エポスカードを解約して再度申し込むときの注意点


クレジットカードを何枚か持っていた場合や、主に現金でのみ支払いをしている場合、手持ちのクレジットカードの必要性を感じなくなってしまい、解約に至るケースもあります。しかし解約した後に、クレジットカードが必要性を感じて、持っていれば良かったと後悔する事も少なくはありません。 解約する際にはあまり気に留めない部分ですが、クレジットカードの解約後の再入会は決して簡単ではないので、解約方法の流れと再入会の申し込みの注意点を見ていきましょう。

クレジットカードの解約方法

クレジットカードの入会後、解約をする場合には手続きが必要になります。 エポスカードを一例として流れを追っていきます。

エポスカードはマルイと提携しているため、入会の際はインターネットでの申し込みもしくはマルイにあるエポスカードカウンターで行っています。 退会の方法は、マルイのエポスカードカウンターで行うか、またはエポスカスタマーセンターに電話を掛ける2つの方法になります。クレジットカードの裏にカスタマーセンターの番号が書いてあるので、そこに電話を掛け、音声ガイダンスに従って退会手続きの案内へ進みます。そしてオペレーターに電話が繋がるので、解約手続きをしたい旨を申し出ます。

解約の手続き自体は本人確認が取れれば特に煩雑な手続きはありませんが、ここで注意が必要です。

解約時の注意点

注意点1

カードの支払いで貯めたポイントが無効になる。 これまで貯めたポイントが失効してしまうので、もしもポイントが残っていてポイント交換が出来るのであれば先にポイントの交換を済ませておきましょう。

注意点2

カードの支払い前月の支払いからカードの解約日までにクレジットカードで支払ったものはきちんと支払わなくてはいけないので、支払い日や残高を確認しておきましょう。 また、カード払いになっている公共料金や携帯電話の代金などは解約後支払いが出来なくなるので、引き落としまたは別のカードでの支払いの変更申し込みをしておきましょう。

エポスカードであれば解約手数料などの料金は掛かりませんが、カード会社によっては解約手数料規定があるものもあるので、予め確認しておいてください。では次に一度解約したカードを再度申し込みしたい場合の注意点を見ていきましょう。

解約したクレジットカードを再度申し込みする際の注意点

クレジットカードを新規ではなく、再入会するのであれば、もともと審査が通っていたので簡単に発行して貰えそうなイメージを持ってしまいがちですが、実はクレジットカードを解約したあと再入会する時には、一般的に入会審査は新規の審査と同じ扱いになります。 またカード会社によっては再入会の審査について、新規の入会審査よりも厳しい規定で行っている会社も存在します。そのため、以前は審査に通ってカードを保有していたのに、再入会の申し込みをしたら審査に落ちてしまったというケースもあるのです。

再入会の際に審査が通りにくくなってしまう3つの理由


理由1:「解約するまでのクレジットカードの利用状況」

入会してから解約するまでのクレジットカードの利用状況は大きな審査のポイントです。クレジットカード会社は顧客が店舗で買い物をし、クレジットカードを利用して支払った金額の中から手数料や加盟料と言う形で数%を引いて、店舗に代金の立て替えを行っています。

クレジットカード会社の主な収入は加盟料や手数料になので、年会費が無料のクレジットカードであれば殊更クレジットカードを利用しない顧客を抱えていても、カードの発行手数料や書面交付代が負担になるので、クレジットカード会社の収入にはならないということになります。 そのため、再度カードを発行してもカードの利用をして貰えないのであれば、クレジットカード会社にとってメリットにはならないため、発行を渋るケースが少なくありません。

他にも、利用料金の未納や未払い、滞納があった顧客はきちんと支払うことが出来ない=信用が無いとみなされてしまう事もあります。クレジットカード利用代金の支払い状況は「クレジットヒストリー」と言って履歴として記録されています。そのため、未納や滞納があった場合にはこのクレジットヒストリーに傷がついてしまっている事が多く、その他のクレジットカードの申し込み審査にも影響が出てしまいます。

理由2:「解約から一定期間は再発行しない会社もある」

クレジットカード会社の審査基準は公にされていませんが、退会から一定期間は条件にかかわらず再発行をしないという会社も存在します。そのため、一定期間内に申し込んでも審査に通らない場合もあるので、再入会を希望する場合は、まず希望するカード会社のデスクに電話相談をしてみるのが有効な方法です。

一方で、どうしても直ぐにクレジットカードを作る必要がある場合には、即日発行が可能なACマスターカードがお勧めです。ACマスターカードは消費者金融であるアコムの発行するカードなので、銀行やクレジットカード会社の発行するクレジットカードよりは審査が通りやすいという利点がありますが、お金を借りるキャッシング枠ではなく、買い物の際のショッピング枠は全てリボ払いになるので注意が必要です。

理由3:「クレジットカードの入会から退会までの期間」

クレジットカードは顧客とカード会社との信用に基づいて発行されていると言っても過言ではありません。顧客がカードを利用して支払った場合、顧客は店舗で現金を渡すことなく商品を持ち帰る事が出来ます。それは店舗がカード会社に支払い請求を行い、カード会社が顧客に代わってひとまず店舗に代金の支払いを行うからです。 そのため、クレジットカードに入会してから退会までの期間が短期で、色々なクレジットカード会社で短期解約をしている方は、きちんとカードを利用するのか、きちんと支払う事が出来るのか、信用に値するかどうかが不明瞭だとみなされるので審査に通りにくい場合があります。

クレジットカード会社は信用に基づいて顧客と契約をしていて、クレジットカード会社はカードを利用して貰う事で収益をあげている事を踏まえたうえで、再入会の審査に通過しやすくなる方法についてチェックしていきましょう。

マルイエポスカードの特長


エポスカード
年会費 無料
ポイント 200円利用=1ポイント

公共料金や携帯の支払いもポイント付与対象なので活用できる

ポイントの利用先

・OIOIでのお買い物の際に500エポスポイント=500円分として割引が受けられる
・1,000エポスポイント=500ANAマイルに交換
・500エポスポイント=スターバックスカード500円分チャージ
・1,000エポスポイント=全国共通ギフト券1,000円に交換
・コラボ商品やオリジナルグッズに交換など

優待制度

・RoyalHostでの飲食が10%OFF
・SHIDAX(カラオケ)のルーム料金30%OFF
・楽天、DHC、一休などのネットショッピングでポイントが最大30倍
・OIOIでのお買い物の際に年に4回ある「マルコとマルオの7日間」期間10%OFF
・ハウステンボスの入園料が7%割引になる
・そのほか、約5,000店舗で割引や優待がある

セキュリティ・保険

・ICチップ付きのカード
・海外旅行の傷害保険(最高500万円)が自動付帯

・ネットショッピングの際に利用できるネット決済専用のカードを年会費・手数料無料で発行
最短即日発行

・インターネットでの申し込みをして、マルイ店舗のエポスカードセンターでカードを受け取る

・マルイの店舗で申し込みをして、およそ30分でカードが発行される

エポスカードはマルイを始めとする店舗の割引と、提携店舗の利用でポイント還元率が最大10倍になる特典が充実しているので、何と言っても買い物や娯楽の場面で力を発揮してくれるカードだと言えます。 また+500円で70種類以上あるデザインカードから、風景画やマカロン、トランプ柄など可愛らしいデザインの中から選べるので、好みのデザインカードを持ちたい方にもお勧めです。

エポスカードの審査に通りやすくする4つの方法

新規の申し込みでは勿論の事、再入会の際にも審査が行われ、再入会の時の審査は新規の審査よりも厳しくなる会社もあります。会社ごとの審査基準は明確に公表されていませんが、審査に通りやすくなるための最低限おさえておきたい4つのポイントをチェックしていきましょう。

方法1:書類のやりとりや連絡をきちんとする
どのクレジットカードを申し込む際にも大切なことですが、申し込み後にカード会社から掛かって来る確認の電話を無視していたり、本人確認書類を持って行かない、送付しない等、カード会社への手続きや確認を疎かにしていると信用が得られにくくなります。 クレジットカードは顧客がきちんと利用代金を支払うと言う信用をもとに契約しているため、信用できる顧客である事を証明しなくてはいけません。

方法2:解約までの利用状況の確認
入会から解約までの間、利用した代金をきちんと支払っていたかどうか確認しましょう。 滞納や未納を繰り返して解約している場合は、クレジットヒストリーに「問題あり」と記されている可能性が高く、再入会の審査に落ちるケースが多くあります。 その他にもクレジットカードに入会したけれども1度も利用せずに解約した場合などは、クレジットカード会社にとって収益の見込める契約ではないと判断されて審査に落ちる事もあるので、利用状況も確認しましょう。

方法3:短期解約の確認
入会から退会までが短期のものを複数のクレジットカード会社で行っていないかどうかも信用にかかわるポイントになります。カードを1度も利用せず、かつ短期でクレジットカードを解約している場合は審査に通過するのが厳しい状況だと言えます。

方法4:電話で確認してみる
明確に審査内容は開示されていないものの、退会から再入会までの期間を定めている会社もあるため、解約した理由と再度入会したい旨をコールセンターで問い合わせをすると案内が受けられる場合があります。 嘘をついて怪しまれてしまうと信用にかかわるので、きちんと正直に伝える事がポイントです。 クレジットカード会社としても、申込用紙だけが来る場合と、再入会の理由などが明確に分る場合では受ける印象が変わる上に、きちんとした対応を心掛ける事で信用が得られる場合もあります。

エポスカードは買い物の際の割引や特典、また海外旅行の際にもカードを持っているだけで保険が付いてくるので、買い物や旅行と言った楽しみ方が沢山あるカードです。そして年会費も永年無料なので、メインでしっかり活用する場合も、遊びの時に活躍して貰うサブカードにする場合も、カードのホルダーそれぞれの利用形態に沿うカードです。

エポスカードの再入会を考えている方は、解約までの利用状況などを確認して、エポスカードのデスクに問い合わせてみましょう。



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ