ハウステンボスの入場料を割引にする方法

ハウステンボスは九州・長崎県佐世保市に位置する、国内有数のテーマパークの一つです。

ハウステンボスは1992年3月25日にオランダの街並みを再現したテーマパークとして開園しました。一時は経営危機とまで言われていたものの、四季折々の花をテーマにした美しい景観を一目見ようとリゾートに足を運ぶ人が年々増え、昨年2014年度の入場者数は279万人と過去最高の入場者数を記録。 その背景もあり、街中のポスターやCM、その他のメディアでハウステンボスの名前を見聞きしたり、園内の写真や映像を見た事のある人も居るのではないでしょうか。

ハウステンボスでは、季節ごとに様々なイベントや行事を行っています。
春にはチューリップ祭りや薔薇祭り、夏にはあじさい祭りや大ゆり展、そして夜のイルミネーションや花火が上がります。秋にはダリア展やワイン祭り、ハロウィンパーティーが開催され、冬には薔薇やベゴニア展、クリスマスイベントやイルミネーションを楽しむ事が出来ます。四季を通じてさまざまな園内の顔が見れるので、家族・友人・恋人、誰といつ行っても綺麗な花を楽しめ、季節ごとのイベントやアトラクションもあります。

そんな人気のテーマパークであれば、何度だって足を運んでみたいものですが、気になるのは入場料です。ハウステンボスの入場料は大まかには1DAYタイプのチケット、連日利用できるチケット、ハウステンボスオフィシャルホテル宿泊者用チケット、イベント限定チケット、年間パスポートの4種類に分類されています。1DAYチケットと年間パスポートの金額は以下の通りです。

券種

大人

中人

小人

シニア

1DAYパスポート

ハウステンボス入場1日+パスポート対象有料施設1日利用

6,200円

5,200円

3,900円

5,700円

ハウステンボス満喫チケット
(入場のみタイプ)

ハウステンボス入場1日+パークバス・カナルクルーザー・パレス ハウステンボス・ミューズホール利用

4,300円

3,300円

2,000円

4,300円

ハウステンボス 散策チケット
(入場のみタイプ)

ハウステンボス入場1日+パークバス1日乗車券

3,800円

2,800円

1,500円

3,800円

ムーンライト4パスポート
(夕方以降利用パスポート)

16時以降〜閉園までのハウステンボス入場+パスポート対象有料施設16時以降利用

4,700円

3,900円

3,000円

4,200円

光の王国パスポート
(夕方以降利用パスポート)

17時以降〜閉園までのハウステンボス入場+パスポート対象有料施設+パレス ハウステンボス入場

4,200円

3,800円

2,900円

4,200円

ハウステンボスチケット例:年間パスポートタイプ

券種

大人
(18歳以上)

シニア
(65歳以上)

ジュニア
(4〜17歳)

新規料金

19,000

17,000円

13,000円

更新料金

16,000円

14,000円

10,000円

長崎県民新規料金

16,000円

14,000円

11,000円

長崎県民更新料金

13,000円

11,000円

8,000円

ハウステンボスのチケットの割引制度

ハウステンボスのチケットは割高なので、購入する際に割引の制度があってお得に遊べたら良いと思いませんか。

ハウステンボスは国内有数の人気のテーマパークであり、優待や割引券が殆ど手元には来ない状態が続いています。ですが、せっかくなら少しでもお得にチケットを入手したり、割引を受けたりしたいものです。そこでいくつか割引になる制度やキャンペーンを見つけておきましたので、チェックしていきましょう。

■公式の期間限定チケットを購入する
ハウステンボスでは期間限定で割引チケットを発売している事があります。 多くは現地の入場券売り場で購入できるものですが、中には前売りでしか買う事の出来ないチケットもあるため、ハウステンボスへ行く際にはチェックが必要です。前売り券はチケット販売店のチケットぴあやコンビニエンスストアのLAWSON、旅行代理店で購入する事が出来ます。

(例1)ハウステンボス1DAYチケット・ペア前売り券
 ペア券で12,200円
 →通常1DAYパスポートは6,200円なので、200円お得

(例2)九州一花火大会限定 アフター4入場チケット前売り券
 (9月26日限定の4時以降の入場チケット)
 大人3,800円/中人2,800円/小人1,800円
 →通常のアフター4チケットよりも、大人900円、中人1,100円、小人1,200円お得

■JAF優待割引
JAF会員になっていると、最大4人まで1人100円ずつ割引を受ける事が出来ます。

■旅行パック
JRや飛行機を利用して、ハウステンボスオフィシャルホテルに宿泊してハウステンボスを楽しむ方は旅行会社の宿泊パックを利用するとハウステンボスのパスポートのついたプランを購入する事が出来ます。

(例1)HISの旅行パック(羽田空港発1泊2日)
 航空券+ハウステンボスオフィシャルホテル泊+ハウステンボス1DAYパスポート付き
 →38,900円から
旅行の日程によりますが、上手く日にちが合えば飛行機代、ホテル宿泊代、パスポート代をまとめて格安で購入できるため、とてもお得です。ハウステンボスはHIS傘下のため、他社よりも旅費が安く設定出来ています。

(例2)JTBの旅行パック(関西発JR利用1泊2日)
 JRチケット+ハウステンボスのオフィシャルホテル泊
 →38,400円から

■HISの株を保有する/優待券を手に入れる
HIS株を100株以保有すると、ハウステンボスの入場の際に1人につき500円割引になる優待券を貰えます。優待券は1枚につき最大5人が割引対象となるため、最大2,500円の割引を受ける事が出来ます。
HISの株を保有していなくても、優待券はネットオークションや金券ショップで取り扱っている場合もあります。優待券はおよそ1,000円前後で取引されているため、最大人数の5人で行ったとしても、およそ1,500円と、一人当たり300円の割引になります。

■エポスカードを利用する
クレジットカードのエポスカードを利用するとハウステンボスの1DAYチケットが何人でも7%割引されます。また、ハウステンボス内のレストランやお土産の購入にも7%の割引が適用されます。

(例)エポスカードを利用して1DAYパスポートを購入した場合
・大人5,766円/中人4,836円/小人3,627円/シニア5,301円
→大人6,200円/中人5,200円/小人3,900円/シニア5,700円が通常の場合のチケット代金なので、割引額はそれぞれ大人434円/中人364円/小人273円/シニア399円となります。

ハウステンボスの割引があるエポスカードって?

ハウステンボスへ行く場合に、遠方からの旅行の場合は旅行代理店でのパックを購入する方法がお勧めですが、チケットの割引率の最も高いエポスカードでの購入が一番お勧めです。エポスカードとはデパートのマルイグループの株式会社エポスカードの発行しているクレジットカードです。エポスカードのポイント還元率自体は0.5%と一般的ですが、魅力的な特典が多数あります。

・年会費が永年無料で、ゴールドカードにランクアップしても年会費が無料
・VISA加盟店でポイントが貯まるほか、マルイグループの店舗・インターネットショッピングで2倍のポイントを獲得する事が出来る
・エポスカードのポイントサイト「たまるマーケット」を経由してお買い物をすると最大39倍のポイントを獲得する事が出来る
・全国5000店舗以上で優待を受ける事が出来、その内容はレストランや娯楽、観劇チケットや旅行、フィットネスなど多様
・マルイでお買い物をする場合、「マルコとマルオの7日間」というイベントが年4回行われ、期間中は10%割引でお買い物をする事が出来る
・発行手数料500円〜1000円を支払うと、お気に入りのデザインのカードを持つ事が出来る
・海外旅行傷害保険が自動で付帯している(最高500万円)

エポスカードは、マルイでのお買い物の機会が多い方だけでなく、演劇や舞台のチケットを買う機会が多い方にも会員優待価格でチケットを手に入れる事が出来たり、海外旅行で役立つ保険が付いていたり、とてもお得に利用できます。また、何よりもゴールドカードにランクアップしても年会費が無料というのは嬉しい事です。日常使いというよりは、旅行やエンターテイメント場面での強い味方になること間違いなしのカードなので、一枚持っておくと便利です。

年会費 無料
ポイント 1000 円 = 1 ポイント
発行期間 約2週間


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ