イオンカードセレクトのキャンペーンと審査について

日々の買い物のうち、食品や日用品をもっとも購入する機会が多いのが「スーパーマーケット」で、食料品や日用品の品ぞろえが多く、生活に必要なものの多くを購入することができます。

スーパーにはライフ、ゆめタウン、ダイエー、フジグラン、西友などがありますが、中でもイオンは全国で465店舗を展開している最大規模の総合スーパーで、アパレルブランドや映画館などと併設したショッピングモールになっていることも多く、休日に買い物と合わせて映画館やショッピングモールの利用をし、イオンのスーパーで買い物をするという方も多くいます。

イオンでは定期的にクーポン券を発行するキャンペーンを行う、毎月10日はポイント5倍になるなど、利用者にとってお得な企画も多くあります。

さらにお客様感謝デーとして毎月20日・30日にはイオンの発行しているクレジットカードを提示することで買い物の代金が5%OFFになるなど、クレジットカードを利用することでポイントを沢山獲得できるキャンペーンも行っているのでイオンを利用する機会のある方には、イオンの発行しているクレジットカードは必見のアイテムなのです。

イオンの発行しているカード「イオンカードセレクト」とは

イオンカードセレクトのスペック

・年会費
無料

・国際ブランド
VISA/MasterCard/JCB

・ポイント獲得
クレジットカードポイント(ときめきポイント)
200円利用=1円
電子マネーポイント(WAONポイント)
200円利用=1ポイント

・ポイント利用
1ポイント=1円として買い物の際に使える

イオンカードセレクトの特長1:「3つの機能が1つに」

イオンカードセレクトは、クレジットカードである「イオンカード」と、イオン銀行の「キャッシュカード」、そしてイオングループで使うことができる電子マネーの「WAON」の3つのカードが1つになっています。

クレジットカードと電子マネー、銀行カードをそれぞれ持つとすると、お財布の中がごちゃごちゃしてしまいがちですが、3枚のカードの機能が1枚に合わさっているのでお財布をスッキリ使うことができます。

イオンカードセレクトの特長2:「ポイントの2倍取りが可能」

イオンカードセレクトは、1枚のカードの中にクレジットカード機能と電子マネーWAONの機能が搭載されています。電子マネーWAONはあらかじめチャージしておくことで、会計の際に電子マネーを消費して買い物をすることができます。

まずWAONのチャージをクレジットカードで行い、チャージ額分のクレジットポイントを獲得します。次にWAONを使うことによって、電子マネーを利用した時のポイントも獲得することができるため、クレジットカードでチャージして電子マネーを使うという方法で、単に電子マネーやクレジットカード払いにする時の倍のポイントを獲得することができるのです。

(例1)
1, 000円の買い物をして、クレジットカード払いにする。
クレジットポイントは200円利用=1ポイントなので、クレジットポイントを5ポイント獲得
→計5ポイント

(例2)
まずクレジットカードで1,000円のWAONチャージを行い、次にWAONで1,000円の買い物をする。
クレジットポイントは200円利用=1ポイントなので、クレジットポイントを5ポイント獲得+電子マネーWAONポイントは200円利用=1ポイントなので、電子マネーポイントを5ポイント獲得
→計10ポイント

イオンカードセレクトの特長3:「ポイントステージ制度」

過去半年間のイオン銀行口座からのイオンカード利用料金引き落とし金額+WAONの利用金額の合計額によって、イオン銀行で受けられる優遇の内容が変わってきます。

・ステージ制度
ステージ 過去半年間のイオン銀行口座からのイオンカード利用料金引き落とし金額

WAONの利用金額
なし 10万円未満
ステージ1 10万円以上30万円未満
ステージ2 30万円以上50万円未満
ステージ3 50万円以上

・ステージ特典

  ステージ適用なし ステージ1 ステージ2 ステージ3
WAONポイントプレゼント率
(通常200円で1WAONポイント)
- 1.5倍 2倍 3倍
例)5のつく日にイオンカードセレクトでオートチャージ(2000円ご利用の場合) 10waonポイント 15waonポイント 20waonポイント 30waonポイント

過去半年間のイオン銀行口座からのイオンカード利用料金引き落とし金額

WAONの利用金額
10万円未満 10万円以上30万円未満 30万円以上50万円未満 50万円以上

イオンカードセレクトの特長4「新規入会キャンペーン」

2016年2月15日〜2016年4月30日までのキャンペーンとして、新規入会で最大5,000ポイントのときめきポイント(クレジットポイント)をもらうことができます。

<ポイント内訳>
1:新規入会+Web明細登録で1,000ポイント
2:入会したカードで2016年6月30日までにカードを利用して計30,000円以上の買い物をすると3,000ポイント
3:イオンカードセレクトの追加カードとして発行したETCカードを2016年6月30日までに計6,000円以上利用すると1,000ポイント

イオンカードのまとめ

イオンカードセレクトは、イオングループを利用する機会の多い方で、とくにイオン銀行も合わせて利用する方におすすめのカードです。イオンカードセレクトを利用することによって、ポイントが2倍取りできるだけではなく、半年間の利用額に応じてイオン銀行での特典を受けることが可能であり、また公共料金の引き落としや給与受け取り口座にすることによって、WAONポイントを獲得できるなど、イオンを利用するほどお得になる特典やサービスがたくさんあります。

イオンカードの申し込み前に確認しておきたい審査について

申し込み資格について

クレジットカードの審査内容については明示されていませんが、申し込み時点に確認できる「申し込み資格」についてはクレジットカード会社やクレジットカード紹介をしているHP上に明記してあります。

例えば、イオンカードセレクトは「18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方」となっており、18歳以上で電話連絡ができれば申し込み資格を満たしているので、学生や専業主婦の方でも申し込むことができます。

審査についての3つのポイント

イオンカードセレクトに限らず、クレジットカードの申し込みをすると、クレジットカード会社はまず申し込み資格を満たしているかを確認した後、申込者に支払い能力があるかの審査を行います。審査の基準はそれぞれの会社によりますが、おおまかな審査項目からどのようなポイントを見ているかを知ることができます。

@「収入」
独身の方であれば申込者本人の収入が審査の対象となり、主婦であってもパートやアルバイトをしている場合にはパートやアルバイトの収入+配偶者の収入の合算が審査の対象となるため、申込書に正確に記入しましょう。クレジットカード会社は、クレジット払いにしたものの代金をきちんと支払えるかどうかを審査するため、嘘を書いてしまうと嘘がばれた時点で審査に落とされてしまうことがあるので、申込書には必ず正直に記入してください。

A「居住形態」
持ち家でローンがなく、また居住年数が長いことが最も審査に有利になるといわれていますが、借家であっても居住年数が長ければきちんと家賃を収めているという証明にもなります。クレジットカード会社は、万が一代金を支払えなくなったり、代金を支払わないといったトラブルが起きた時に居所を特定したり連絡するために必ず居住形態はチェックされるため、居住形態についても正しく記入しましょう。

B「クレジットヒストリー」
過去半年分のクレジットカードの申込み状況や、過去5年分の利用履歴などは個人情報機関というところに保管されており、クレジットカードの使用歴という意味で「クレジットヒストリー」と呼びます。

クレジットカード会社は申し込みを受けると個人情報機関へ問い合わせを行い、申込者が過去にクレジットカードで未納や滞納といったトラブルなどを起こしていないかをチェックします。過去のトラブルに心当たりのある方は、信用情報機関に自分のクレジットヒストリーの開示を求めることもできるので開示請求をして確認してみてください。

イオンカードセレクトのキャンペーンと審査のまとめ

イオンは全国展開しているスーパーの中でも最も多い出典数を誇っており、映画館やショッピングモールなどの商業施設と併設されていることも多いため、休日の買い物や遊びに行った帰りに利用することも多いスーパーです。

イオンをお得に利用する際には、クレジットカード機能、電子マネー、イオン銀行のキャッシュカードが1つになったイオンカードセレクトを利用することで、ポイントを沢山獲得したり、銀行のサービスと合わせてお得に利用することができます。

ただしイオンカードはクレジットカードなので、他のクレジットカードと同様に必ず入会申し込み後に審査が行われるため、自身のクレジットヒストリーを再度確認するなど、審査に落ちてしまわないためにあらかじめ状態をチェックしておきたいものです。2016年3月現在、イオンでは新規入会キャンペーンも行っているためイオンをよく利用する方やイオン銀行を利用する機会のある方はイオンカードセレクトの検討をしてみましょう。

イオンカードよりもお得なオリコカード ザ・ポイント

イオンカードは年会費が無料で、お得な付帯サービスも数多くありますが、イオンカード以上にお得で年会費が無料なカードがあるのです。

オリコカード ザ・ポイントの魅力はポイントがとにかく貯まりやすい

イオンカードのポイント還元率は、200円→1ときめきポイントが貯まる還元率(0,5%)ですが、オリコカード ザ・ポイントは100円→1オリコポイントが貯まる還元率(1,0%)です。 また、入会から6ヶ月間はポイント倍増キャンペーンとして通常還元率1,0%+1,0%の常時2,0%の還元率になります。 常に2,0%になるクレジットカードは他にはなく、高還元率であることが分かりますが、ネットショッピングを利用する際はさらに還元率が上がります。

ネットショッピング利用で最高還元率17,5%

ネットショッピングを利用する際、オリコカードの独自のネットモール「オリコモール」を経由して各ショッピングサイトで商品を購入すると、還元率が最大で15%上乗せされます。 また、オリコモール利用をすると特別加算として0,5%付与されるので通常還元率やキャンペーン還元率を加えると下記のようになります。 オリコモールを経由して楽天市場でショッピングした場合(入会後6カ月間) カード利用(1%)+6カ月間特別加算(1%)+オリコモール特別加算(0.5%)+楽天市場利用(15,0%)=17,5%還元! 毎月10万円利用をすれば、21万円分のオリコポイントが付与されることになります。 また、毎回のショッピングが17,5%引きで購入ができると言うことになりますね。

ポイント交換先は豊富で即日交換

オリコカードで得られたポイントはオリコカード独自のオリコポイントを獲得することになります。 500Pからamazonギフト券(500円)に交換可能! amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINE ギフトコード・ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券は、ポイント交換後すぐにクーポンIDを交換画面に表示します。 Tポイントは、お申込み後、すぐにポイント移行が完了します。 →画像挿入お願いします。画像をつなげてください。




ポイント!

オリコカード ザ・ポイントのスペックは年会費無料で、ポイント還元率が最高17,5%の高還元率やポイント交換先が豊富! ポイント還元率に悩んでいる方や年会費無料が良いという方はオリコカード ザ・ポイント1択! オリコカード ザ・ポイント以上にポイント還元率に優れているクレジットカードはありません!

まず、申し込んでから受け取るまでの期間が速く、年会費はかかりません。 オリコカードは、ショッピング、ゲームなどのエンターテイメント、自動車購入の時に支払いで利用でき、その都度ポイントが還元されます。 機能は電子マネー(iD、QUICPay)や、追加で増枠することで最高300万円まで利用限度額が上がりますし、他に家族カードやETCカードにも年会費無料で加入できます。



オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与(還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ