dカードの審査結果を一瞬で確認できるワザ


クレジットカードの審査結果は発行されて分かるのが通常

どのクレジットカードを選んでも、申込みで気になることと言えば、 【クレジットカードの審査に通ったのか、落ちたのか】です。

クレジットカードのなかには、在籍確認として電話が来たり、
記入漏れがあったので教えて下さいと電話があったりするものの、
審査の状況や結果はそのころにはハッキリと分かることはありません。

そして審査に落ちた場合は、封書による通知、または登録したメールアドレスに通知が通常ですが、 審査に通ったときは、手元にクレジットカードが届いて初めて分かるということが多いのです。

セディナカードのように選んだカードによっては、HP上で審査の状況を確認できるところもありますが、それは本当に一部でほとんどが状況を知ることができません。

審査状況が分かるクレジットカードの例

@セディナカード
A三井住友VISAカード

しかしながら、なかには審査状況を公開していなくても、ある方法を使うことで審査の結果が手元に届く前に、メールが来る前に知ることができ、さらに在籍確認もないクレジットカードがあります。

それがドコモのdカードです。

いち早く審査を知れる、その方法とは

dカードを希望する方の多くは、ドコモ利用者です。
それはdカードを持つことで、ポイントが面白いほど貯まり、そのポイントを機種変更の代金に充てることができるからです。

dカードはポイントの使い道が狭いというデメリット部分をよく聞きますが、機種変更の代金に充てるとかなりのお得だと知っているユーザーからすると文句もありません。

クレカLab編集者Aの場合 (クリックすると中身が表示されます)

・ドコモ/GALAXYS SC-04F 当時発売価格90,000円で購入
ここに当時貯まっていたドコモポイント(現在はdポイント)5,664Pを使い機種代に充当。
そして合計84,336円とする。
24回払い。

この場合、24回払いにすることでサポート割が入りますので、機種代がもっとお得になります。
サポート割は機種によって異なるので、気になるときはドコモショップで確認するのがよいでしょう。当時買ったこの機種のサポート割は【2,295円】でした。



本来なら、機種代90,000円÷24回=月3,750
サポート割適応で3,750円−2,295円=1,455円の支払いになりますが、当時貯まっていたポイントをすべて使い、90,000円を84,336円としたので、月1,219円となりました。

これが、ドコモ利用者にとっては、商品券やグッズに変えるよりもこれが一番の有意義な使い方なのは間違いないのです。
ポイントが大きければ、大きいほど、月々支払う端末代金は安くなります。


ドコモ利用者はドコモの携帯を持つことで、多くの方が「My docomo」に登録します。このマイドコモというサービスはウェブ上で利用料金の確認やサービスの変更などができるページです。

実は、このマイドコモで、dカードの審査をいち早く知れる方法があるのです。

dカードに申込んだあと、マイドコモの【ご契約内容確認・変更】へ進む。


すると、一番下の方にdカードの契約をしているのかどうかが表示されます。



この画面をdカード申込時の後でみると、
未契約
から受付中になり、審査が通るとご契約中という表記に代わるのです。

もし審査に落ちた場合は、未契約から受付中、そしてまた未契約へと戻ります。

こちらの表記はメールや郵送よりも早く公開になりますので、
dカードの審査が不安なときはここを頻繁にチェックしておきましょう。

もし、dカードの審査に落ちてしまったら…

審査に落ちてしまった方や、審査が不安だと思う方は
コチラのカードがおすすめです。


アメリカン・エキスプレス・カード ACマスターカード






マイドコモ登録で、本人確認の電話連絡確率を下げることができる

クレカLab編集者Aの場合

・申込時に本人確認の電話連絡なし
・ドコモ利用歴/18年/マイドコモ利用/料金未払いなし

そもそもドコモの契約をしたときに、身分証明書の確認など、ある程度の身元はしっかりと押さえられて契約をしています。そしてマイドコモに登録することで、明細書の送付先といった住所、料金の支払い状況なども確認できるようになっているのため、ドコモ利用者で、マイドコモ登録者、携帯料金を延滞、滞納している方に対して、dカードの申込み時に電話連絡といった本人確認はありませんでした。

電話連絡を避けたいのであれば、記入漏れやマイドコモ登録住所と申込時の住所が違うといった相違する情報は避けるべきで、事前にマイドコモで変更をしておくことにしておきましょう。

dカードはドコモ利用者の強い味方

dカードは基本100円=1Pが貯まるレギュラータイプのクレジットカードです。

年会費は1,250円(税抜)ですが、年1回利用で翌年度も年会費が無料になります。
初年度年会費は無料なので、毎月コンスタントに使っている方なら、無料で使い続けることができます。
dカードもdカードゴールドもエネオス使いでポイント2倍といった特約店ポイントアップもあるので、上手に使っていきましょう。

dカードゴールドは携帯利用分のみ100円=10Pという還元率10%のクレジットカードとなります。
通常利用分は100円=1円。

年会費は10,000円(税抜)ですが、dカードゴールドに加入しなければ行くことのできないゴールドステージメンバーとなれること、海外・国内旅行保険付帯、空港ラウンジサービスなど付帯サービスが充実しており、年間利用額に応じて携帯端末購入時に使える割引券(5,000円券〜)をもらうこともできます。

ともにiDがついているカードあので、スマホで繋いでおけば、スマホのみでの決済、カードでiD決済ができるので、サインレスでレジもスムーズとなります。

もし、審査に不安でクレジットカードをためらっているという方で、ドコモ利用が長いというときは、ドコモのdカードシリーズを検討し、いち早く審査結果を知って対策を練っていきましょう。

もし、dカードの審査に落ちてしまった場合

審査に落ちてしまった方や、審査が不安だと
思う方はコチラのカードがおすすめです。

チェック!

ちなみにこちらのクレジットカードも申込事実を6か月保存していますので、審査に落ちてしまったときは、申込から半年、7カ月待ってからドコモとは無縁そうなアメリカン・エキスプレス・カードACマスターカードといった違うカードに申込みをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ