リクルートカードがポイントで選ばれている3つの理由

ショッピング重視のクレジットカードなら、リクルートカードで!

クレジットカードをつくるとしたら、なるべくお得に買い物ができるカードを選びたいと考える方は少なくないでしょう。

クレジットカードには、支払いに利用することでポイントがたまり、たまったポイントにおうじてキャッシュバックや商品券に交換できるサービスを行っているものがたくさんあります。ですがポイントの還元率はカードによって大きく異なるので、お得に買い物ができるかどうかは最初のクレジットカード選びが肝心となってきます。

リクルートカードは、お得にお買い物ができるクレジットカードを探している人にはおすすめの1枚です。

リクルートカードは、株式会社リクルートホールディングスが発行しているクレジットカードです。一口にリクルートカードといっても、VISAとJCBの二種類の国際ブランドが存在しています。

リクルートカードの魅力の一つは、付帯保険が充実している点でしょう。
リクルートカードではVISAとJCBともに海外旅行では最大2,000万円、国内旅行では最大1,000万円の旅行障害保険が、どちらも利用付帯で付いています。

さらにショッピングの際には、リクルートカードで購入した商品の破損や盗難などの損害を補償する、ショッピング保険が利用できます。補償額はVISAもJCBも同額で、年間200万円まで。国内はもちろんのこと、海外でも購入日から90日間は保障されるので、海外へ出かける機会の多い人にとっては持っていると安心できるサービスです。

またリクルートカードは、ETCカードを追加することもできます。

年会費はどちらも無料です。しかし新規発行の際にはJCBなら無料ですが、VISAの場合は1,050円の手数料がかかってしまいます。ETCカードの利用も考えてリクルートカードを発行しようと考えているのであれば、JCBブランドを選びましょう。

このように、リクルートカードにはさまざまなサービスが付いています。しかし、リクルートカードがお得である理由は、それだけではありません。

リクルートカードの何よりも大きな特長は、買い物の際に付与されるポイントにあるのです。

リクルートカードのポイントがお得である3つの理由とは?

@〈高いポイント還元率〉
リクルートカードのポイントがお得な一番の理由は、ポイント還元率の高さにあるといっても間違いではありません。

リクルートカードでは、100円につき1.2ポイントという高い割合でポイントが付与されます。

しかもこのポイント率は通常の買い物でリクルートカードを利用した場合となり、オンラインショッピングサイトであるポンパレモールでの買い物なら4.2パーセント、じゃらんでの宿泊予約であれば3.2パーセントと、さらに高い割合でポイントをためることができます。

たまったポイントは上記のじゃらんやポンパレモールのほか、HOT PEPPER Beauty、赤すぐnetといった、10以上のサービスに利用できます。旅行にショッピング、グルメに美容など、さまざまな目的で利用できる点も魅力でしょう。

ただし、このポイントには有効期限があります。最後にポイントが付与された月の12ヵ月後の末日に消失してしまうので、注意が必要です。

A〈初年度だけではなく、ずっと年会費が無料〉
ポイント率が高いクレジットカードには、初年度もしくは翌年度以降のカードの利用に年会費がかかるものも少なくありません。しかしリクルートカードは「年会費無料」「ポイント還元率」を重視する方にとって、お得すぎるクレジットカードなのです。

リクルートカードが登場するまで、永久無料のクレジットカードの基本的なポイント還元率は1パーセントが最高でした。それを上回る1・2パーセントの還元率を持ち、しかも特定の店舗に限定されずポイントが得られるリクルートカードは、永久無料のクレジットカードとしては非常に魅力的です。

B〈電子マネーのチャージにも対応〉
リクルートカードは、一部の電子マネーのチャージでもポイントが加算されるようになっています。しかしVISAとJCBでは対象となる電子マネーの種類が異なっているので、注意してください。

VISAもJCBも、nanacoやモバイルSuicaといった、広い範囲で利用できる電子マネーでポイントがたまるので効率的です。

しかし対応している電子マネーの種類から判断すると、先にあげた2種類に加えて楽天EdyとSMART ICOCAにも対応しているVISAブランドの方が多くの場所で利用できるので便利です。普段から利用している電子マネーの種類も考えて、どちらのブランドを選択するか決めるといいでしょう。

リクルートカードの審査条件は?

リクルートカードは非常にお得なポイントサービスを備えているですが、そうなると気になるのは、リクルートカードの審査条件でしょう。

リクルートカードの申し込み資格はVISAもJCBも同様で「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入がある人。または、18歳以上の学生の方(高校生はのぞく)」となっています。本人に収入がなくても配偶者が安定して収入が得られる職業に就いていれば申込みが可能となっており、幅広い人を対象としています。自分に収入がなくてもお得に買い物ができるリクルートカードが発行できるのは、買い物をする機会の多い専業主婦の方にとっては大きな助けとなります。

しかもリクルートカードは審査スピードも早く、早ければ申込みから7日で自宅に届きます。

このように、リクルートカードはお得なポイントサービスを備えている上に、多くの人が申込むことができる魅力的なクレジットカードだといえます。

しかしクレジットカードを発行したいと考えている人の中には、貯まったポイントを現金での買い物に活用したい人や、7日よりも早くカードをつくりたいと考えている人もいるでしょう。

そんな方たちにオススメしたいクレジットカードが、VIASOカードです。

現金でのお買い物なら、VIASOカードのポイントがお得!

三菱UFJニコスが発行しているVIASOカードも、年会費が無料でありながらお得なポイントサービスを備えているクレジットカードです。

VIASOカードの支払いによって得られる基本的なポイントは0.5ポイントですが、しかしこのVIASOカードの場合は、VIASO eショップという公式ウェブサイトを経由してVIASOカード支払いで買い物を行うと、それぞれの店舗ごとに設定された割合のボーナスポイントがたまります。
楽天やyahoo! ショッピングといった大手のインターネットショッピングサイトでも、1.0パーセントのポイントがついてきます。通常ポイントも加算されるので、楽天やyahoo!ショッピングで買い物をすると1・5パーセントのポイントがつくことになります。VIASO eショップの店舗では、期間限定で6.0パーセントまでポイントアップを行っているところもあるので、うまく活用することで効率よくポイントをためることができるでしょう。

VIASOカードの特長は、ポイント率だけではありません。VIASOカードでたまったポイントは、1ポイント1円として自動的にキャッシュバックされる、オートキャッシュバックという仕組みになっています。これは現金で買い物をする機会が多い方や、たまったポイントをお金に変換するのが面倒だと感じている人にとってはお得なシステムです。

ただし、キャッシュバックされるのは1,000ポイント以上の場合で、入会日から1年以内に1,000ポイントたまっていないとポイントが消失してしまうため、注意してください。

携帯電話料金や電気料金の支払いにVIASOカードを利用してもポイントがたまるので、日常的にVIASOカードを利用することでポイントが消失する心配は少なくなるでしょう。

このように便利な機能を持ったVIASOカードですが、カードが発行されるスピードはもっとも早くて申込みの翌営業日となっています。急いでクレジットカードを作りたい人には、こういった特長からもVIASOカードがおすすめです。

さらにVIASOカードの申込み資格は「原則として18才以上(高校生は不可)で、電話連絡が可能な方」となっており、申し込める対象が広く設定されています。

審査が不安な方、即日発行希望の方など、多くのニーズに合わせて申し込むことが可能です。充実したポイントサービスやオートキャッシュバックがついたVIASOカードは、非常に魅力的なクレジットカードであると言えるでしょう。ポイントを重視してクレジットカードを選びたいと考えている方は、VIASOカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「自動キャッシュバック」VIASOカードであれば、 ポイントを余すことなくキャッシュバックすることができるので、 キャッシュバックに興味のあるひとは、VIASOカードを選んでおきましょう!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
最大10.5% 最高2000万円 - 最高100万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ