DCカードの解約・退会手続き方法と5つのチェック項目

クレジットカードの申し込みをしたけれど、特典をあまり使う機会がなかったし、もっと自分のライフスタイルに合ったクレジットカードに変えたいと思ったことはありませんか。

その例としてDCカードを参考にしながら、退会の手続きの際に気をつけるべきチェック項目をまとめてみました。

解約前に注意したい5つのチェック項目

チェックポイント1:「入会からの期間」

クレジットカードに入会後6カ月以内の解約は極力避けるようにしましょう。クレジットカードの支払い状況が記録されているクレジットヒストリーには、クレジットカードの申し込み状況が過去6カ月分記載されています。短期間で入会と退会をしていると、入会特典目的のクレジット契約だと思われたり、何かトラブルがあったため短期間で退会していると思われてしまうので、次のカードを申し込む時の審査に通りにくくなってしまいます。

チェックポイント2:「支払い残高」

リボ払いやキャッシング、ボーナス払い、分割払いの残高がある場合には、カードの解約をすると翌月に残っている金額を一括して返済しなくてはならなくなります。そのため支払いの残高分が銀行口座に無い場合には、リボ払いやキャッシングの残高を払い終えてからクレジットカードの解約を行いましょう。

チェックポイント3:「引き落とし先」

公共料金や携帯電話の支払いなどをクレジット決済にしている時には、まず必ず引き落とし先を変更してから解約をしてください。とくに注意したいのが携帯電話の引き落としで、決済ができないと遅延損害金が発生するだけではなくクレジットヒストリーにも傷がついてしまいます。

クレジットヒストリーは、クレジットカードの利用状況や情報だけが記載されているイメージですが、実はローンの返済状況、携帯電話の支払い状況についても過去5年分が記載されています。そのため携帯電話の料金が引き落とせないとクレジットカードの支払いができていない状態と同じ滞納扱いになってしまうのです。

以前契約していたクレジットカードの支払いには延滞やトラブルがないのに別のクレジットカードの審査に落ちてしまう理由として、クレジット以外の携帯電話の料金滞納などでクレジットヒストリーに傷がついていることもあるので特に気をつけましょう。

チェックポイント4:「ポイントの残高」

クレジットカードの解約をすると、残っているポイントが消滅してしまいます。カード会社によっては解約の申請から数日間はポイントの交換ができることもありますが、殆どのクレジットカード会社では解約の申し込みと同時にポイントが消滅してしまいます。

せっかく貯めたポイントが失効してしまうと勿体ないので、解約の申し込みをする前に、残っているポイントは景品や他のポイントに交換してから解約をしましょう。

チェックポイント5:「追加カード」

クレジットカード会社から追加で申し込みをした家族カードやETCカードなども、解約と同時に使えなくなってしまうので、家族カードがある場合には解約する旨を伝え、カードはシュレッダーやハサミで切って破棄しましょう。

クレジットカードの解約方法

クレジットカードの解約方法はごく簡単で、クレジットカードの裏面に記載してあるサポートデスクに電話を掛けて、オペレーターに退会の旨を伝えるだけです。

またカードの退会を行う際に、クレジットカードを破棄するようにオペレーターから伝えられるので、クレジットカードをシュレッダーでカットして破棄しましょう。シュレッダーが無い場合には、ハサミでも良いのですが、とくに個人情報データが記録されている裏面の黒い磁気テープとICチップ部分は悪用されない様に必ず小さく切ってから捨ててください。

DCカードを退会して別のクレジットカードを探す時のポイント

次の新カードをといってもカードの種類は多く、見つけるのはとても大変です。そこでDCカードの弱点をカバーできる特長を持ったカードを3種類ピックアップしてみましたので、新しいクレジットカードを探す時の参考にしてください。

おすすめ3枚のカードピックアップ

  VIASOカード
ACマスターカード
VIASOカード
VIASOカード
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード
ザ ポイント
海外ブランド

MasterCard

MasterCard

VISAMasterCard

年会費
無料
無料
無料
ポイント付与
なし
1000円=5P
ETC利用でポイント2倍
100円=1P
(還元率1%)
特長

・最短30分の即日審査、即日発行
・パート、アルバイトでも申し込みができる

・「VIASOeショップ」経由で最大10%ポイント還元

・入会後6カ月はポイント還元率が2倍


退会時のポイントまとめ

クレジットカードの退会手続きは驚くほど簡単で、サポートデスクに退会をしたい旨を伝えるだけです。中には退会の理由を聞かれるクレジットカード会社もあるかもしれませんが、あくまでもアンケートの様なもので、退会をしぶられることはありません。

しかし退会手続きを取ると、その時点からはクレジットカードが使えなくなってしまうので、何も考えずに退会すると支払いの残余金が一括請求される、携帯電話料金の引き落としができずクレジットヒストリーに傷がついてしまうなど、大変な事態を招いてしまうこともあります。あらかじめ退会前のチェック項目を確認してから手続きを行ってください。

クレジットカードの退会を行った場合、もう一度同じクレジットカードに入会するためには新規入会と同じ手続きが必要になるほか、場合によっては審査が厳しくなってしまうこともあるので、今後使う可能性があるかどうかを慎重に考えてから解約手続きを取るようにしましょう。

またクレジットヒストリーにはクレジットカードの退会や入会の記録も残るため、カードの解約後すぐに入会申請をしたことで、何かトラブルがあったから退会したのではないかと疑われてしまわないように、解約したいクレジットカードの退会申請前に新しいカードの入会申し込みを行うほうが有利な場合もあります。

クレジットカードは簡単に入退会を繰り返せるものではないので、どのクレジットカーに申し込むかを選ぶときには、長く使っていけるかどうかもポイントにして選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ