楽天スーパーポイントが二重取りできる楽天Edyのチャージ方法

楽天スーパーポイントが貯められる!電子マネー「楽天Edy」とは

コンビニやキヨスクなどでのちょっとした買い物に使い勝手のいい電子マネー。最近は使える店舗が拡大しており、スーパーや飲食店、書店、ドラッグストアなどでも使えるところが増えてきました。

現在さまざまな電子マネーが出ていますが、交通系ICカードの「Suica」とともに、国内で初めて導入されたのが「楽天Edy」です。楽天グループの「楽天Edy株式会社」が提供する、前払い(プリペイド)式の電子マネーで、シャリーンという特徴的な決済音で知られています。

楽天Edyは、カード型のほか、携帯電話にアプリとして入れることもできますし、他社の会員証と一体になったものや、クレジットカード・銀行のキャッシュカードと一体になったものなど、色々な形態があります。いずれもプリペイド式ですので、事前に加盟店のレジや、オンライン、もしくはEdyチャージャーという自動機でのチャージが必要です。またクレジットカードと一体型になったものでは、クレジットカードから直接Edyにチャージすることができます。

楽天Edyの特徴

1.対応店舗が多い! 楽天グループのショッピングモール「楽天市場」はもちろんのこと、百貨店やコンビニ、書店、薬局、家電量販店など、全国40カ所以上の加盟店で楽天Edyを使うことができます。

2.買い物するごとに楽天スーパーポイントが貯まる!
楽天Edyを使って買い物すると、200円の支払いごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まりますので、普通に現金で買い物するよりもお得です(楽天Edyで楽天スーパーポイントを貯めるためには、「楽天ポイントクラブ」への登録が必要です)。

3.貯めたポイントを、楽天Edyに交換できる!
楽天スーパーポイントは、楽天市場をはじめとする楽天グループでの買い物に使うことができるほか、「1ポイント1円分」として楽天Edyに交換が可能です。200円で1ポイントですので、還元率は0.5%になります。

このように、楽天Edyは使える店舗が幅広く、また利用によってお得にポイントを貯めることもできますので、持っておいて損はない電子マネーです。

楽天カードとの併用で、ポイントの二重取りができる!

通常、200円の買い物ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる楽天Edyですが、さらにお得にポイントを貯められる方法があります。それは、Edy機能付きの「楽天カード」を使うことです。

楽天カードは、楽天グループが発行するクレジットカードで、JSCI(日本版顧客満足度指数調査)のクレジットカード部門において、なんと7年連続で第1位に選ばれています。TVCMで流れているように、「入会するだけで数千ポイントもの楽天スーパーポイントをもらえる」というキャンペーンも有名ですが、他にも以下のようなメリットがあります。

楽天カードのメリット

1.年会費は永年無料!
楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードですので、年会費分の元を取れるかどうかを気にすることなく、気軽に作ることができます。

2.利用ごとに楽天スーパーポイントが貯まる!
楽天カードを買い物に使うと、「100円ごとに1ポイント」の楽天スーパーポイントが貯まります。1ポイントは1円の価値ですので、還元率は1.0%です。

さらに「楽天市場」での買い物に使うと、いつでも2倍(現在はスーパーポイントアッププログラムのキャンペーン中につき4倍)のポイントがつきますし、街の「ポイント加盟店」なら、2〜3倍のポイントが付きます。

もちろん、ETCカードの利用や公共料金の引き落としなどでもポイントを貯めることが可能です。

3.最高2,000万円の海外旅行傷害保険付き!
楽天カードには、最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯されています。利用付帯となりますので、事前にツアー代金などを楽天カードで支払ったのみ対象となります。

4.楽天Edyのポイントが二重取りできる!
楽天カードに楽天Edy機能をつけると、その他の楽天Edyよりも多くポイントを貯めることができます。通常の「200円の買い物につき1ポイント」に加え、楽天カードで楽天Edyにチャージすることでも「200円につき1ポイント」が貯まりますので、チャージ分と利用分でポイントの二重取りができるのです。 ※2014年12月1日以降

他の会社のクレジットカードにも、Edy機能のついたものはたくさんありますが、チャージによってポイントが貯められるのは楽天カードのみになります。ですから楽天ポイントをザクザク貯めたい方は、楽天Edy付きの楽天カードを作るのがおすすめです。

楽天カードから楽天Edyにチャージする方法

1.いつでもEdyチャージ(自動設定)
まず、「楽天e-NAVI」という楽天カードの会員用サイト上で、チャージしたい金額を事前に設定します。その後、コンビニにある専用端末に楽天カードを通すと、設定した金額分がチャージされます(ファミリーマートの「Famiポート」、およびサークルKサンクスの「Kステーション」のみ対応です)。

もしくは、携帯電話の「楽天Edyアプリ」を利用している場合は、アプリ内の「Edyを受け取る」からチャージすることもできます。

2.オートチャージ
楽天Edy機能付きの楽天カードでは、ファミリーマートに限り、レジで支払い時にオートチャージができるようになりました。

利用するためには、まず「楽天e-NAVI」でオートチャージの申し込みをした後、ファミリーマートにある「Famiポート」という専用端末から「Edyメニュー」に入り、楽天カードをタッチすることで設定を完了します。これさえしておけば、その後ファミリーマートで買い物する際、楽天Edyの残高が自分で設定した金額を下回った場合に、自動的に楽天カードからチャージされます。

このように楽天Edy機能付きの楽天カードなら、チャージと利用でポイントを2倍貯めることができますので、楽天グループの利用が多い方や、還元率のいい電子マネーを探している方にはおすすめです。

年会費無料で、1.2%の高還元率を誇る「リクルートカード」

多数のクレジットカードが競争を繰り広げている今、楽天カードと同じく年会費無料でポイントを貯めやすいクレジットカードは他にも複数あります。中でも、常時ポイント還元率1.2%を誇るクレジットカードが、「リクルートカード」です。

リクルートカードの特徴

1.年会費永年無料で1.2%の高還元率!
リクルートカードは、月々の利用金額に対して1.2%のリクルートポイントが付きます。たとえば月10万円の請求がきた場合は、1,200円分のポイントがもらえます。 1.0%のクレジットカードが多い中、リクルートカードはかなり高還元率だといえるでしょう。

さらに、「ポンパレモール」や「ホットペッパービューティー」「じゃらんネット」などのリクルート系列のサイトの買い物にリクルートカードを使うと、ポイントが1〜3%上乗せされますので、非常にお得です。
もちろん公共料金やETCの利用によっても、ポイントを貯めることができます。

リクルートポイントは、1ポイント1円の価値を持ち、貯まったポイントは「ポンパレモール」での買い物や「じゃらんネット」での宿泊予約、もしくは「ホットペッパービューティー」でのネット予約時などに使うことが可能です。
またリクルートポイント1ポイントを、Pontaポイント1ポイントに交換することもできます。

2.最高2,000万円までの旅行傷害保険付き!
リクルートカードは永年無料のカードですが、海外旅行で最高2,000万円、国内旅行で最高1,000万円の旅行傷害保険が付いています。利用付帯となっていますので、旅行代金をリクルートカードで支払うことが条件となります。

普段の引き落としでポイントがどんどん貯まる「VIASOカード」

年会費無料でポイントを貯めやすいクレジットカードとしては、三菱UFJニコスの発行する「VIASOカード」もおすすめです。

VIASOカードの特長

1.携帯電話やインターネット料金の支払いでポイント2倍!
VIASOカードで買い物をすると、「1,000円につき5ポイント」のVIASOポイントが付きます。VIASOポイントは「1ポイント1円」ですので、これだけなら還元率は0.5%と、それほど高くはありません。

しかしVIASOカードのならではの特長として、「特定加盟店での獲得ポイントが通常の2倍になる」というものがあります。その加盟店というのが、ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話キャリア各社や、ETC利用、またYahoo! BB やOCN、 ODNなどのインターネットプロバイダーなど、多くの方が毎月のように利用するものばかりです。

これらの支払いにVIASOカードを使うことで、ポイントが通常の2倍(1,000円につき10ポイント)となり、還元率は1.0%になります。

2.「VIASO eショップ」経由のオンラインショッピングで、さらにお得! VIASOカードは、ネットでの買い物にも強いクレジットカードです。ショップに直接アクセスするのではなく、「VIASO eショップ」というサイトを経由するだけで、最大10%ものボーナスポイントが付きます。

VIASO eショップには、楽天やYahoo!ショッピング、Amazonなどをはじめ、有名なネットモールはほとんど参加していますので、オンラインショッピングをするならぜひ経由するようにしましょう。

3.ポイントの交換忘れがない「オートキャッシュバック」
VIASOポイントは、商品交換ではなく、1,000ポイント以上貯まった時点で指定の金融機関の口座に自動的に振り込まれる「オートキャッシュバック」が特徴となっています。ですから、せっかくポイントを貯めても使い忘れてしまう方や、特にほしい交換商品などがない方にも、非常に使い勝手のいい一枚です。

4.海外旅行傷害保険付き!
VIASOカードには、海外旅行障害保険が最高2000万円まで付いています。利用付帯となりますので、旅行前にツアー代金などをVIASOカードで支払った場合のみの適用となります。

このように、楽天カードのほかにも年会費無料でポイントを貯めやすいクレジットカードはいくつかあります。たとえば「じゃらんnet」や「ホットペッパービューティー」「ポンパレモール」などのリクルート系のサイトを利用する機会の多い方ならリクルートカード、ポイントの交換が面倒だという方にはVIASOカードがおすすめです。

年会費 永年無料
ポイント

1000円=5P

発行期間 最短3営業日


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ