TO Me Cardで最大2800ポイントプレゼントを狙う方法

通勤や通学、遊びに出掛ける時に利用する公共交通機関で、近年主流になっているのがICカードです。予め現金でチャージしておいたICカードを、改札の読み取り部分にタッチするだけで運賃の清算が出来るので、切符を買う時間を短縮できるだけでなく、混雑時もスムーズに改札を通れます。

各交通機関から出ているICカードは、それぞれの名前がついていますが、東京メトロではPASMOという名前のサービスを行っています。PASMOは鉄道・バスで利用でき、東京地下鉄や東武鉄道、東京と降雨通曲の各線、小田急電鉄など利用できる交通機関が多いのが特徴です。(利用可能交通機関一覧http://www.pasmo.co.jp/area/transport/)その他にも、Suicaのマークのある交通機関でも利用が可能です。

PASMOはあらかじめ現金でチャージをしてから利用するプリペイドカード方式です。 プリペイド上限は20,000円となっており、上限額に達するまでは1,000円単位で何度でもチャージする事が出来ます。しかし、東京メトロの発行するTo Me Cardというクレジットカードと併用する・もしくは一体化させることによって、PASMOの残高が2,000円以下になった場合に、あらかじめ決めておいた金額(1,000円〜10,000円)が自動でチャージされるオートチャージ機能が付帯するため、チャージ忘れを防ぐ事ができます。

クレジットカードであるTo Me Cardと併用する事で得られるメリットはオートチャージ機能だけではなく、東京メトロの乗車をするだけでポイントを獲得できたり、貯めたポイントをPASMOにチャージするなど、多くの特典があります。
そのため、メトロに乗る方はチェックして損は無いカードです。「To Me Card」のうち、「To Me Card Prime」、「To Me Card (ゴールド)」の2つのカードについて、確認していきましょう。なお、「To Me Card Prime」と「To Me Card (ゴールド)」の違いは太字になっています。

「To Me Card Prime」の基本スペック

・年会費:2,000円+税 (初年度は無料・年間50万円以上の買い物で次年度も無料)
・クレジットカードブランド:JCB、VISA、MasterCard
・ポイント:メトロポイント:乗車する毎にポイント付与

カードブランドJCBの場合

OkiDokiポイント:カード利用額1,000円=1ポイント

カードブランドVISAまたはMasterCardの場合

わいわいプレゼントポイント:カード利用額1,000円=1ポイント
・PASMO発行デポジット:500円
・ポイント還元率0.5%〜
・保険付帯:なし

特徴

特長@

PASMOとは分離型なので、クレジットカード機能の付いている「To Me Card Prime」とPASMOを別々に持ちたい方にお勧め。

特長A

メトロポイントPlusに登録する事で、東京メトロ1乗車につき、平日10メトロポイント、土日祝は20メトロポイントが貯まる。さらに、駅で電子マネーを利用すると、店舗での利用で200円につき1ポイント、自動販売機100円につき1ポイントが貯まる。

特長B

年間のカードの利用額に応じて、メトロポイントが貰える。30万円以上で100ポイント、50万円以上で300ポイント、100万円以上で1,000ポイントが貯まる。

特長C

PASMOにチャージをする際に、通常はチャージ用の機械もしくはチャージ機能の付いた券売機で現金を入金してチャージするが、予め申し込みをしておくことで、PASMOの残高が一定額以下になると自動でクレジット決済によりチャージできる機能が付いている。

特長D

貯まったメトロポイントの利用先として、10P=10円としてPASMOにチャージしたり、1,000P=600マイルとしてANAのマイルに交換できる。

「To Me Card (ゴールド)」の基本スペック

・年会費:10,000円+税 
・機能:オートチャージPASMO、定期券、クレジットカードの機能が1枚に合わさっているカード、もしくはTo Me Card (ゴールド)とPASMOを別々に持つ2枚型のどちらかが選べる
・クレジットカードブランド:JCB、VISA、MasterCard
・ポイント:メトロポイント:乗車する毎にポイント付与

カードブランドJCBの場合

OkiDokiポイント:カード利用額1,000円=1ポイント

カードブランドVISAまたはMasterCardの場合

わいわいプレゼントポイント:カード利用額1,000円=1ポイント
・PASMO発行デポジット:なし
・ポイント還元率0.5%〜
・保険付帯:なし

特徴

特長@

PASMOとは分離型なので、クレジットカード機能の付いている「To Me Card ゴールド」とPASMOを別々に持ちたい方にお勧め。

特長A

メトロポイントPlusに登録する事で、東京メトロ1乗車につき、平日20メトロポイント、土日祝は40メトロポイントが貯まる。さらに、駅で電子マネーを利用すると、店舗での利用で200円につき2ポイント、自動販売機100円につき2ポイントが貯まる。つまり「To Me Card Prime」よりも2倍のポイントが獲得できることになります。

特長B

PASMOにチャージをする際に、通常はチャージ用の機械もしくはチャージ機能の付いた券売機で現金を入金してチャージするが、予め申し込みをしておくことで、PASMOの残高が一定額以下になると自動でクレジット決済によりチャージできる機能が付いている。

特長C

貯まったメトロポイントの利用先として、10P=10円としてPASMOにチャージしたり、1,000P=600マイルとしてANAのマイルに交換できる。

特長D

国際ブランドJCBを選ぶと、海外旅行・国内旅行の傷害保険が最高1億円まで付帯する。VISA、MasterCardを選択した場合は最高5,000万円が付帯する。ただし、海外旅行は保険が自動付帯であるのに対して国内旅行では、旅行費用をTo Me Card(ゴールド)で決済した場合の利用付帯になっているので注意が必要です。

特長E

空港ラウンジサービスがあり、国内では28空港、海外ではホノルルの空港でサービスを受けられます。

特長F

ショッピング補償として、国内・海外を問わず、ゴールドカードでの購入品の破損などの損害を購入日から90日間補償されます。

メトロポイントの使い方

獲得したメトロポイントは4つの方法で利用する事が出来ます。

no.1
PASMOへチャージする

メトロポイント10P=PASMO10円分チャージ

no.1
ANAマイルへ移行する

メトロポイント1,000P=ANAマイル600P
ANAマイルからメトロポイントへ移行可能で
ANAマイル10,000P=メトロポイント10,000ポイント

no.3
楽天スーパーポイントへ移行

メトロポイント500P=楽天スーパーポイント500P

no.4
nanacoポイントへ移行

メトロポイント500P=nanacoポイント500P

今なら入会ボーナスポイントプレゼント

2015年9月1日から2015年11月20日までに新規入会し、12月までにカードを発行した方で、以下の条件を満たすと、最大2,800メトロポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われています。

条件@To Me Card Prime(To Me Card (ゴールド)含む)に新規入会する
やじるし 800メトロポイント
条件AメトロポイントPlusに2016年1月末までに登録する
やじるし 500メトロポイント
条件B多機能券売機(ピンク色の券売機)で2016年1月末までに定期券購入をする
やじるし 500メトロポイント
条件CTo Me Cardを2016年1月末までに15万円以上利用する
(オートチャージ・定期券利用を含む)
やじるし 1,000メトロポイント

さらにポイントを獲得したい方へ

毎日新聞の購読

To Me Cardで毎日新聞の購読料を支払う

@6カ月以上の新規購読契約をする
→1,800メトロポイント
A@のユーザーがさらに6カ月以上の購読契約を更新する
→1,000メトロポイント
B既に毎日新聞の購読契約をしている方が、支払い方法をTo Me Cardに切り替える
→500メトロポイント

日経ビジネス購読

To Me Cardで日経ビジネスの購読料を支払う

@1年購読の新規申し込みをする
→400メトロポイント
A3年購読の新規申し込みをする
→1,000メトロポイント

「PRESIDENT」の購読

To Me CardでPRESIDENTの購読料を支払う

@1年購読の新規申し込みをする(12,000円)
→500メトロポイント
A2年購読の新規申し込みをする(21,000円)
→1,000メトロポイント
B1年購読の新規申し込みをする
→1,500メトロポイント

定期券購入のない方も、To Me Card PrimeもしくはTo Me Card (ゴールド)に新規入会し、さらにメトロポイントPlusに登録する事は簡単なので、少なくとも1,300ポイントは容易に貰えます。PASMOカードを持った時点でポイントが付いているのはお得感が増します。 さらに、新聞や雑誌の購読をする予定の方や現在購読されている方も、大量のポイントを獲得できるチャンスだと言えます。

To Me Card Primeは選ぶカードブランドによって貰えるポイントの種類は変わりますが、通常の買い物のポイントは0.1%となっており、特別大きなポイント還元はありません。勿論メインカードとして利用する事も出来ますが、東京メトロを利用する方のサブカードとしての使い方が一番お勧めの使い方になります。

またTo Me Card Prime、To Me Card (ゴールド)の大きな違いは、ポイントの還元率の違い、ならびにラウンジサービスの特典や旅行に付帯する保険の違いです。例えばTo Me Card (ゴールド)では年会費が10,000円+税であり、1年間毎日メトロを利用しても、乗車ポイントだけで年会費分の元を取ることは難しいです。しかしオートチャージや自動販売機、店舗の利用等でポイントを貯める機会の多い方、または旅行やフライトの機会が多く、旅行保険を兼ねて利用される方にはしっかり年会費分、もしくはそれ以上の価値のあるカードです。東京メトロを利用する方は、この機会に 「To Me Card Prime」、「To Me Card (ゴールド)」を検討してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ