エポスカードのキャッシングよりも低金利でお金を借りる方法

「お給料日まで○日、残金○円…」「冠婚葬祭で急な出費が嵩んでしまった」「体調を崩して医療費が高くついた」という経験をした事がある人もいると思います。貯金がしっかり出来ていて、すべて貯金とお給料でカバーできることが一番ですが、転職や引っ越し、生活スタイルの変化で出費がかさんだ時に、思い通りに行かない事もあります。そこで万一の時にどうして良いか分らず困らない様に、キャッシングやローンのしくみについて確認していきましょう。

キャッシングとは?ローンとの違いとは?

キャッシングもローンもどちらもお金を借りる事です。キャッシングは、基本的に借りたお金を翌月に一括で返済する方法が取られていますが、現在クレジットカードを利用してキャッシングをした場合は、一括返済のほかにリボルビング方式での返済方法の2種類が主になっています。ローン(カードローン)は分割払いでの返済が基本ですが、クレジットカードと同様にリボルビング方式での返済方法も取られています。

リボルビング払いと分割払いの違い

リボルビング払いとは、借りたお金のうち5,000円や10,000円など決められた額+金利手数料を毎月クレジット会社に支払う事を言います。月々の支払額がおよそ一定で少額になるので支払いは楽になりますが、お金を借りる時に必ず発生する「金利手数料」というものがリボルビング払いでも掛かるため、注意が必要です。

金利手数料は借りる額が多くなるほど、そして返す期間が長くなるほど金利手数料は膨らんでいきます。そのため、無計画に利用してしまうと手数料がとんでもない額になってしまっていたりします。

分割払いはその名の通り、クレジットカードで買い物をする際に何回払いかを決めてから購入する方法です。リボルビング払いと混同されがちですが、予め元金を何分割して支払うかを決めたうえで、支払い回数によって年利が決まります。そして月々支払い回数で分割した元金+金利手数料を支払うので、リボルビング払いとは全く違う性質のものです。

リボルビング払いの例>

借入金:20万円
実質年率:18.0%
月々の支払い額:元金10,000円+金利手数料

支払い回数 支払い元金(1) 金利手数料(2) 支払い額(1+2) 元金残高
1 10,000 2,465 12,465 190,000
2 10,000 2,904 12,904 180,000
3 10,000 2,751 12,751 170,000
19 10,000 305 10,305 10,000
20 10,000 147 10,147 0
200,000 31,014 231,014

分割払いの例

借入金:20万円
実質年率:18.0%
支払い回数:4回
月々の支払い額:元金50,000円+金利手数料

金利手数料計算式

金利手数料=借入金(元金)×実質年率(%)×借り入れ日数(日)÷365

○1回目
支払い元金 50,000円
金利手数料=20万×18%×30日÷365日=2,959円
計52,959円

○2回目
支払い元金 50,000円
金利手数料=15万×18%×30日÷365日=2,219円
計52,219円

○3回目
支払い元金 50,000円
金利手数料=10万×18%×30日÷365日=1,479円
計51,479円

○4回目
支払い元金 50,000円
金利手数料=5万×18%×30日÷365日=740円
計50,740円

○合計
支払い元金:200,000円
金利手数料計:7,397円
総支払い額:207,397円

リボルビング払いも分割払いも、同じ実質年率でシミュレーションしてみましたが、リボルビング払いでは月々の支払い額自体は10,000円+金利手数料でしたが、全額返済するまでの総支払い回数20回、金利手数料の合計が31,014円となりました。一方分割払いでは月々50,000円+金利手数料と少額ではありませんが、支払い回数が4回で済んだので金利手数料が7,397円で済みました。

リボルビング払いも月々の支払い額を大きくすれば支払い回数が減るので金利手数料を安く抑える事が可能ですが、殆どのクレジットカード会社ではリボルビング払いの初期設定は5,000円または10,000円になっているので、変更手続きが必要になります。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングは基本一括返済、カードローンは分割返済、ただし近年はどちらもリボルビング払いも取り入れられているということ以外に、キャッシングとカードローンの違いがあります。

キャッシングとはクレジットカードの機能のうちのひとつで、ショッピング枠の中に含まれる形で設定されている借入可能額の枠があり、これをキャッシング枠と言います。クレジットカードの主な使い方は買い物の時の支払いなので、ショッピング機能が主な機能ではありますが、クレジットカードのサービスの一環だからこそ、海外で、しかも現地通貨でのキャッシングが可能であったり、キャッシングの利用額に応じてポイントを付与されたりする事があります。 クレジットカードのキャッシングを利用する場合は、金利手数料が平均15.0%〜18.0%とかなり高金利に設定されています。

カードローンは銀行や消費者金融が行っている個人向けの無担保ローンです。カードローンは専用のカードを申し込む際に審査があり限度額が設定され、その限度額内であれば好きな額を引き出せて、さらに追加で借り入れも可能です。その他にも車のローンやマイホームローンとは違い、お金の使い道は借り手の自由です。銀行によってはフリーローンという商品を展開しているところもありますが、フリーローンとは、一度借りたらあとは返すだけ、という商品なので、カードローンとは異なるものです。

カードローンは銀行系が融資を行うものと、消費者金融が融資を行うものの2種類に大別され、銀行系のカードローンは審査が厳しい代わりに利率も低く、限度額も多めに設定されやすくなっています。一方消費者金融は銀行に比べて審査は厳しくないものの、金利が高く限度額も低めに設定されています。

キャッシング・カードローンの選び方

キャッシング・カードローン、それぞれの特長がありますが、一口にお金を借りると言っても借りる側の事情や状況は異なります。キャッシングやカードローンの具体例を見ながら、どんな使い方をする時にどちらを選択する方が便利なのかを確認していきましょう。

  エポスカード みずほ銀行カードローン
カードフェイス
実質年率 18.00% 3.5〜14.0%
申し込み可能な方 クレジットカードに準ずる 20歳以上66歳未満で安定した収入がある事。主婦も可
申し込みから
融資まで
クレジットカードを持っている+キャッシング枠があれば即日 即日〜※但しみずほ銀行の口座が必要
※希望額200万円以下は収入証明書の提出不要
上限額 キャッシング枠に準ずる
※ただし10,000円以上
10万円〜1,000万円
借り入れ方法 コンビニATMエポスATM みずほ銀行ATM
返済方法 ・口座引き落とし・コンビニATM
・銀行ATM・エポスATM
口座引き落とし
海外での
キャッシング
×
特典 <初回のみ>30日間最大金利0円  

またエポスカードのキャッシングと、みずほ銀行カードローンを比べた場合には、海外旅行の際にキャッシングが出来るのはエポスカードだけですし、返済方法や借り入れ方法もエポスカードの方が柔軟だと言えます。

クレジットカードのキャッシングは、お金に困った時にクレジットカードを持っていて、さらに短期間で、少額を借りる場合には金利手数料もそれほど高額にならないので利用しやすいサービスです。また万が一の時のお守り代わりにするのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を設定しているだけで充分役割を果たします。

しかし一般カードのキャッシング限度額は平均して10〜50万円、さらに実質年率が18.0%なので、それ以上のお金が必要になる場合にはキャッシング機能ではなくカードローンを利用する方が得策です。

みずほ銀行のカードローンは実質年率が3.5%〜14.0%と低く、限度額が上限1,000万円、さらに主婦の方も申し込みが出来るので、まとまったお金が必要になった際に心強い味方です。

またみずほ銀行の口座を持っていれば窓口若しくはインターネット上で申し込みができるので、最短即日の借り入れも可能です。また年利は各借り入れに対して設定されるのではなく、カードローン専用カードに申し込みをした際の審査で決定する限度額とセットになっています。そのため、自分が借り入れの際の金利が予め分っているので、安心できるポイントの一つです。

ただしカードローンは一度契約をすれば利用限度額の範囲内で何度でも借り入れと返済が繰り返せるサービスなので、計画的に利用しなくては借入金が増えて大変なことになってしまいます。カードローンの特長である限度額内であれば何度でも借り入れができるというポイントを生かすためにも、計画的に借り入れと返済を行う事に注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ