楽天カードでANAマイルを普段からお得に貯める方法

現在は多くのクレジットカードで支払い時にポイントが獲得できるシステムになっています。

例えば三井住友VISAカードであればワールドプレゼントポイント、楽天カードであれば楽天スーパーポイント、JCBカードであればOkidokiポイントなど、各社によって貯められるポイントが異なり、獲得したポイントは景品カタログから欲しいものと交換したり、カードの利用代金の一部に充てたりすることもできますが、他のポイントと交換することもできます。

他ポイントへの交換とは?

ここで注目したいのが、貯めたポイントを別の他ポイントへ移行する選択方法です。
カードのポイントは結構貯まっているけれど、使い道がない。
サブカードのポイントが思った以上に貯まってしまったなど、そういったときには、ポイントを別ポイントへ移行、または交換してしまいましょう。

交換先には、電子マネーや飲食店のチャージポイントなどがありますが、中でも人気なのが「マイル」への交換です。

「マイル」とは、各航空会社のポイントを総称したもので、飛行機に搭乗するとポイントが貯まり、一定数のポイントが貯まると航空チケットや席のアップグレード、特典などと交換することが可能になっています。

とくに飛行機を使って旅行へ出かける機会の多い方や、海外旅行が趣味だという方、普段の生活や支払いでマイルを貯めておいて、年1度の旅行を安く・豪華に楽しみたいという方にもおすすめのポイントです。

マイルの貯め方とは?

マイルの貯め方の王道は飛行機へ搭乗した場合に獲得するものですが、年間のうち何度も飛行機に乗って移動するという方はあまり多くありません。そこでクレジットカードで貯めたポイントをマイルへ交換するという方法が最もマイル獲得への近道となっています。

しかし一般的なクレジットカードのポイントをマイルに交換する時には、マイルへの交換手数料として、年間6,000円+税(三井住友VISAカード)、年間5,000円+税(アメリカン・エキスプレスカード)が掛かってしまい、交換ポイントが少額であれば手数料ばかりかかってしまいます。

そこでマイルのうちANAが発行しているANAマイルへの交換手数料が必要なく、ポイントの獲得率も高いカードが登場してマイルユーザー(マイラー)に注目されているカードがあります。

それがANAと楽天カードが提携した「楽天ANAマイレージクラブカード」で、ANAのマイレージクラブカードと楽天のクレジットカードが合わさったカードです。

楽天ANAマイレージクラブカードとは?

楽天ANAマイレージクラブカードのスペック


年会費

500円+税
初年度無料
年1回でも利用があれば翌年度の年会費無料

国際ブランド

MasterCard/JCB/VISA

カードの特長@「2つのコースからライフスタイルに合わせて選択できる」

・「ANAマイルコース」
200円のクレジット利用=1ANAマイル

・「楽天スーパーポイントコース」
100円のクレジット利用=1楽天スーパーポイント

※楽天グループでのクレジットカード利用時、キャンペーンポイントについてはコースにかかわらず、楽天スーパーポイントで進呈されるため、すべてのポイントをANAマイルにしたい場合には貯まった楽天スーパーポイントをANAマイルに自身で交換する必要があります。

※ANAマイルコースを選択している場合には、楽天グループ以外でのクレジットカード利用ポイントをANAマイルに自動交換を行い、翌月15日頃までにANAマイレージクラブのマイル口座にポイントが加算されます。

※ANAマイルは有効期限が3年間です。

カードの特長A「ANA・楽天2つの機能をセットで使える」

・ANAマイレージクラブ機能

ANA飛行機の搭乗、ANAが提携している店舗を利用することによってもANAマイルが貯まり、貯めたANAマイルは航空券や商品券と交換することができます。またANAマイレージクラブ機能によって、予約・購入・座席指定をあらかじめオンライン上で済ませている搭乗者については空港での搭乗手続きなしに直接保安検査場に行くことができる「スキップサービス」の利用も可能です。

・楽天カードの保険機能

旅行中に万が一クレジットカードを盗難され不正利用された場合にも損害額が補償され、また海外旅行中の傷害保険が自動で付帯されています。

※海外旅行傷害保険

付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害保障 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害[自己負担額] 最高20万円[3,000円]
救援者費用 最高200万円

カードの特長B「楽天Edy・機能楽天ポイントも一体化」

・楽天Edyカード機能

楽天Edyは楽天グループが展開している電子マネーで、楽天Edyを使うことによって楽天スーパーポイントが貯まります。楽天Edyは全国で40万か所の加盟店で利用することが可能なので、使う場所を選びません。

・楽天ポイントカード機能

貯まった楽天スーパーポイントを使うことができる「楽天ポイントカード」の機能も付いており、加盟店で現金での代わりに楽天スーパーポイントを使って支払うこともできます。

ポイントの獲得例(ANAマイルコース)

月々の支払い

  マイル
公共料金 15,000円 75
携帯代金 10,000円 50
買い物代 25,000円 125
  250

→1か月250マイル×12か月=3,000マイル

旅行代金(東京―沖縄)2人・3泊・積算率50%

  マイル
ANA楽パック 170,000円 1,700
国内線フライトマイル(50%)   612
  2,312

→年間3回同様の旅行を行うと仮定1回2,312マイル×3回=6,936マイル

・年間獲得マイル
3,000マイル+6,936マイル=9,936マイル

獲得したANAマイルの交換例

・航空券への交換

搭乗するシーズンや目的地によって異なりますが、例えば東京から名古屋であれば人の少ないローシーズンであれば片道5,000マイル、往復10,000マイルで搭乗券と交換することが可能です。土日や旅行シーズンなどのハイシーズンであれば、ローシーズンのおよそ1.5倍のマイル数で渡航することが可能です。

・アップグレード

区間距離、国内外によって必要になるマイル数が異なりますが、例えば東京―香港間のシートをエコノミークラスからビジネスクラスにする場合には、片道12,000マイルが必要になります。

・ANAセレクション
10,000マイルからANAおすすめの商品と交換することができます。

楽天ANAマイレージクラブカードを持った方がお得な方

「楽天ANAマイレージクラブカード」は、ANAマイレージクラブカードと楽天のクレジットカード、楽天Edyカード機能、楽天ポイントカード機能の4つのカード機能が1枚に合わさったカードなので、複数枚のカードを持ちたくないという方におすすめのクレジットカードです。またANAマイルを使う機会が多い方、飛行機の搭乗をする手続きを省ける「スキップサービス」を活用できる方、海外旅行へ行く機会がある方であれば楽天の海外旅行保険が付帯されているので便利です。

そのため、とにかくクレジットカードのポイントをマイルで貯めたいという方であれば、「ANAマイレージクラブ機能」でも、クレジットカードの支払代金からもマイルを貯めたり交換することが容易になるのですが、ANAマイレージクラブ機能を使う機会があまりない方、年に1度飛行機に搭乗するかしないかという方はマイルをたくさん貯めても、あまり利点があるとは言えません。

またANAマイルは有効期限が3年間となっているので、有効期限を迎える3年以内にポイントを交換しなくては、ポイントが失効してしまいますし、マイルを利用して搭乗できる無料特典航空券には限りがあるため、海外旅行客の多いシーズンであれば早めに予約しておかなくては空きがない場合もあります。

そこでANAマイルに交換するという選択肢は残しておきたいものの、ANAマイルのヘビーユーザーではないという方、年間1度飛行機に搭乗するかしないかという方には、「楽天ANAマイレージクラブカード」よりも「楽天カード(一般カード)」のほうがおすすめです。

楽天カード(一般カード)のスペックとは?

カードのスペック

カードフェイス

年会費

永年無料

国際ブランド

MasterCard/JCB/VISA

楽天カードでのANAマイルの交換

50ポイント以上2ポイント単位で、楽天スーパーポイント2ポイント=ANA1マイルでのポイント交換をすることができます。

楽天カードでANAマイルを普段からお得に貯める方法・まとめ

飛行機を使って移動をする際にはまとまった金額を支払うことになるため、クレジットカードで決済をするという方は少なくありません。また搭乗の機会が多いほど、航空会社のマイルに登録してマイルを貯めることによってお得にポイントを貯め、次回以降のアップグレードや航空券に交換することも可能になっています。

国外線を利用する際にも、国内の空港発着だと便数が多いことから日本の航空会社を利用する方も多く、日本の航空会社を利用する方が機内でのコミュニケーションも取りやすく、機内食の好みでANAを選ぶ方も多いのです。そのため各航空会社が行っているマイルサービスの中でも、日本国内に住んでいる場合にはANAマイルは使いやすいと言えます。

ただし、ANAマイルは3年間の有効期限付きなので、高頻度で飛行機を使って移動するという方は「楽天ANAマイレージクラブカード」を、頻度は高くないけれども、ANAマイルへの交換手数料を支払うことなく、さらにANAマイルへ交換するという選択肢を持っておきたいという方には「楽天カード」がおすすめです。ライフスタイル、旅行や飛行機への搭乗頻度などを確認しながら、ANAマイルと最もうまく付き合うためにぴったりのクレジットカードを選んでおきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ