外貨キャッシング金利をクレジットカードで節約する方法


海外旅行時の外貨取得の3つの方法

クレジットカードは世界各国で利用できますが、実際に海外でクレジットカードだけで旅行するのは難しいものです。それは、世界最大の利用範囲を誇るVISA、カード売上第2位のMasterCardといった国際ブランドを選んだとしても、乗り物やチップなど現金でなければ支払えないものも多いですし、個人経営の小さな店舗などではクレジットカードに対応していないということもあるので、国やエリアによって状況は違いますが、クレジットカードと現金を上手に使い分けるというのが海外旅行では必要となってきます。

もし現地で急に現金が必要になったとき、あなたはどうしますか。当日にあせることのないように、海外で現地通貨を入手する方法を確認しておきましょう。

海外現地通貨の入手方法例

no.1
銀行で両替
no.2
国際キャッシュカード、デビットカードで現地ATMから引き出す
no.3
クレジットカードで現地ATMからキャッシング

@銀行で両替

日本の銀行で旅行先の通貨に両替してもらうという方法です。預金などですでに利用している銀行で対応しているかは事前に確認しておきましょう。

銀行で両替をする場合のメリット

  • 日本語で両替ができる。
  • 換算レートを確認したうえで両替ができる。

銀行で両替をする場合のデメリット

  • 両替の手続きに手間や時間がかかる。
  • 両替し過ぎれば再度日本円に戻す必要があり、手数料など無駄な損失がある場合も。
  • 海外への現金の持ち込みは制限がある場合も(例:アメリカは1万ドル以上の持ち込みは税関に申告が必要)。
  • 多額の現金は盗難の際などにリスクが大きい。
  • 渡航国によって両替に対応していない可能性がある(例:三菱東京UFJ銀行は19カ国のみ両替対応)。
  • 複数の国に行く予定の場合、それぞれの国の通貨に両替しなければならない。

A、B国際キャッシュカード、デビットカード、クレジットカードで現地ATMから引き出す

海外旅行の際に「現金以外」ということなら、以前ならトラベラーズチェックが主流でした。しかし、最近ではトラベラーズチェックの利用者は少なく、実際に多くの銀行では販売を終了しています。その背景には世界各国のATMの普及ということもあるかもしれません。

国際キャッシュカード、デビットカードは名前こそ異なりますが、基本的には日本で銀行口座に預金し、海外のATMでそれを引き出すというものです。

クレジットカードは日本と同様、ATMから現金をキャッシングするという方法です。

国際キャッシュカード、デビットカード、クレジットカードを利用する場合のメリット

  • 両替という手間がない。現地のATMで自動的に両替された上で現金を引き出せる。
  • 現金を持ち込むわけではないので、持ち込み制限や税関への申告も不問。
  • 必要なときに必要な分だけを引き出せるので、盗難にあっても損失を最小限に抑えることができる。
  • 日本で両替できない国の通貨も現地のATMなら問題なし。
  • デビットカードの場合はクレジットカードのようにショッピングにも利用できる。
  • クレジットカードの場合、預金口座の残高が無くても利用枠内で現金が入手できる。

国際キャッシュカード、デビットカード、クレジットカードを利用する場合のデメリット

  • 海外のATMは日本語の表示ではないので、操作に迷うことも。
  • ローカルなエリアなどでは、「ATMが無い=お金が無い」という状況も。
  • 換算レートが分かりづらい。

海外旅行に行く場合の外貨の入手方法として、基本的に「両替」、「現地のATMで引き出す」という2種類の方法に分かれます。利便性という意味ではカードの方がメリットが多いといえますが、一概にどちらが良いとも言い切れません。それは旅行の場所や状況、人それぞれの考え方などによる部分もあるからです。それぞれの特性を踏まえて上手に使い分けるということが重要になるでしょう。

外貨取得をする場合はどの方法がお得 ?

外貨の取得は両替やATMでキャッシングなどさまざまな方法があり、それぞれにメリットやデメリットがありますが、そういった利便性よりも、手数料などの出費の部分を重視する方も多いのではないでしょうか。

銀行やカード会社を利用して外貨を取得する場合、必ず手数料などが発生しますが、方法によって金額の負担は異なります。

そこで、どの方法がもっともお得かを知るために、実際に特定の銀行やカードなどを比較して調査をしてみました。換算レートやサービス内容などは変更する可能性があるので参考程度にとどめてください。(※2015年4月上旬の特定の日の換算で比較をしています。)

  外貨取得
方法
今回の比較対象 換算レート TTMレート
を基準
ATM
出金
手数料
維持費
@ 銀行で両替 三菱東京UFJ銀行 TTMレート+3% TTMレート+3% - -
A デビットカード 楽天銀行
デビットカード
VISAのレート+3% TTMレート+3.7% 無料 年会費
1,029円
(税込)
B 国際
キャッシュ
カード
シティバンク
バンキングカード
シティバンクの
レート+3%
TTMレート+3.9% 216円
(税込)
手数料
月額2,160円
(税込)
C クレジット
カード
オリコカード
ザポイント
VISAのレート+1.63% TTMレート+2.33% 無料 無料
MasterCardの
レート+1.63%
TTMレート+2.03% 無料 無料

※TTMレートとは、銀行などが外貨を売買する際の基準とする額で、手数料の無い状態のものです。今回はYahoo!ファイナンスの外国為替市場の米ドルレートを基準にしました。

@三菱東京UFJ銀行

国内の銀行で両替をするというケースです。通常、「手数料」という名目での請求はなく、実際は両替レートの中に手数料が含まれています。

調査の日のTTMレートが1USD:118.96円に対し、三菱東京UFJ銀行は1USD:122.51円としており、実質的に約3%が上乗せされているということになります。今回は三菱東京UFJ銀行を例に上げましたが、大手銀行ではおおむね3%前後が両替の際に加算されます。

A楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードはVISAとの提携カードになります。VISAのレート+3%で換算されますが、VISAのレート自体がTTMレートにいくらか乗せられている可能性があります。

VISAのホームページに行くとVISAのレートを確認することができますが、この日はTTMレートが1USD:118.96円に対し、VISAのレートは1USD:119.79円。約0.7%上乗せされています。つまり、実質3.7%が手数料ということになります。

また、利用にかかわらず、年会費として1,029円かかります。

Bシティバンクバンキングカード

シティバンクバンキングカードはシティバンクが独自に設定した換算レート+3%です。TTMレートが1USD:118.96円の時に、シティバンクのレートが1USD:120.10円でした。TTMレートに約0.9%上乗せされています。つまり、実質3.9%が手数料ということになります。

また、シティバンクバンキングカードを使うためには口座維持手数料が月額2,160円が必要となります。年間では25,920円と、クレジットカードならかなりハイクラスなカードが持てるような金額です。前月の残高50万円以上など条件次第で維持費は無料になりますが、場合によってはカードを所有しているだけで大きな負担になります。

Cオリコカードザポイント

今回はポイントの貯まりやすさで定評のあるオリコカードザポイントをクレジットカードの対象としました。 オリコカードザポイントはVISAとMasterCardの2種から選べるようになっており、両者はそれぞれ独自の換算レートをもっています。それらプラス1.63%の手数料としています。

VISAとMasterCardのレートを確認してみましょう。

  • VISAの場合:TTMレートが1USD:118.96円に対し、VISAのレートは1USD:119.79円。約0.7%上乗せされています。1.63+0.7=2.33。実質2.33%が手数料ということになります。
  • MasterCardの場合:TTMレートが1USD:118.96円に対し、MasterCardのレートは1USD:119.44円。約0.4%上乗せされています。1.63+0.4=2.03。つまり、実質2.03%が手数料ということになります。

手数料という意味ではクレジットカードがもっとも安く、その次に銀行→デビットカード、国際キャッシュカードの順になります。銀行やカードの種類、為替レートなどにもよるので一概に断定はできませんが、おおむねこの順番になるでしょう。 つまり、上記のデビットカード、国際キャッシュカードは手数料が高めのうえ、年会費等の追加の料金がさらに発生するということになり、料金的にはお得とは言い難い方法になります。

クレジットカードは海外のATMでも手軽にキャッシングができるなど、利便性でのメリットも多いですが、料金的にもお得ということまでは知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

オリコカードザポイントが海外利用で強い理由

外貨取得に、クレジットカードではオリコカードザポイントを比較の対象としましたが、オリコカードザポイントが外貨取得はもちろん、海外利用でおすすめできる点はいくつかあります。

■世界2強ブランドのVISAとMasterCardから選べる
■海外でのショッピングでも高還元率のポイントを獲得できる
■年会費が無料

VISAかMasterCardのいずれかがあれば、海外でも対応しているATMを探すのに苦労はしないでしょう。また、クレジットカードは外貨取得の際の手数料がもっとも安価な手段になりますが、年会費が無料のクレジットカードであればよりお得になります。

オリコカードザポイントは100円の利用で1%の還元率と、年会費の無料のクレジットカードの中ではトップクラスの水準です。例えば、実際に日本では小額な買い物にいちいちクレジットカードを使いにくいかもしれませんが、カード大国のアメリカなど国によってはファストフード店でハンバーガー1個買うのにクレジットカードを利用しても嫌な顔ひとつされません。日本国内にいる時よりもポイントをガンガン貯めるチャンスともいえます。

オリコカードザポイントの海外で利用できる場所

世界中の下記マークのあるATMで利用できます。

オリコカード・MasterCardの場合 オリコカード・Visaの場合
MasterCard Cirrus Visa PLUS

オリコカードザポイント返済時の注意点

オリコカードザポイントで海外キャッシングを利用した場合、返済方法はリボルビング払いのみになります。外貨取得時の手数料が安いクレジットカードですが、返済が長期的になれば利息の負担が大きくなってしまいます。

基本的にリボルビング払いはオリコのほうで返済額が設定されますが、オリコカードセンターへ連絡すれば返済額の増額やボーナス併用も可能。月々の返済額をなるべく多めにし、早めに完済することが利息の負担を軽くするコツです。

海外旅行前・旅行後の利用でもオリコカードザポイントはお得 !

例えば、国際キャッシュカードなどは旅行からか帰ってくればほとんど利用する機会が無いかもしれません。解約でもしない限り、口座維持費などがかかってしまうので、むしろ負担になるという可能性もあります。

その点、オリコカードザポイントは年会費無料でポイントが貯まりやすく、日本国内でも利用者の多いクレジットカードです。長期的な普段利用ということでもメリットの多いクレジットカードといえます。

おススメ01
通常の利用でポイント還元率1%
国内海外にかかわらず、ショッピングなどの利用でポイントを大量に獲得できます。
おススメ02
オリコモール経由でプラス0.5%を獲得
普段利用しているネットショップをオリコ会員専用サイト「オリコモール」を経由して利用すれば、0.5%〜最大15%ポイントが加算されます。
おススメ03
オリコカードザポイントでオリコモールを利用すればプラス0.5%を獲得
オリコカードザポイントに限り、Bに加えさらに0.5%が加算されます。オリコカードザポイントが他のオリコのクレジットカードより優遇されており、お得といえる点です。
おススメ04
入会後半年間はポイント還元率が2%(上限5,000ポイント)
半年間とはいえ、年会費無料のカードで還元率2%はかなりお得といえます。

オリコモールを経由することで通常よりも高還元率のポイントを獲得できますが、約600店と膨大な数のネットショップが加盟しているので、ショッピング利用の幅が広く、多くの方にとって利用しやすいというのが特長です。

もし、海外旅行を前提とするならおすすめの利用方法があります。

オリコモールのネットショップの中には旅行会社も多く含まれています。国内の会社であればJTBやANAスカイウェブ、楽天トラベルなど大手の旅行会社が利用できますし、エクスペディアといったマイクロソフトが運営する世界最大級の旅行会社も利用できます。

JTB Agoda.com DeNAトラベル IHG・ANA・
ホテルズ
グループジャパン
ANA SKY WEB TOUR
JTB
Agoda.com DeNAトラベル IHG・ANA・ホテルズグループジャパン ANA SKY WEB TOUR
ポイント2.5% ポイント2.5% 今だけポイント3% 今だけポイント3% 今だけポイント1%
アップルワールド.com ホテルズ
ドットコム
楽天トラベル エクスペディア  
アップルワールド.com
ホテルズドットコム 楽天トラベル エクスペディア  
ポイント2.5% 今だけポイント3.5% 今だけポイント2% 今だけポイント3.5%  

例えば、エクスペディアは通常で2.5%の還元率です。通常1%+オリコモールでオリコカードザポイント利用0.5%+オリコモール経由のエクスペディア利用2.5%=合計4%という驚きの還元率になります。

これに入会後半年間の追加ポイントやキャンペーンの期間限定の「今だけ」ポイントを合わせればさらに高い還元率を実現できます。

ツアーやホテルの予約など、旅行の準備段階からオリコカードザポイントを利用すれば、さらにお得になるというわけです。

貯まったポイントは1,000オリコポイント=ANAマイレージクラブ600マイルまたはJALマイレージバンク500マイルなど、航空会社のマイレージプログラムにも移行が可能。今回の旅行で貯めたポイントを次の旅行に最大限に活かすこともできます。

ポイント移行(一例)
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ ANAマイレージクラブ
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ JALマイレージバンク

お得に外貨を取得したいとうことでクレジットカードを検討しているのであれば、国内の普段の利用から海外旅行まで幅広くポイントを活用できるオリコカードザポイントならさらにメリットは大きくなるのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ