Amazonカードの退会方法とポイント高還元カードの見極め方

Amazonカードは本当におトク? 退会するには?


Amazon Master Cardクラシック

Amazonカード(Amazon Master Cardクラシック)は、Amazon.co.jpの買い物でクレジット支払いをすると、その金額の1.5%がAmazonポイントとして還元、Amazon.co.jp以外の買い物では1%が還元されることから、いわゆる“高還元カード”として知られています。クレジットカードのポイント還元率は0.5%であることが多いので、たしかにそれを考えると、高還元といっていいでしょう。

Amazonポイントの使い方

AmazonポイントはAmazon.co.jp上のアカウントに紐づけされており、カードでの買い物で付与されるほか、一部の商品についてはカードの有無に関係なくポイント還元が設定されていて、カード利用と併せることで効率よくポイントを貯められます。そこで貯めたAmazonポイントは、Amazon.co.jpやAmazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品購入時に使うことができます。

このように、高還元が魅力のAmazonカードですが、その利用で得たAmazonポイントはAmazon.co.jp以外では使えないので、せっかく貯めたポイントも有益に使えないことがあります。また、Amazonポイントの加算が1年以上ない場合、それまで貯めたポイントが無効となるため、その場合、高還元の意味がありません。


画像01

さらに、初年度無料の年会費は無料ですが、年1回以上カード利用がない場合、2年目以降1350円(税込)の年会費がかかることも注意したいところです。つまり、意識してAmazonカードを使うようにしないと、意図せず年会費を支払ってしまうケースがあるのです。

それらの理由から、複数のカードを持っていて、うっかりするとAmazonカードの利用をしばらく忘れてしまう可能性のある人は、カード会員の退会を検討しておきましょう。Amazonカードには旅行傷害保険の自動付帯などの付加的なサービスもないので、年会費をうっかり支払ってしまう心配のある方は無理をして持ちつづける必要はないでしょう。

Amazonカードの退会はAmazon.co.jpのサイト上ではできず、Amazon Master Cardクラシックデスク(フリーダイヤル0120-975-776、9〜17時、年中無休 ただし12月30日〜1月3日は休業)に電話して退会の旨を伝えます。
カードが手元にあるなら、カード裏の電話番号に電話してもいいでしょう。

高還元カードでAmazonカードよりおトクに


画像02

Amazonカードを退会するなら、Amazon.co.jpでも、ほかのショップでも、ポイントを効率よく貯めることのできる高還元カードへの入会を検討したいところです。

そのような高還元カードとして注目したいのが、Orico Card THE POINTです。

このクレジットカードは年会費永年無料でポイント還元率は1%。そこで得られるオリコポイントは何と交換するかによりますが、ほぼ1ポイント=1円として使えます。たとえば、Amazonギフト券との交換なら、500ポイント=500円分のギフト券となります。

つまり、Amazonカードを退会しても、Orico Card THE POINTなら貯まったオリコポイントをAmazon.co.jpで使えるということです。

ショッピングサイト「オリコモール」経由なら、ポイント還元率はさらに上がります。オリコモールにはAmazon.co.jpも入っていて、ポイント還元率は基本の還元率にプラス0.5%となります。さらに、Orico Card THE POINTを利用した場合、「オリコモール特別加算」としてプラス0.5%還元も加わり、合計で2%の還元率となります。

これは、Amazonカードを使ってAmazon.co.jpで買い物したときよりも0.5%高いポイント還元率であることから、Orico Card THE POINTは、Amazonカードを退会した際にその代わりとなるクレジットカードの候補となりえるでしょう。

VIASOカードなら自動的にポイントを使用


画像03

ただ、高還元カードでポイントを効率よく貯めたとしても、ポイント交換などの手間があると、それが面倒でつい貯めたままになってしまいがちです。さらに、クレジットカードのポイントには有効期限のあるものも多く、たとえば、オリコポイントの場合は1年の有効期限が設定されています。その有効期限を過ぎるとせっかく貯めたポイントも無効となってしまうのです。

これは、ポイントの状況を気にしていればいい話ではありますが、常にそれを意識しなければいけないというのもちょっとしたストレスです。そこで、貯まったポイントを使用しやすいかどうかという点も、Amazonカードの代わりとなるクレジットカードを選ぶときの一つのポイントとなります。

ポイント使用が簡単なクレジットカードとしておすすめなのが、三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされるので、有効期限がきてポイントが無効になる心配はありません。

VIASOカードは1000円の買い物につき5ポイントが貯まり、貯まったポイントは1000ポイント以上の蓄積で1ポイント=1円としてオートキャッシュバックされます。さらに、携帯電話会社やプロバイダーの一部、ETCカードの利用料金についてはポイント2倍となり、ポイントサイト「VIASO eショップ」を経由して買い物すると、最大20倍のポイントアップが適用されます。つまり、買い物金額の0.5〜10%が還元されるということです。

VIASO eショップではもちろんAmazon.co.jpを利用することができ、そのほか楽天市場、Yahoo! ショッピングなどの大手モール、Apple Online Store(Japan)、DELL(デル)・オンラインストア、ジャパネットたかた、セブンネットショッピングなど代表的なネットショップが揃っており、効率よくポイントが貯められます(2016年2月20日現在)。

VIASO eショップ経由でAmazon.co.jpを利用した場合、0.5%のポイントアップとなるため、合計で1%のポイント還元率となります。これは、AmazonカードをAmazon.co.jpで利用した場合と比べると低い還元率ではありますが、年会費無料で海外旅行傷害保険やカードで購入した商品の破損や盗難を補償する「ショッピングパートナー保険サービス」が付帯することを考えると、Amazonカードの代わりとなるクレジットカードの候補となりそうです。

VIASOカードは、ポイントの利用を忘れて有効期限切れとなるケースを避けるという点で、非常に大きなメリットのあるクレジットカードといえます。

カードローンとの上手なお付き合いで、買い物をより便利に


画像04

せっかくおトクに買える商品を見つけたのに、その前までにクレジットカードを使いすぎてしまい、限度額の関係で購入を見送ってしまった体験はないでしょうか。

Amazon.co.jpなどでも掘り出し物が時々登場します。単に安くなっているというだけでなく、マーケットプレイスなどでは、レアな本やDVDなど、その時を逃しては二度と入手できないような商品が出品されることもあるでしょう。そんなとき、クレジットカードが使えないからと諦めるのではなく、カードローンの利用も検討してみましょう。

カードローンに抵抗感のある人も多いと思いますが、無理なく返済できる範囲の金額を、信頼のおける大手業者からキャッシングするのであれば何も心配することはありません。しかも、利用方法も思いのほか手軽です。たとえば、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では、申込みから審査、契約、借入れまでウェブ完結も対応可能で、最短でその日のうちに指定の口座に振り込んでもらう形で融資を受けることができます。

利用限度額の範囲内で出し入れ自由な「フリーキャッシング」の場合、年齢20〜69歳で安定した収入があることが申込みできる条件です。主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定収入があれば、審査の上、利用できます。

融資の受け方については銀行口座振り込み以外にも、プロミスの店頭窓口やATMのほか、三井住友銀行ATM、全国の提携ATMからキャッシングができ、返済も同様の経路のほか、銀行振替、コンビニのメディア端末などを利用して行うことができます。

また、プロミスインターネット会員サービスの利用によってポイントが貯まる仕組みもあり、クレジットカード感覚での活用も可能です。このようなカードローンを上手に使うことで、買い物がより便利になるでしょう。

迷ったら
ココ!

オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与(還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ