貸ししたお金の利用目的がお金を手に入れること自体だった⇒カード会社のお金を嘘の申告をして勝手に使った」となりますので、詐欺罪や横領罪に問われることもあります。

インターネットや広告などでよくショッピング枠の現金化を謳っているところも見かけます。

しかし、現金化は違法ですので“うまい話には裏がある”と近づかないに越したことはありません。

ポイント目的でギフトカードを頻繁に購入しているとクレジットカード会社から使用目的の確認の電話が入ります。

切手や印紙などの金券と同様にギフトカード=現金と世間では認識されています。
つまり頻繁にギフトカードを購入していると、換金目的で購入しているのではないかと疑われてもおかしくはないのです。

事実、ギフトカードの換金率は94%と非常に高いので、金券ショップに持ち込まれることが多くなっています。
以上の理由から、ギフトカードの購入が換金目的であると判断されれば利用規約を違反で債務が増えクレジットカードの利用停止になります。

もちろん贈答用にクレジットカードで商品券やギフトカードを買うことは違反ではありませんから、本当に贈答目的で購入するのなら、電話で確認があったときは不安に思わずクレジットカード会社に回答しましょう。

くわしくは消費庁や日本クレジットカード協会のホームページをご覧下さい。
<消費庁>
http://www.caa.go.jp/credit/
<日本クレジットカード協会>
http://www.j-credit.or.jp/customer/attention/attention_05.html

ライフカードならJCBギフトカードが買える

例えば、通常のクレジットカードでギフトカードを購入した場合、枚数の制限や利用停止がありますが、ライフカードであればJCBギフトカードを買うことができます。

ライフカードにはJCBギフトカードが買えるサービスがあります。
http://www.lifecard.co.jp/card/service/shopping/giftcard.html

ライフカードでJCBギフトカードを買うと1000円につき0.5ポイント加算されます。
消費税はつきませんが、金利はつきますので、利用翌日から返済日まで日割り計算され加算されていきます。

約一ヶ月の返済がかかるとすれば1.25%、250円の利息が取られることになります。
この時点で1250円かかっているということになりますが、さらに、540円の送料が含まれますので、ギフトカード購入代+利息+送料で1790円になります。

1000円の商品を1枚購入した場合、1790円になるので「ポイント加算」を考えてもデパートなどで現金で買ったほうが安くなり、クレジットカードでのギフトカードの購はそれほどお得とはいえない現実です。

クレジットカードでギフトカードを購入するメリット

ポイント01
利息+送料を考え購入できる。
ポイント02
窓口では購入できないギフトカードを購入できる。

デパートなどのJCBギフトカードを取り扱っている店舗窓口では、基本的にクレジットカードを使ってのギフトカードの購入はできません。

そうなると妊娠中や仕事などの都合でどうしても出かけれないときにインターネットや電話を利用して買い求められると便利です。

こんなシュチュエーションの際に大手クレジット会社なら自社のギフトカードを購入すことができるのです。
まれに他社のギフトカードで買えるギフトカードもありますが、ほとんどのカード会社は自社のギフトカードのみの取り扱いと捉えておきましょう。

ライフカードでのJCBギフトカードの購入は電話でのみで受付ています。

カードの購入方法

ライフカードギフトカードセンター

フリーコール 0120-923-371 (受付時間:10:00〜17:30/土日祝休)
に電話すれば良いだけです。
ギフトカードを申し込んだ後、3営業日以内に書留郵便で送られます。

お祝いごとや弔辞などに合わせて、のし紙やカードケースを封入するサービスもありま。また、ギフトカードの枚数に合わせてケースも合わせて送ってくれる配慮もありますから急なお祝いごとでギフトカードが必要なときに電話で問い合わせしてみると良いでしでしょう。

ギフトカード購入でポイントが貯まるクレジットカード

そこにギフトカード購入で0.5ポイントでも加算されるのはライフカードのみの特典と考えると、使い方次第でかなり有用なサービスになるのではないでしょうか。

※前項でも挙げたようにクレジットカードの現金化は禁止されています。
いくら利用停止されないからといって定期的に大量購入していると、商品券の利用目的を疑われ最悪の場合使えなくなる可能性がありますのでご注意ください。

JCBギフトカードは使用期限のない商品券です。
気持ちよく使うために、絶対に現金化しないように普段から気をつけなければいけませんが、正しく使えば、贈る側が手をわずらわせることなく、受け取る側も気に入った良い品物を選べることができるので、さまざまなシーンで活躍する便利な交流ツールになります。

ライフカードはJCBギフトカードの購入をして、身近な人へプレゼントするのに優れているクレジットカードです。

ギフトカード購入でもポイントが欲しい、お得に購入したいという方は、ライフカードを選びましょう。ライフカードは年会費無料なので、維持費を気にせずに使いたいときに使うことができます。

初年度
年会費
年会費 ETCカード 電子マネー
無料 無料 無料
ポイント
有効期限
海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
5年 - - -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ