会社設立1年目の経営者にお勧めの法人カード

設立1年目でも申し込みできるビジネス用クレジットカード

新規で法人として事業を立ち上げた方にとって、限られた時間や人員でいかに効率よく業務を行っていくかというのが、今後ビジネスを安定させるうえで非常に重要になってくると思います。

例えば、経費精算の処理というのはどんな業種でも必ず必要になってくるものですが、経費の支払いをビジネス用クレジットカードで支払うことによって、さまざまな支払い先や複数の社員の支払いをひとまとめにすることができるので、経理処理の負担をかなり軽減することができます。

法人がビジネス用クレジットカードを利用するメリット

no.1
経費清算処理の負担軽減
no.1
銀行振り込みの振込みの手間や手数料を削減
no.1
利用明細で支払い内容の確認が容易
no.1
海外への支払いも容易
no.1
キャッシュフローの改善

経営者にとってビジネス用クレジットカードはさまざまなメリットがありますが、特に事業を立ち上げたばかりの方にとって慣れない経費精算処理の負担の軽減だけでなく、経費として何に幾らお金を使ったのかということが分かりやすいというのは、収支の計画を立てやすいという意味でもかなり重要ではないでしょうか。

しかし、実際には多くのビジネス用クレジットカードでは、審査基準として業歴が少なくとも2年、また黒字決算を継続しているなど厳しい条件があるのが実情で、ある程度事業が安定するまでは代表者個人のクレジットカードを利用するというケースが多いのです。

そういった審査が厳しいビジネス用クレジットカードの中で、比較的申し込みがしやすいといわれているのがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとJCB法人カードです。

この2枚のビジネス用クレジットカードは、申込資格から設立1年目で決算も迎えていないという会社でも審査に通過できる可能性が高いのです。

過去のカード利用がビジネス用カードの審査に影響する

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとJCB法人カードは会社を設立したばかりでも審査に通過できる可能性があり、黒字かどうかというのもあまり重視されません。

しかし、実際には審査があり、同じような業歴・規模の会社でも、すんなり通過してカードが発行される場合と、審査に落ちてしまう場合があります。

それは、これら2枚のビジネス用クレジットカードは会社を審査するというよりも、申し込み者個人を審査しているからです。

アメックス・ビジネスとJCB法人カードの審査で有利な条件

no.1
個人用のクレジットカードを利用している
no.1
ステータスの高いクレジットカードを所有している
no.1
良好なクレジットヒストリーがある
no.1
固定電話がある

ビジネス用クレジットカードも一般のクレジットカードも利用条件など細かい違いはありいますが、根本的な利用方法は同じです。ビジネス用クレジットカードの申し込みの際に過去の個人でのクレジットカード利用も判断材料となります。

例えば、個人のクレジットカード利用で、過去から現在まで延滞などなくきちんと支払いが行われてきたという方は審査で有利になりますし、延滞や債務整理をしたことがあるなどになれば審査は厳しくなります。

また、今までクレジットカードを利用したことがないという方も今後の利用が未知数なので、審査はより厳しくなります。

ちなみにクレジットカードの月々の支払い状況は信用情報機関で過去2年分の記録が審査の段階で確認されます。審査に落ちたという場合は現在の会社の業歴ではなく、過去の個人のクレジットカード利用でなにか問題があったという可能性もあるのです。

また、同じクレジットカードでもゴールドやプラチナといったステータスの高いカードの方がより信用度は高く、審査でも有利になると考えられます。

審査における固定電話の有無ですが、携帯電話は1人1台持つようになり、電話の種類が多様化している現在においても金融業者では申し込み者が信用できるかどうかの判断基準としています。

特にJCB法人カードの方はほぼ「必須」といえますのが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは携帯電話の番号のみで申し込んでも問題ないといわれています。固定電話が無い個人事業主などの場合はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードに申し込むべきかもしれません。

使える特典が豊富な2枚のビジネス用クレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとJCB法人カードは設立したての会社でも申し込みができますが、だからといって他のビジネス用クレジットカードに比べて使い勝手が悪いということではありません。

継続して利用したくなるメリットが豊富なので、長い業歴があり、安定した黒字決算を継続しているという会社にもおすすめできるビジネス用クレジットカードなのです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの主なメリット

no.1
アメックス+ゴールドということでステータスや印象が良い
no.1
「四半期管理レポート」など、ビジネスカード専用の特典が豊富
no.1
「手荷物無料宅配サービス」など、海外出張時に使える特典が豊富
no.1
国内外のレストランなどが会員限定割引になる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」など接待に利用できる特典が豊富
no.1
購入した商品が破損した場合に補償してくれる「ショッピング・プロテクション」など補償が充実
no.1
国内外の出張時に自動付帯される傷害保険が高額
no.1
経費利用でもポイントが貯まる「メンバーシップ・リワード」はマイルに移行も可能

JCB法人カードの主なメリット

no.1
年会費が安い
no.1
「アスクルサービス」など特別価格で購入できる提携会社が豊富
no.1
「法人会員向けMyJCB」で経費の管理もWEB上で簡単に行える
no.1
チケット不要で飛行機を利用できる「JCB.ANA@desk」など国内出張に役立つ特典が豊富
no.1
経費利用でもポイントが貯まりやすい「Oki Dokiポイントプログラム」
no.1
社員旅行や、接待にも利用できるゴルフ付きツアーなどが会員優待プランで利用できる「JCBトラベル」

2枚のビジネス用クレジットカードの特典はそれぞれで異なる内容ですが、「四半期管理レポート」(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード)や、「アスクルサービス」(JCB法人カード)などのビジネス用クレジットカード限定の特典があるというが共通しています。それプラス一般クレジットカードの特典も利用できるというが各カードで共通している内容です。

アメックスビジネスとJCB法人カード、どちらを選ぶべきか

では、実際にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとJCB法人カードどちらを選ぶべきかということになると思いますが、それぞれのカードの特長を踏まえたうえで、検討していきましょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードがおすすめの法人

no.1
業歴1年未満
no.1
高いステータスを求める
no.1
固定電話が無い
no.1
海外出張が多い
no.1
接待が多い
no.1
保険の特典を重視する

JCB法人カードがおすすめの法人

no.1
業歴1年未満
no.1
年会費を抑えたい
no.1
固定電話がある
no.1
国内ブランドを希望している

「海外に強いアメックス」と、「国内唯一の国際ブランドのJCB」というそれぞれの違った個性のビジネス用クレジットカードといえますが、最大の違いは年会費といえるかもしれません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは年会費26,000円(税抜)、JCB法人カードは1,250円(税別、一部初年度無料)と、大きな開きがあります。

この2枚のカードはビジネス用クレジットカードとして十分な力を発揮してくれるということが共通していますが、少しでも経費を削減したいという方にはJCB法人カード、幅広い内容の付帯特典を求めるのであればアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがおすすめです。

年会費 26,000円(税別)
ポイント 100円=1P
発行期間 1ヶ月程度
審査基準 特になし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ