Rポイントカードをコンビニ利用で4倍お得にする方法


Rポイントカードとは?

Rポイントカードとは、楽天の発行するポイントカードで、Tポイントカード・Pontaカードに次ぐ第三勢力と言われています。Rポイント加盟店で買い物をする事によって、楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカード機能付きのカードなので、クレジットカードに不安のある方や、クレジット機能が嫌いな方、リアル店でただポイントを欲しい方に選ばれています。

Rポイントカードには、Rポイントカードと電子マネーの楽天Edyの機能の付いたEdy−Rカードの二種類が展開されています。Rポイントカードは現金で支払った額に対して、楽天スーパーポイントが貯められる・使えるカードであるのに対して、Edy−Rカードは電子マネーのEdyにチャージして支払う事が出来、Rポイントカードと同じように楽天スーパーポイントが貯められる・使えるカードです。

Rポイントカードは全国の加盟店の他、ポプラ・出光・ミスタードーナツではオリジナルデザインのRカードを手に入れる事が可能で、発行手数料や年会費は無料です。楽天IDを作成してRカードとリンクさせることによって、実際の店舗でもネットショッピングでもポイントを貯めて、貯めたポイントは1ポイント=1円として加盟店や楽天グループで利用する事ができます。また、1つの楽天IDに対して最大3枚までRカードを登録が出来るため、家族それぞれがRポイントカードでポイントを貯めて、一緒に利用するというお得な使い方もあります。

楽天スーパーポイントは通常ポイントと期間限定ポイントに分かれており、通常ポイントはお買い物時にお買い物額に応じて付与されるポイントですが、期間限定ポイントは、キャンペーンなどで付与されたポイントの事で、有効期限が付与から2週間以内など個別に決まっています。Rポイントカードではこの期間限定ポイントを実際の店舗で利用する事も出来るため、有効期限が迫っているからとネットで無駄なお買い物をする必要も無く、期限が切れてポイントをダメにする事もありません。つまりRカードを持っていると加盟店のコンビニエンスストアや飲食店でポイントを利用する事で、数十円・数百円ぶんのポイントも余すことなく利用する事が出来るのです。

ポイントの付与については、楽天市場を利用すると100円のお買い物につき1ポイントが付与されます。実際の店舗ではポイント付与率が一律ではありませんが、100円で1ポイントの店舗が大多数を占め、例をあげるとポプラ・生活彩家では税抜き100円のお買い物につき1ポイント、出光ではガソリン1リットルにつき1ポイント、引っ越しの日通では税抜き100円の支払いにつき2ポイントが付与されます。

Rポイントカードの大きな特徴は、全額ポイント払いにした場合にもポイントが貯まることです。ポイントの利用時にはポイントが獲得できない場合が多い中で、1,000円のお買い物をしてポイントで1,000円分支払ったとしても、通常通り1,000円のお買い物をした際のポイントが還元されるため、お得感が増します。

お得なキャンペーンを利用する

Rポイントカードを発行している加盟店のキャンペーン一覧(2015年6月現在)になります。

ポプラ・生活彩家

・夜得キャンペーン
 東京・広島エリア限定で19:00から24:00に対象商品を購入すると楽天スーパーポイントが2倍貯まる
・ホットスナックキャンペーン
 ホットスナックを購入で楽天スーパーポイントが5倍貯まる
・対象商品キャンペーン
 対象商品を購入する事で、通常のお買い物ポイントに合わせて10〜300ポイントが付与される

サークルKサンクス

・お試しクーポンキャンペーン
+KというサークルKサンクスのサイト会員になる事で、楽天スーパーポイントを利用して現金よりもお得に商品を購入できる
・毎週火曜日は楽天スーパーポイント2倍
・+Kに登録する事で楽天スーパーポイントの還元率がアップ

出光サービスステーション

・プリカでポイント付与キャンペーン
出光のプリペイドカードを利用して給油した場合でも、楽天スーパーポイントが付与される

ミスタードーナツ

・抽選キャンペーン
 抽選で1万人に楽天スーパーポイント200ポイントが当たる

SOLATO太陽石油

・100万ポイント山分けキャンペーン
期間中に給油やカーケア用品、オイル交換などを楽天ポイントカード提示で購入すると、購入者全員で100万ポイントを山分けしてポイントを付与される

楽天チェック

スマートフォンのアプリで獲得できるポイントシステムの事で、お買い物をしなくても楽天の提携店に行くだけでポイントが付与されます。

まずは加盟店の一か所で楽天Rポイントカードを発行して貰い、ポイントカードと一緒に手渡される冊子に書いてある手順に沿って登録をしていきます。 インターネットに接続し、Rポイントカードサイト(http://point.rakuten.co.jp/rpointcard/)のトップページにある「Rポイントの利用登録」に進み、貰ったポイントカードの裏面に書いてある16桁の番号と、7桁のセキュリティコードを入力して登録します。

アプリでカード利用もできる

カードを持ちたくないという方にお勧めなのが、AndroidまたはiPhoneアプリでカード機能を利用できるシステムもあります。これはアプリでバーコードを表示する事で、Rポイントカードと同じように加盟店でお買い物をしてポイントを貯める事が出来る仕組みですが、まだアプリに対応していない店舗も多いため注意が必要です。

現在バーコードアプリに対応している店舗

・サークルKサンクス
・ポプラ・生活彩家
・ミスタードーナツ
・パレットプラザ・55ステーション
・カフェ&バー PRONTO
・ミュゼプラチナム
・引っ越しは日通
・釧路ポイントカード事業協同組合
・玉光堂
・葬儀会館ティア

クレジットカード支払いとの比較

Rポイントカードを提示して更にお得にお買い物をする方法として、クレジットカード支払いがあります。Rポイントカードを提示して、加盟店でポイントを付与されるだけではなく、クレジットカードで支払いをすることによってクレジットカード利用ポイントを得る事も出来るのです。

ここでは高還元率を誇る楽天カードとリクルートカードを利用した場合に、どれくらいポイント率が変わるのかを確認してみましょう。

Rポイントカードを提示して楽天カードで1,000円分のお買い物をした場合
・Rポイントカードを提示する
 →楽天スーパーポイントを10ポイント獲得
(100円につき1ポイント付与される場合)
・楽天カードで支払う
 →楽天スーパーポイントを10ポイント獲得
 (100円につき1ポイント付与されるため)
⇒合計 楽天スーパーポイントを20ポイント獲得

Rポイントカードを提示してリクルートカードで1,000円分のお買い物をした場合
・Rポイントカードを提示する
 →楽天スーパーポイントを10ポイント獲得
(100円につき1ポイント付与される場合)
・リクルートカードで支払う
 →リクルートポイントを12ポイント獲得
 (100円につき1.2ポイント付与されるため)
⇒合計 楽天スーパーポイントを10ポイント、リクルートポイントを12ポイント獲得

単純計算ではリクルートカードの利用をした方がリクルートポイント2ポイントほど多くもらえる事になり、ポイント面ではリクルートカードに軍配が上がりますが、利用用途についてはどうでしょうか。

楽天カード
楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、RaCoupon,楽天ビューティーなど、楽天グループの多種多様なサービスの中から1ポイント=1円で利用が出来ます。他にもANAで楽天スーパーポイント2ポイント=1マイルに交換・みずほマイレージクラブの永久不滅ポイントに楽天スーパーポイント200ポイント=1000ポイントに交換する事も可能です。

リクルートカード
じゃらん、HOTPEPPER、HOTPEPPER Beauty、ポンパレといった旅行や飲食、美容といった提携先での利用に限られます。また、1ポイント=1円として大丸の商品券やBEAMSの商品券に交換する事も出来ます。

美容代や衣服代を使う事が多い場合や、食事会の予定の入る機会の多い場合にはリクルートポイントを貯めて使う方が良いですし、欲しいものや必要なものが定まっていなかったり、日用品や食料品を購入する予定の場合は楽天カードを利用した方がより利便性がアップします。貯めたポイントをどのように利用するかによってカードの選択をすると、お得に利用する事が出来ます。

Rポイントカード+クレジットカード支払いで最大4倍!?

最後にクレジットカード(楽天カード)を使って最大のポイントを獲得できる例をあげておきます。

Rポイント加盟店(ポプラとします)でRポイントカードを提示して、楽天カードで1,000円分の支払いをする場合
・お店に入る
 →楽天スーパーポイント10ポイント獲得
(楽天チェックを利用する)

・対象商品を選んで、レジでお会計をする
 →楽天スーパーポイント10ポイント獲得
 (楽天スーパーポイント対象商品は10〜300ポイント付与される)
 →楽天スーパーポイント10ポイント獲得
 (Rポイント加盟店でのお買い物100円につき1ポイント付与される)

・代金1,000円を楽天カードで支払う
 →楽天スーパーポイント10ポイント獲得
合計40ポイント

まずはお店に入って楽天チェックのアプリを起動することで10ポイント獲得します。
次にボーナスポイントを獲得できる対象商品を選んで、Rカードを提示してレジでお会計をすると、対象商品に対するポイントと合わせて、Rポイント加盟店でのお買い物は100円につき1ポイント加算されるため10ポイント+10ポイントで20ポイントを獲得します。ここでは対象商品の最低ポイント付与である10ポイントを例として挙げたので、20ポイント、30ポイント付与される商品を選んだ場合は更にポイントが加算されることになります。 最後に代金を楽天カードで支払うことによって、100円の支払いにつき1ポイントが貰えるので、10ポイントを獲得します。

つまり、「楽天チェック・対象商品・Rカードの提示・楽天カードで支払い」の合わせ技で合計40 ポイントを貰う事が出来ます。Rポイントカードを提示しただけの場合では1,000円のお買い物に対して10ポイントのみの獲得になるため、上記の合わせ技を使うと4倍のポイントを獲得する事が出来るのです。

Rポイントをコンビニで貯めたい方は断然、楽天カードがおすすめです。2枚のカードを組み合わせれば最大で4重取りが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ