MUFGプラチナカード審査の特徴と事前準備


いつかは手に入れたい!ステータス性の高い「プラチナカード」

プラチナカードとは、ゴールドカードよりワンランク上に位置する、最上級のクレジットカードです。1984年に登場した「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を皮切りに、「三井住友VISAプラチナカード」や「JCBザ・クラス」など、各クレジットカード会社がそれぞれプラチナカードを発行しています。

プラチナカードには、主に以下のようなメリットがあります。

no.1
付帯サービスが充実している!
プラチナカードでは、国内や海外の旅行保険や、ショッピング保険の補償額が、ゴールドカードよりも高く設定されています。クレジットカード会社にもよりますが、海外旅行保険であれば多くのプラチナカードが最高1億円、国内旅行保険でも5,000万円〜1億円の補償額を設定していることが一般的です。

他にも、国内外の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」や、提携レストランで優待を受けられるグルメサービスなど、さまざまな特典が自動付帯されています。

no.2
コンシェルジュサービスがある!
プラチナカードのサービスの中でも人気が高いのが、24時間利用可能のコンシェルジュサービスです。プラチナカード会員だけが利用できるコンシェルジュデスクに電話すれば、いつでも航空券やホテル、コンサートチケット、ゴルフ場などの予約をすることができます。まるで秘書を使っているようなセレブ感を味わうことができるサービスです。

no.3
プラチナカード会員だけの特典がもらえる!
年に一度、カタログギフトや商品券などのプレゼントがもらえるプラチナカードもあります。最上級のクレジットカードだけあって、上質なギフトが多く見られます。

no.4
ステータス性が高い!
プラチナカードは審査基準が厳しいため、持っているだけで社会的な信用度が高く、ステータスシンボルとしても使えます。特に海外では、身分を証明するためにも大変役立つ一枚になるはずです。

プラチナカードには上記のようなメリットがありますが、当然ながら「誰でも持てる」というわけではありません。審査基準が厳しいのはもちろん、そもそも自ら申し込むことができないカードが多いため注意が必要です。また年会費の高さも群を抜いています。

no.5
プラチナカードは「インビテーション(招待)制」が多い!
多くのプラチナカードは、ゴールドカード会員など、ある程度の実績がある方に招待状を送る方式を取っています。新規申し込みが一切できないわけではありませんが、その場合は審査基準がより厳しくなるため、よほど年収に自信のある方でないとパスするのは難しいかもしれません。一般的にプラチナカードを持つためには、まずゴールドカードを取得し、コツコツと使って利用実績を積み重ねながら招待を待つ、という方法が王道です。

no.6
プラチナカードは年会費が高い!
充実した付帯サービスを受けられる分、プラチナカードは年会費が高く設定されています。多くが30,000円以上で、たとえば「JCBザ・クラス」や「三井住友VISAプラチナカード」などでは50,000円に設定されています。特にハイスペックな「ダイナースクラブプレミアムカード」や「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」では、130,000円もの年会費がかかります。

リーズナブルかつ充実したサービスが魅力の「MUFGプラチナカード」

敷居の高いプラチナカードですが、その中でも「新規申し込みが可能」で「年会費がリーズナブル」なカードとして、三菱UFJニコスが発行する「MUFGプラチナカード」があります。

MUFGプラチナカードの年会費は20,000円(税抜)ですので、プラチナカードの中ではかなり低めに設定されているほうです。かといってサービスが簡素なわけではなく、プラチナカードならではの特典を存分に受けることができます。以下はMUFGプラチナカードの主な特典です。

MUFGプラチナカードの付帯サービス

プラチナ・コンシェルジュサービス

レストランやコンサートチケットの手配、海外旅行先での急なトラブルのサポートなど、365日24時間体制で対応してくれる専用のコンシェルジュサービスを利用できます。

プライオリティ・パス

世界700ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる、プライオリティ・パスが付帯されています。海外のラウンジを利用する場合は、別途申し込みが必要です(無料)。

手荷物空港宅配サービス

海外旅行の際、出発・帰国の際にスーツケース1個を無料で配送してもらえるサービスです。

加盟店での優待サービス

国内外のホテルやレストラン、ショップなどで、プラチナ会員限定の特典や優待を受けることができます。

充実の付帯保険

海外旅行では最高1億円、国内旅行では最高5,000万円までの障害保険が付いています。また、MUFGプラチナカードで買い物した商品が破損や盗難に遭った場合のショッピング保険は、最高300万円まで、さらに犯罪に巻き込まれた場合の犯罪被害障害保険も最高1,000万円まで補償されるなど、付帯保険が充実しています。

MUFGプラチナカードには、もちろんポイントシステムもありますので、カード利用によってポイントを貯めることが可能です。

MUFGプラチナカードのポイントシステム

・1,000円のカード利用につき、グローバルポイントが1ポイント付与されます。
・新規入会後、最初の1年間はポイントが1.5倍になるためお得です。
・海外の加盟店でのショッピング利用では、常時2倍のポイントを獲得できます。
・自分で設定できる「記念月」には、アニバーサリーポイントとして2倍のポイントを獲得できます。
・長期的に継続してクレジットカードを利用している方には、年に1度のボーナスポイントもあります。

貯まったグローバルポイントは、カタログ商品や商品券などへの交換のほか、Tポイントや楽天スーパーポイント、JALマイルなどへの移行も可能です。

MUFGプラチナカードに申し込むためには

年会費がリーズナブルな上に、充実した付帯サービスを受けられるMUFGプラチナカード。多くのプラチナカードが招待制となっている中、MUFGプラチナカードでは新規申し込みができる点も特長です。

MUFGプラチナカードへの新規申し込みは、オンラインのフォームに必要事項を入力して送信するだけで簡単にでき、その後審査を待ち、パスすれば最短3営業日でクレジットカードが発行されます。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行に口座を持っている方は、口座振替の手続きをオンラインで済ませられるため、手間が少なく済みます。それ以外の銀行口座での振替を希望する場合、郵送で「振替依頼書」が届いてから、記入・捺印して返送します。

審査が終了したら、その旨を通知するメールが届きますので、審査結果照会画面にアクセスして照会番号と生年月日を入力し、結果を確認します。

このようにMUFGプラチナカードは、自ら気軽に申し込むことができますので、「他のプラチナカードの招待がなかなか来ない」「早くプラチナカードを持ってみたい!」という方にもおすすめです。

MUFGプラチナカードの審査対策

気になるMUFGプラチナカードの審査基準ですが、公式に発表されている申し込み資格としては「原則として20歳以上で、本人に安定した収入がある方(学生を除く)」と規定されています。

多くのプラチナカードでは30歳以上を対象としていますので、20代の方でも審査に通りやすい点がMUFGプラチナカードの特長です。

収入については公式に規定されていませんが、正社員で安定した年収のある方なら、審査に通る可能性があります。もちろん勤続年数などの情報も考慮されます。

MUFGプラチナカードの審査は、プラチナカードの中では比較的ゆるめではありますが、できるだけ確実にパスするためには通常のMUFGカードもしくはMUFGゴールドカードなどで、ある程度実績を重ねてから申し込むのがおすすめです。普段の買い物に利用するほか、携帯電話や公共料金などの支払いにも利用すれば、1年ほどでスムーズに実績をつけることができます。

もちろんその間、延滞や不払いなどは絶対にしないことが大切です。またよほど大きな買い物でない限り、リボや分割払いはなるべく避けて一括で支払ったほうが、信用度が上がりやすくなります。

MUFGプラチナカードは、「なるべく年会費をかけずにプラチナカードを持ちたい」「20代からプラチナカードがほしい」という方には、特におすすめの一枚です。

年収にそれほど自信のない方や、20代前半など年齢が若い方は特に、審査に通る確率を上げるためにもまずはMUFGカードやMUFGゴールドカードで実績をつけてから申し込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ