シネマイレージRカードを使って映画を無料で鑑賞する方法

TOHOシネマズで映画を楽しむときにかかせないシネマイレージRカード

一時期は“映画館離れ”が言われたこともありましたが、最近は、自宅でのDVD観賞では決して味わえない迫力のエンターテインメント体験を求め、シネマコンプレックスや映画館へ足を運ぶ人が再び増えてきました。デートや家族でのお出かけ先に映画館を選ぶ機会も多くなっているのではないでしょうか。

なかでも、全国にシネマコンプレックス・映画館を展開する「TOHOシネマズ」は、一部の劇場に、大迫力の映像・音響体験をもたらす「IMAXRデジタルシアター」や、映画を五感で体感するアトラクション型4Dシアター「MediaMation MX4D」など最先端の設備を備えており、高い人気を誇っています。

そのTOHOシネマズでよく映画を見る人におすすめなのが「シネマイレージRカード」です。これは、TOHOシネマズで映画を見るごとにマイルが貯まるカードで、貯まったマイルは劇場内ショップでポップコーンやドリンクなどと交換できます。

シネマイレージRカードには他にも、TOHOシネマズで映画を楽しむときに役立つさまざまな機能があるので、ひんぱんにTOHOシネマズを訪れる人には大変おすすめのカードです。

6000マイル貯めると1ヵ月間無料で映画を楽しめる

シネマイレージRカードのマイルの仕組みは、映画本編上映時間1分あたり1マイルとして換算されます。窓口や自動発券機でチケットを購入するときに提示(挿入)すると、マイルを貯めることができ、このマイルは登録された年の翌年12月31日まで有効です。つまり、年初めに得たマイルは約2年間有効ということになります。

映画鑑賞で貯まったマイルは、劇場内の自動発券機、またはチケットカウンターで商品引換券と交換できます。1000マイルでポップコーンSサイズかドリンクSサイズの引換券と交換でき、6000マイルでは1ヵ月間無料で映画が見放題となる「1ヵ月フリーパスポート」の引換券と交換できます(TOHOシネマズ六本木ヒルズのみ9000マイルでの交換)。また、300マイルで上映作品のオリジナルグッズの抽選に応募することもできます。

このうち「1ヵ月フリーパスポート」は映画好きにはとても魅力的です。 6000マイルというと貯めるのが大変そうですが、年初に得たマイルはほぼ2年間は有効ですから、その間に2時間の映画(120マイル分)を50本観賞すればいいことになります。2年間に50本ということは月に約2本の換算となり、映画好きの人なら容易にクリアできそうな本数です。

映画を6本見ると、次の1本が無料になるスタンプラリー

シネマイレージRカード会員は、インターネット経由で会員専用ページにログインすると、個人情報を毎回入力することなくスピーディーにチケットを予約できます。また、過去3年分の観賞履歴が会員専用ページに記録されるので、よく映画を見に行く人にとっては、映画鑑賞の記録をつける手間が省けるのもメリットです。

さらに、シネマイレージRカード会員は、通常1800円のチケット料金が、毎週火曜日の「シネマイレージデイ」には1400円になるほか、映画を有料で6本見ると、1本無料で見ることができる「スタンプラリー」のサービスを受けることもできます(いずれも特別上映は除く)。

2年間で6000マイル取得を目指して月に2本映画を見る場合、3ヵ月で6本見ることになり、その次の1本を無料で見ることができます。月2本のペースで映画を見ていれば、3ヵ月に1度無料で映画を見ることができて、さらに2年に1度は1ヵ月間ずっと無料で見ることができます。ただし、マイルが貯まるのは有料で見た映画だけなので、計画的にマイルを貯めたい人はその点に注意が必要です。

このように、映画を見ればみるほどおトクになる、映画好きにはたまらない特典満載のシネマイレージRカードは、TOHOシネマズのウェブサイト(https://www.tohotheater.jp/index.html)から申し込みができ、劇場で即日発行されます。

申し込みに年齢制限はなく、年会費は初年度500円、更新時300円です。更新手続きは有効期限切れの3ヵ月前から受付可能で、有効期限が切れてからもさらに1年間は更新手続きができるので、更新を忘れてせっかくのマイルが無効になることはまずないでしょう。

クレジット機能つきのシネマイレージRカードセゾンでもっと便利に

年会費を払いたくない人、あるいはクレジットカードも一緒に作りたい人は、シネマイレージRカードにクレジット機能がプラスされた「シネマイレージRカードセゾン」がおすすめです。

カードブランドとしてマスターカードを選ぶと、年会費は初年度無料で2年目以降は300円(税抜)となります。年間1回以上、ショッピングやキャッシングで利用すると次年度の年会費は無料になるので、普通にクレジットカードを使う人なら、ずっと年会費無料を維持することができるでしょう。

また、シネマイレージRカードセゾン(マスターカード)は有効期限が6年間となっており、その有効期限切れ前に新しいカードが送られてくるので、シネマイレージRカードと違って、更新の手間が省けることも魅力です。

マスターカードを選んだ場合、付帯保険は特にありませんが、年会費3000円(税抜)が必要なアメリカン・エクスプレス・カードを選んだ場合は、最高3000万円までの海外・国内旅行傷害保険や、ショッピングで購入した商品の破損や盗難、インターネット上での不正使用による損害を補償する保険が付帯します。なお、シネマイレージRカードセゾン(アメリカン・エクスプレス・カード)の有効期限は3年間となります。

初年度年会費無料がうれしいマスターカードと、海外旅行に便利なアメリカン・エクスプレス・カードというそれぞれの違いを理解して、使用目的に応じてカードブランドを選ぶといいでしょう。

TOHOシネマズのマイルだけでなく永久不滅ポイントも貯められる

シネマイレージRカードセゾンはTOHOシネマズでの利用だけでなく、ショッピング利用にも便利な使い勝手のいいクレジットカードであり、さまざまな場面で有効活用できます。 たとえば、毎月5日と20日は、西友・リヴィンでカードショッピングすると、食料品から衣料品まで5%OFFになります(一部店舗・商品を除く)。また、コンサート、演劇、スポーツ、イベントなど幅広いジャンルで人気の公演チケットについて、先行予約や優待割引などの特典を受けることもできます。

また、「永久不滅ポイント」というポイントシステムも便利な仕組みです。永久不滅ポイントはその名の通り有効期限のないポイントで、ショッピング1000円ごとに1ポイントが付与されます。

永久不滅ポイントは「永久不滅ウォレット」という支払い用ポイントに交換することで、対象ショッピングサイトにおいて1円単位で利用できます。永久不滅ポイント100ポイント単位で450円分の永久不滅ウォレットへ交換されることから、実質的には0.45%のポイント還元率ということになります。

この永久不滅ポイントは永久不滅ウォレットのほか、さまざまなアイテムやAmazonギフト券、nanacoポイント、Tポイント、JALやANAのマイル、docomoの「dポイントクラブ」やauの「au WALLETポイントプログラム」のポイントなどに交換できるので、使い道に困ることはないでしょう。ギフト券類の場合、交換比率はさまざまですが、1ポイント=5円相当のものが多いようです。

なお、500以上の有名ショップサイトが集まるポイントサイト「永久不滅.com」を経由して買い物をすると最大30倍の永久不滅ポイントを得ることができ、ポイントを効率よく貯められます。

映画もショッピングも楽しみたい人にとって、TOHOシネマズのマイルと永久不滅ポイントの両方が貯まるこのシネマイレージRカードセゾンは、大きなメリットを与えてくれるカードだといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ