アジア全域で使える割引クーポンを一括で閲覧・利用する技

今や海外旅行はボーダーレスになりサービスにも変化が

最近は中国の目覚ましい経済成長で、国内に旅行に来る外国人、特にアジアエリアからの日本への訪問者がとても多くなりました。その事が大きく影響し、旅行については特にアジアエリアの旅行でのサービスは、ボーダーレスになってきています。

特にこの近年は国内からの海外旅行も、アジアエリアへの旅行が非常に大きな伸びを示しています。海外旅行者の全割合1,849万人の内、実にアジア主要都市の割合だけでも1,211万人と、全体の65%を占める割合となっています。(いずれも2014年度実績)

つまり国内の多くの海外旅行者が、行き先をアジアにしているという事実がこの国内実績からも良く解ります。航空会社が他のアジアの海外の空港を拠点にする等の動きは、まさにその様な状況を反映したものと言えるでしょう。

その一方で、アジア相互に往来する為のコストは安くなってきているのもアジア地区の旅行の特徴だと言えます。では国内から見た時の各アジア方面への一般的なツアー費用がどの程度なのかを確認してみましょう。

行き先 ツアー料金 行程
韓国 ソウル 20,800〜46,800円 3日間
中国 上海 39,800〜107,800円 3/4日間
香港 86,800〜213,800円 3/4日間
台湾 台北 34,800〜43,800円 3日間
タイ バンコク 98,800〜209,800円 4/5日間
ベトナム ホーチミン 59,800〜998,00円 4日間
ハノイ 59,800〜101,800円 4日間
マレーシア グアラルンプール 79,800〜109,800円 5日間

各国へのツアー料金を参照してみると、10万円あればアジアのほとんどのエリアに旅行が出来る事が分かります。隣国の韓国や中国であれば、下手をすると国内旅行よりも安い金額で旅行に行ける金額になっています。

海外旅行費用が高くなる最も大きな割合を占めるのが航空料金でしたが、近隣での運航を得意とするいわゆる格安航空券を提供するローコストキャリア(LCC)企業の進出が、この料金破壊に大きな貢献を果たし、それが結果的にアジアエリアでの旅行者を大きく増加させる原因にもなっています。

この旅行者の流通がサービスにも大きな影響を与えています。特にクレジットカード等の支払いについては、相互に利用のハードルが下げられており、今まで以上にクレジットカードが提供するサービスにもグローバル化が反映されるようになってきています。

海外旅行でも最大限のメリットを受ける為のサービスの紹介

ところが、現実的にはこれらのグローバルサービスは意外と拡充が進んでいません。それにはやはり、言葉の壁の問題が大きく横たわっています。

サービスが提供されていても、外国人には読めない言語で書かれていたり、サービスが提供されていても、国際的に広く公告がなされていなかったり等、問題が色々と山積しています。

実際に海外旅行に行った方が、少しでもメリットを得ようと当該施設の発行するクーポンを手に入れようとしても、現地でしかクーポンは発行されておらず、その存在が分からなかった、もしくは発行されていても、現地の言語で書かれていた為、その存在を認知する事が出来なかった等、その様な体験をした方も、少なくないのではないでしょうか。

そこで最近、国際的にクレジットカードの事業を連携し、サービスをより国際的に提供する事で、充実したカードライフを提供出来る様な試みがなされ始めています。具体的なサービスとして「Globe Pass」があります。

GlobePassでは、アジア地域の国々の金融機関が旅行者に対し、より高い品質でより便利にクレジットカードを利用できるために作られた国際的なネットワークです。これらのサービスを利用する事で、特定のカード利用者はストレスなくカードを国内と同様に利用する事ができるのです。

このサービスが利用できるカード会社の中で、世界的にも知名度の高いカードブランドに、三井住友カード株式会社がありますが、海外旅行を考えた時に、国内外で最も古参で知名度、取引実績の高い三井住友VISAを持つ、三井住友カード株式会社を選択する事は、ある意味手堅いカードの選択だと言えます。

そこで今回は、特にアジア各国への旅行機会が多い方、またそれ以外にも海外旅行の機会が多い方に、三井住友VISAカードのおすすめな理由を紹介します。

面倒な手続きなしに海外でも恩恵が受けられる便利なサービス

三井住友VISAカードは、世界中でも最も良く利用されているVISAブランドの、国内トップクラスのクレジットカードです。クレジットカードが提供するサービスには、ポイントプログラムや旅行に関する付帯保険やサポート、その他提携などによる割引サービスがあります。

これらのクレジットカードの提供するサービス評価で、総合的な高評価を得ているのが三井住友VISAカードだと言えます。では様々なクオリティの高いサービスの中から、海外旅行に関する具体的なサービスを三井住友VISAカードのホームページから参照してみましょう。

三井住友VISAカードの提供するトラベルサービスは、非常に幅広く多岐に渡るのですが、その冒頭に紹介されている「アジアで使えるお得なクーポン」と紹介されているのが、「GlobePass」で紹介されているサービスです。

このサービス概要から、海外旅行にクレジットカードとスマートフォンさえ持参しておけば、海外のサービスや特典を苦にせず簡単に利用できる事がわかります。

アジア方面への旅行がお好きな方に是非三井住友VISAを

元々三井住友VISAカードは海外での利用について、群を抜いた高い評価とサービス実績を持つクレジットカードです。

元々VISAカードはヨーロッパ、アメリカで広く利用されており、その方面への旅行は圧倒的にVISAカードは便利さにおいて定評がありましたが、このGlobePassの提携により、アジアエリアへの基盤も築く事になりました。

海外旅行へはどのエリアへの死角もなく、他のクレジットカードと比較して大きなアドバンテージを手に入れています。

世界中で最も利用頻度実績の高いVISAカードは、海外等のATMの利用で便利に利用できるアドバンテージを持ち、海外旅行では欠かせない付帯保険も最高2.000万円、ショッピングプロテクションも最高で100万円迄の補償と充実した内容となっています。

また海外旅行先でのオペレータによるVJデスクは、古くから定評のある手厚い体制でフォローをしてくれるありがたいサービスです。この様な優れたサービスを初年度年会費無料で利用でき、更に簡単な条件を低いハードルで満たす事で、会員費用を永年無料と同じに出来るのです。

条件は「マイ・ペイすリボ」への登録と年間1回以上の利用となっており、条件を満たすとその翌年の年会費が無料となるのですが、海外旅行でのショッピングでこのサービスを利用すれば、年会費は永久に無料となります。

海外での知名度と利用の便利さ、更にリーズナブルに利用でき、サービスも充実しているとなれば、三井住友VISAカードを海外旅行のお伴として、検討してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

年会費 初年度無料
ポイント 1000円=1P
発行期間 最短3営業日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ