楽天ETCカード年会費500円(税抜)を無料にするワザ

楽天スーパーポイントを貯められる「楽天ETCカード」とは

楽天ETCカード料金所をスルーパスできるのはもちろん、割引制度やマイレージサービスなど料金面でも何かとお得なETCカード。高速道路を運転する機会のある方なら、ぜひ持っておきたいカードです。

ETCカードには、高速道路各社が発行する「ETCパーソナルカード」と、クレジットカード会社が発行する付帯カード「ETCカード」の2種類があります。いずれも曜日や時間帯による道路料金の割引を受けられますが、特にクレジットカードの付帯カードでは、ETC利用によってもクレジットカードのポイントを貯められますので、大変お得です。

中でも楽天が発行する「楽天ETCカード」は、楽天カードと同様、楽天スーパーポイントを貯められることで人気を集めています。楽天カードでは、100円のショッピング利用につき1楽天スーパーポイントが付与されますが、楽天ETCカードでも同じく、100円の通行料金につき1ポイントを貯めることができます。首都高など少額な通行料金でも確実にポイントを貯められる点が大きなメリットです。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天サイトでの買い物に利用することができますので、楽天利用の多い方には便利なETCカードです。

楽天ETCカードは、楽天カードを持っている方だけが申し込むことができます。まだ楽天カードを持っていない方は、楽天カードを申し込む際に、合わせてETCカードにも申し込むようにしましょう。既に楽天カードを持っている方は、インターネット上の「楽天e-NAVI」にある「各種お申し込み」の項目から、ETCカードの申し込み手続きが可能です。

楽天ETCカードの年会費を無料にするには

高速道路の通行によって、楽天スーパーポイントを貯められる楽天ETCカードですが、申し込むと500円(税込で540円)の年会費がかかります。年会費をなるべくかけたくない方にとっては、デメリットになる部分かもしれません。

ただし以下の場合は、楽天ETCカードの年会費が無料になります

no.1
楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード・楽天ブラックカードを持っている場合
手持ちの楽天カードが上記の3種類の場合、それに付帯するETCカードの年会費は無料
no.2
「楽天PointClub」の会員ランクが「ダイヤモンド」・「プラチナ」の場合
楽天ETCカードを申し込んだ時点での「楽天PointClub」の会員ランクが、ダイヤモンドもしくはプラチナの場合も、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

いずれも、国内外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」が付いていたり、国内・海外旅行の障害保険の額が高かったりと、通常の楽天カードと比べると付帯サービスが充実しています。

ただしその分、いずれのカードも年会費がかかってきます。通常の楽天カードの年会費は無料ですが、楽天プレミアムカードでは10,800円、楽天ビジネスカードでは2,160円、楽天ブラックカードでは 32,400円もの年会費が発生します。

またランクの高いクレジットカードは、それだけ収入や年齢などの審査基準も厳しくなりますので、まだ利用実績の少ない方は審査に通りにくくなります。特に、楽天カードの中でも最上位のランクである楽天ブラックカードは、招待された会員のみが入会することが可能です。

楽天PointClubとは、楽天市場の会員向けのサービスです。楽天スーパーポイントの獲得回数と、獲得したポイント数に応じて、「レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンド」の5つの会員ランクが設けられています。それぞれのランクによって、誕生日のボーナスポイントの付与や、楽天市場の優待セールへのご案内など、さまざまな特典を受けることができます。

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンドもしくはプラチナの方は、楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。ただし楽天PointClubの会員ランクは、楽天スーパーポイントの獲得実績によって毎月更新されますので、次年度以降も年会費が無料になるとは限りません。楽天ETCカードの年会費が請求される月(楽天ETCカードに申し込んだ月の翌月)の会員ランクによって、年会費が無料になるかどうかが決まります。引き続きダイヤモンドもしくはプラチナ会員であれば次年度の年会費も無料、ゴールド以下であれば540円の年会費が発生するという仕組みです。

このように、楽天ETCカードの年会費が無料になるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。いずれにも当てはまらないという方は、年会費のかからない他のクレジットカードでETCカードを申し込むのがおすすめです。

年会費無料のETCカード〜VIASOカード

VIASOカードのETCカードも、年会費は永年無料となっています。

VIASOカードの特徴

VIASOカードは、クレジットカード本体、ETCカードいずれも年会費が無料です。
プロバイダ料金やETC利用によって「ポイントが2倍になるサービス」でポイントを貯めることができます。


VIASOポイントは、通常1,000円につき5ポイントが付与されますが、専用のショッピングモール「VIASOeショップ」でお買物をするとポイント還元率10.5%以上を獲得できます。

さらにVIASOカードでは、1ポイント=1円としてのオートキャッシュバックサービスがあります。
たとえばVIASOカードを年間50万円利用すると、5,000円が自動的に口座に振り込まれるのキャッシュバックサービスがあります。


つまりVIASOカードやETCカードを使えば使うほど、効率的にポイントを貯められるシステムです。

年会費 無料
ETCカード年会費 無料
還元率 0.5%

貯まったVIASOポイントは、家電やグルメなどのカタログ商品のほか、携帯電話のポイントや飛行機のマイル、楽天スーパーポイントなどへの交換もできます。
普段からクレジットカードを利用する機会の多い方には、おすすめの一枚です。


ETCカードの年会費をかけずに、効率よくポイントを貯めたい方は、アメリカンエキスプレスカードVIASOカードに申し込みの上、ETCカードを作ることをおすすめします。

年会費無料のETCカード〜アメリカンエキスプレスカード

クレジットカードの種類や利用実績などに関わりなく、ETCカードの年会費が無料になっているカードもあります。その一つが、アメックスの発行する「アメリカンエキスプレスカード」です。

アメリカンエキスプレスカードは、ステータスの高いクレジットカードとして人気を誇る一枚です。


もちろんETCカードの利用によってもポイントが付与されますので、高速道路をよく利用する方は非常に効率よくポイントを貯めることができます。


アメリカンエキスプレスカードの特徴

アメリカンエキスプレスカードを利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。ポイントは専用モール内で1度利用すれば、ポイント有効期限が無期限になります。

年会費 初年度無料
ETCカード年会費 無料
還元率 1.0%


貯めたアメリカンエキスプレスカードポイントは、500ポイントからさまざまな商品に交換することが可能です。よくあるカタログ商品ではなく、飛行機のマイル、Amazonや楽天のポイントなど、誰もが有効に活用できる商品が多い点がアメックスの特長となっています。



アメリカンエキスプレスカードでは、クレジットカードもETCカードも初年度年会費は一切かかりません。100円ごとにポイントが付与されるため、首都高など短距離のETC利用でもお得にポイントを貯めることができますので、特にポイントを重視する方にはおすすめです。

カードの使いやすさを総合的に判断

アメックス・VIASOカード・楽天カードどれも魅力的なカードですが、クレジットカードはETC機能だけ使うわけではないので、ETCカード以外の点も含めて比較した時にメリットあるカードはどれなのか判断する必要があります。

 
年会費 12,000 + (税) ※初年度無料
ETCカード無料
無料
ETCカード無料
無料
ETCカードは年会費540円
申し込み資格 1.年齢が20才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方
18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方※未成年の方は親権者の同意が必要となります。 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
付帯サービス 旅行傷害保険が家族も対象。
海外・国内旅行傷害保険/最高5,000万円
ショッピング保険/最高500万円
救援者費用/最高200万円
メンバーシップ・リワード
空港ラウンジ無料(同伴者1名まで無料)
海外旅行傷害保険/最高2,000万円
ショッピング保険/最高100万円
ETC[・携帯・ネットプロバイダ料金の支払いでポイント2倍
海外旅行傷害保険/最高2,000万円
ネット不正あんしん制度
商品未着あんしん制度
ポイントプログラム 100円=1ポイント
対象提携店でポイントが最大10倍
1,000円=5ポイント
還元率0.5%
VIASOeショップ経由の買い物でポイント倍増
100円=1ポイント
ポイント加盟店での利用で100円=3ポイント
楽天市場での使用で100円=4ポイント
ステータス性 ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆

アメックス・VIASOカード・楽天カードの3枚を比較するとサービスの手厚さなら圧倒的にアメックスが抜きんでており、VIASOと楽天は同程度のサービス内容ということがわかります。

申し込み資格についてはアメックスが少し厳しく見えてしまいますがアメックスの審査は厳しいものではなく、アルバイト・パートではなく安定した収入を得ている方ならば問題なく審査を通過することができます。

使い勝手・ステータス性ならアメックス!

VIASOカードと楽天カードは特定の利用シーンであればポイントをかなり効率的に貯めることができますが、どうしても限定的になってしまうため「クレジットカードを作ったけどあまり活用できていない」という方も多くいます。

その点アメックスのポイントプログラムはシンプルかつ還元率も悪くなく、ショッピングやマイルへの交換など様々な活用方法が選択できますので、貯めたポイントの使い道がわからないということにはなりません。

また、アメックスは全世界で認めれているカードなのでステータス性においてもVIASOカード・楽天カードを大きく引き離しており、所有するだけでも価値のあるクレジットカードと言えます。

アメックスのグリーンカードは他のクレジットカードのゴールド相当のサービス・ステータス性があり、グリーンカードを使い続けることでアメックスからゴールドカードへの招待が来る可能性もあります。

長く使い続けることで確実に多くのメリットを享受できるアメックスはぜひとも所有しておきたいクレジットカードの一枚です。

迷ったら
コレ!

アメリカン・エキスプレス・カードステータスの高さで選ばれているカード。

入会で初年度年会費が無料となり、さらに使い方によってはポイント有効期限が実質無期限

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 12000円 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1~3% 5000万円 5000万円 MasterCard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ