ジャックスカードの解約方法とラブリィポイントの使い方

入会特典に惹かれてクレジットカードの契約をしたものの、案外使う機会が無く別のカードへ切り替えたいと考えることもあります。 ここではジャックスカードを既に持ち、別のカードへ切り替えをする前の退会する方法と、退会する前に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

ジャックスカードの特長や特典

年会費

1,250円+税

申し込み条件

高校生を除く年齢18歳以上で電話連絡可能な方
※未成年者の場合は、親権者の方の同意が必要です。

ポイントプログラム「ラブリィポイント」

200円利用=1ポイント
ポイント還元率は0.5%

特長1「ポイント」

前年度の利用額に応じて翌年のポイント優遇率が最大で100%アップするので、使うほどポイントが貯まるだけではなく、翌年もお得に利用することができます。

特長2「海外旅行傷害保険」

海外旅行の傷害保険が自動付帯されており、補償内容は以下の通りです。
・傷害死亡・後遺障害 2,000万円
・傷害治療費用    200万円
・疾病治療費用    200万円
・賠償責任      2,000万円
・救援者費用     200万円
・携行品損害     20万円

特長3「国内旅行保険」

国内旅行の傷害保険は、旅行の費用を事前にカード決済で支払う事で適用されます。
・後遺障害、死亡保険金 最高1,000万円

オススメしたい方

クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が適用されるので、よく海外旅行をする方には特にオススメです。またポイントも200円利用=1ポイント獲得=還元率0.5%なので、ポイント率が高いカードを持ちたい方にもオススメです。

一方で海外旅行へ行く機会もなく、年会費のかからないカードを持ちたい方にはあまりメリットのないカードになってしまいます。

退会前にチェックする5つのポイント

ポイント1:「入会から退会までの期間」

クレジットカードの支払いや加入情報が載っているクレジットヒストリーには、クレジットカードの申し込み状況が過去6カ月分、クレジットカードの入会・退会状況が過去5年分記載されています。

とくに短期間で入会と退会を繰り返していると、入会特典目的のクレジット契約だと思われたり、何かトラブルがあったため短期間で退会しているのではないかと疑われてしまうので、別のカードを申し込む時の審査に通りにくくなってしまいます。

短期間での解約にはクレジットヒストリーや審査の観点から見ると、マイナス要素になることばかりなので、少なくとも6カ月、できれば1年以上は退会をしない様にしてください。

ポイント2:「リボ払い・分割払いなどの残高」

カードの解約をすると、翌月にリボ払・ボーナス払い、分割払い、キャッシングローンの残高を一括して返済しなくてはならなくなります。銀行の引き落とし口座に支払えるお金がない場合には、リボ払いやキャッシングローンを払い終えてからクレジットカードの退会手続きを取ってください。

ポイント3「ETC・家族カード」

クレジットカード会社に追加で申し込みをした家族カードやETCカードも退会すると使えなくなってしまいます。間違って使わないためにも退会と同時に追加カードもシュレッダーやハサミで切って破棄しましょう。

ポイント4: 「引落先の変更手続き」

クレジット決済で公共料金や携帯電話料金を支払っている方は、まず必ず引き落とし先を変更してから解約をしてください。とくに携帯電話料金の支払いには注意が必要で、決済ができないと遅延損害金が発生してしまうだけでなく、クレジットヒストリーにも未納や滞納と記載されてしまいます。

実はクレジットヒストリーには、クレジットカードの利用状況や情報だけではなく、ローンの借り入れ状況・返済状況、携帯電話の支払い状況についても過去5年分にわたって記録されています。別のクレジットカードの申し込みをした際の審査に落ちてしまわないように、きちんと手続きをしておきましょう。

チェックポイント5:「ポイントの残高」

クレジットカードの退会手続きをすると、クレジットカード利用で貯めていたポイントも失効してしまいます。せっかく貯めたポイントが無駄になってしまわないよう、ポイントの交換をしてから退会の手続きを取ってください。

ラブリィポイントの使い方

ジャックスカードのポイントプログラム「ラブリィポイント」はどのような商品やポイントと交換できるのか、ポイント交換の参考にしてください。

商品と引き換える

ジャックスカードのHPからカタログを見ることができ、1,000ポイントから商品と交換することができます。

<例>
・ドリテック ネイルポリッシャー 1,700ポイント
・スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー 3,100ポイント
・ジュール コンパクトテーブルチェアセット 6,000ポイント
・パナソニック コードレススチームアイロン 8,100ポイント

ポイントと交換する

1,000ポイント以上、500ポイント単位で引き換えが可能です。

・ANAマイル
5ラブリィポイント→3マイル

・T−POINT
1ラブリィポイント→0.9ポイント

・ベルメゾン
1ラブリィポイント→1ベルメゾンポイント

・nanacoポイント
1ラブリィポイント→1nanacoポイント

商品券と引き換える

・Amazonギフト券3,000円分
3,250ラブリィポイントで交換

・クオカード3,000円分
3,250ラブリィポイントで交換

・ANASkyコイン3,000コイン
3,000ラブリィポイントで交換

Jデポ・Jデポモバイルと引き換える

Jデポとは、実際の店舗で使えるポイントで、ジャックスカードを使える店舗であればどこでも利用することができます。ジャックスカードで買い物の決済をしたときにJデポを使うと、Jデポの金額分を差し引いて請求され、1,000ラブリィポイントにつき1,050円分のJデポと引きかえになります。

<例>
3,150円分のJデポを持って買い物に行き、10,000円の商品を購入した際に、ジャックスカードで支払う事を伝える+Jデポを提示すると、10,000円から3,150円が引かれた6,850円が決済される。

一方Jデポモバイルは、ジャックスカードで決済している携帯電話料金(NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile)の利用料金のみに適用されるもので、1,000ラブリィポイントにつき、1,100円分のJデポモバイルと交換することが可能です。

寄付

1,000ポイント単位を1口として、1,000円換算で以下の団体へ寄付を行うこともできます。

退会する方法

ジャックスカードの退会方法は、まず手元にジャックスカードを用意してから、カードの裏面に記載されているカスタマーセンターへ電話を掛けるだけです。リボ払いやキャッシングなどの利用残高がある場合や、退会に際して確認事項がある場合にはオペレーター対応となりますが、それ以外の方は自動音声に従って操作するだけで、解約手続きが完了します。

クレジットカードの退会&新カード入会で気をつけたいこと

退会について

クレジットカードの退会は、書類や印鑑を揃えるような手続きの必要がなく、電話一本で済むところが殆どです。しかしクレジットカードを一度退会すると、同じクレジットカードに再度入会したいと思った場合には新規入会と同じ手順を踏まなくてはならず、場合によっては新規入会よりも審査が厳しくなってしまうこともあります。

解約前の注意事項をよく読んで極力短期間での解約は避けて、使わないカードはポイント交換をしてから解約しましょう。また退会が済んだクレジットカードは、間違いがないようにシュレッダーやハサミで小さくカットしてから捨ててください。とくに裏面の黒い磁気部分やICチップには個人情報のデータが入っているので、悪用されないためにも切り忘れが無いようにしましょう。

新カード入会について

クレジットカードの解約直後に新クレジットカードの入会申請を行うと、トラブルがあったために退会になったのではと思われてしまうことがあるので、できれば退会の手続きを取る前に新しいカードの申し込みをしておきましょう。

ただしクレジットカードには使える限度額というものが設定されており、限度額はそれぞれの個人の年収や信用度合いによって変わってくるものです。あまりにもたくさんのクレジットカードを持っている場合には、割り振られている限度額がオーバーしてしまっているために、審査に落ちてしまうことがあります。

退会するカードの枚数や、新カードの審査の厳しさなどに合わせて、入退会の申請時期を調整してみてください。

おすすめのクレジットカード

新しいクレジットカードに申し込むに当たり、たくさんのカードの中から使いやすいカードを選ぶのは大変なことです。そこで、ポイントプログラムがシンプルな「VIASOカード」と審査基準が柔軟な「ACマスターカード」を紹介します。

VIASOカード

VIASOカードは年会費無料、ポイント還元率が0.5%のポイント高還元のクレジットカードですが、1番の特長は年間で貯まったポイントが現金でキャッシュバックされることです。

クレジットカードを使っていて、ポイントの失効期限がわからなくなったり、ポイントの交換でほしいものが特になかったという経験をされたことがある方には、ポイントが自動でキャッシュバックされるので期限や交換に手間を取る必要がありません。

ACマスターカード

ACマスターカードは年会費が無料で最短だと30分の即日審査、即日発行ができるクレジットカードです。このカードは消費者金融のアコムが発行しているカードで、独自の審査基準を設けているために審査に柔軟性があるので審査に不安がある方にもおすすめです。また最短で即日発行されるため、急にクレジットカードが必要になった時にも心強い味方になります。

クレジットカード解約前のポイントまとめ

クレジットカードは信用をもとに契約されているカードだからこそ、うっかりしていただけのことがのちに大きな信用問題に発展してしまうこともあるので、取り扱いにも注意が必要です。とくに携帯電話の引落状況は5年間クレジットヒストリーにも記載されるので、きちんと引落先変更の手続きが完了してからクレジットカードを解約するようにしましょう。

また解約自体の手続きは簡単ですが、クレジットカードに申し込みをすると必ず審査が行われるので、簡単に入退会ができるものではありません。新しいカードを選択する時には、ながくお付き合いできるカードを選ぶようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ