楽天ポイントを貯めるためにカード支払いをする時の3つのコツ

多くのクレジットカードには、クレジットカードの利用額に応じてポイントが付与されるポイントプログラムが取り入れられており、例えば三井住友VISAカードであれば1,000円の利用につき1ポイント、楽天カードであれば100円利用につき1ポイントを獲得することができます。また貯めたポイントはクレジットカードの利用代金に充当されたり、好きな商品と交換することができるなど、ポイントの利用先もカードによってさまざまです。

クレジットカードを持つのであれば、できるだけポイントを沢山貯めてお得に使いたいものですが、そのためにはライフスタイルやサービスを利用できるかどうかなど、クレジットカード選びが重要になってきます。単にポイント率が高いクレジットカードであっても、利用する機会が少なければ思ったよりもポイントが貯まりにくいという事もあります。

せっかくクレジットカードを利用するのであればサービスや特典を使いこなすだけではなく、ポイントをお得に貯めたいものなので、クレジットカードの中には提携グループでの利用やサービスの利用によってポイントが沢山付与されるプログラムや裏技が使えるクレジットカードを選んでいきましょう。

クレジットカードの中には単にクレジットカードを利用してポイントを得るだけではなく、クレジットカード会社の展開しているサービスなどを利用することによって、ポイントが通常よりも多く貰えるものもあります。

チャージやプリペイドカードなどでポイントが沢山貰えるクレジットカードとは?

クレジットカードには付帯しているサービスのICカードやプリペイド機能にチャージすることによってポイントが付与されるものがあり、クレジットカードの中でもとくに楽天カードはインターネットでのクレジット決済に便利な「バーチャルカード」と呼ばれるプリペイド式クレジットサービスも行っており、楽天カードに追加して利用することができます。クレジットカードの利用でのポイント獲得だけではなく、よりお得にポイントを貯めていくためにも付加機能も併せて利用する方法がおすすめです。

ポイントアップの例(1)

例えばJR東日本の行っているプリペイドサービス「Suica」はJR東日本の交通機関を利用する時に、あらかじめお金をチャージしておいたプリペイドカード「Suica」を利用することで、切符を買う手間が掛からず、さらに改札機にSuicaカードをタッチするだけで乗車料金の支払いができるものですが、JR東日本の発行しているVIEWスイカカードと組み合わせることでさらにお得に利用ができます。

VIEWスイカカードは1,000円のクレジット利用につき2ポイントが貯まりますが、Suicaカードにチャージを行う際にクレジットカード支払いにすることで、1,000円の利用で6ポイントが貯まります。現金でSuicaへチャージする際にはポイントが貯まることはありませんが、VIEWスイカカードのクレジット決済にすることによってポイントが3倍も貰えるという仕組みになっています。

ポイントアップの例(2)

クレジットカードの楽天カードと組み合わせて利用することができる「楽天バーチャルプリペイドカード」を利用することで、ポイントを通常よりも沢山貯められる方法もあります。楽天カードは通常は100円の利用につき1ポイントがもらえ、楽天グループでの利用ではいつでも100円の利用につき2〜3ポイントが貰える高還元のクレジットカードです。

楽天カードと楽天バーチャルプリペイドカードを合わせて利用すると、インターネットでプリペイドカードを利用する時に個人情報を守る機能が付いているだけではなく、さらに100円につき最大で4ポイントを獲得することができ、楽天カードのユーザーの中でもインターネットでのクレジット決済の機会が多い方や、ネット上でのセキュリティを重視したい方にも支持されています。

楽天バーチャルプリペイドカードとは?

楽天バーチャルプリペイドカードはインターネット支払専用のプリペイドカードで、カードという名前は付いていますが実際にカードが発行されるわけではなく、web上でカード番号が発行されるしくみになっています。楽天カードを持っており、インターネット上で利用明細や各種手続きをすることができる「e-NAVI」に登録していれば、すぐに楽天バーチャルプリペイドカードを利用することができるので、本来のクレジットカードである「楽天カード」とは別に、何枚かのクレジットカード持っているような使い方をすることができます。

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット

(1)「カード名義」
インターネット上でクレジット決済をする際には、web画面で個人情報の記入をする必要があり、セキュリティの面からどうしてもインターネット上に個人情報を入力することに抵抗があるという方も少なくありません。しかし楽天バーチャルプリペイドカードでは、カード名義をニックネームなどに設定することもできるので、支払いの際に本名を記入する必要がありません。

(2)「プリペイドカード」
楽天バーチャルプリペイドカードは、あらかじめ利用したい金額をチャージしておくプリペイドカード式となっており、500円〜30,000円までの金額から選択することができます。クレジットカードには上限金額までであれば好きな額を利用することができますが、バーチャルプリペイドカードはチャージした金額までしか利用することができないので、例えばゲームやアプリなどの課金で毎月決まった金額を使いたくない方、いくら使ったかを忘れてしまいがちなので予算を決めておいて買い物をしたい方におすすめです。

(3)「明細記録に残らない」
楽天バーチャルプリペイドカードの利用代金は、専用ページにしか記録が残らないため、クレジットカードの明細に買い物の記録を残したくない方、プレゼントなどで購入したことを内緒にしておきたい方にも使いやすい機能です。

(4)「ポイント率」
買い物をする時に現金払いをするとポイントは貯まらず、楽天カードを利用しても楽天グループ以外の利用では100円につき1ポイントの付与となっています。しかし楽天バーチャルプリペイドカードを楽天カードでチャージする場合には、通常でも100円で1ポイントが付き、さらにポイント率が100円につき2%〜3%にアップするキャンペーンを利用するとお得にポイントを貯めることができます。

(5)「複数枚持てる」
楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カードから枝を伸ばすように持つことができるプリペイド式のクレジットカードですが、1枚だけではなく複数枚持つことができるという特長があります。ネットショッピングをする際には、カテゴリやお店ごとにクレジットカードを分けておくことによって、家計の管理や上限額のチェックがしやすくなります。

(6)「発行手数料」
インターネット上で利用することができるバーチャルカードには、楽天が発行している「楽天バーチャルプリペイドカード」の他に、ライフカードの発行している「ネット専用Visaプリペイドカード」がありますが、ネット専用Visaプリペイドカードは未利用期間が3カ月を超えた場合に休眠カード維持費として毎月125円が引き落としされてしまいます。楽天バーチャルプリペイドカードは発行手数料も無料で、休眠カードの維持費もかからないのでプリペイド金額が減る心配がありません。

楽天バーチャルプリペイドカードのデメリット

(1)有効期限
楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は初回のチャージから1年間となっており、期限が切れそうなときには新しくプリペイドカードを購入して残高を移行することで、新しく購入した金額と合算して有効期限を延ばすことができます。しかし利用頻度が少なく、1年間の有効期限を忘れてしまうとせっかくチャージした金額が失効してしまうので注意してください。

(2)端数
ネットショッピングで利用する際には、とくに1円や10円単位の端数が出てしまい、さらにチャージを行って利用するか、有効期限が気になる際には新しいプリペイドカードを購入して残高を移行する方法もありますが、さらにプリペイド機能を利用する予定がない場合もあります。その際にはAmazonギフト券へのポイントに1円単位でポイント購入をすることができるので、端数が出てしまいプリペイドの利用予定がない場合にはAmazonギフト券へポイントを移しておきましょう。

楽天カードでポイントをお得に貯めるコツ

楽天バーチャルプリペイドカードには1年の有効期限があり、端数が発生した場合には新しいカードへのチャージ金額の移行またはAmazonギフト券へのポイント交換の手続きをすることになりますが、年会費がかからず、インターネット上で本来の名前以外の名義を利用でき、チャージの際にもポイントを獲得することができるためバーチャルカードを利用する際には楽天バーチャルプリペイドカードが最もおすすめです。

ポイントを貯めるコツ1「楽天グループの利用」

楽天カードは通常のポイント率が100円=1ポイント付与されるポイント率1%のクレジットカードで、一般的なクレジットカードのポイント率0.1〜0.5%と比較しても高還元のクレジットカードだと言えます。さらにポイントをしっかり貯めたい方は、楽天グループの利用がお勧めで、楽天市場の利用ではいつでもポイントが4倍、楽天トラベルではポイントがいつでも2倍獲得でき、さらにポイントアップキャンペーンを利用すればお得にポイントを利用することができます。

ポイントを貯めるコツ2「ポイント加盟店での利用」

楽天グループはインターネット上で利用できるサービスがメインですが、コンビニエンスストアのサンクス、百貨店のDAIMARU、引っ越しの日通など実際の店舗のうち楽天ポイント加盟店でクレジット決済を行うと最大で3倍のポイントが貯まります。

ポイントを貯めるコツ3「楽天バーチャルプリペイドカードの利用」

クレジットカードである楽天カードにプラスして利用することができる楽天バーチャルプリペイドカードは、あらかじめチャージした金額を、ユーザーの好みの名義で使うことができるセキュリティ性も高く管理しやすいサービスです。通常は100円利用=1ポイントですが、年に数回チャージ金額に対するポイント率が2〜3%になるキャンペーン「楽天バーチャルプリペイドカードご購入でもれなくポイント●倍プレゼントキャンペーン」があるため、ある程度利用のめどが立っている場合にはキャンペーン期間中にチャージしておくことによってポイントを通常の2倍〜3倍獲得することもできます。

楽天カードでポイントをお得に貯めるコツ・まとめ

クレジットカードのポイントはクレジットカードの利用金額によって付与されるものが一般的ですが、それだけの利用では思ったよりもポイントが貯まっていなかったりお得感が感じられない場合があります。しかしクレジットカードのポイント獲得キャンペーンだけではなく、楽天バーチャルプリペイドカードをクレジットカードの機能と合わせて使うことによって、通常のクレジットカード決済以上にポイントを獲得することも可能です。

楽天カード自体が還元率の高いクレジットカードではありますが、せっかくクレジットカードを持つのであれば沢山ポイントを貯めて、貯めたポイントを好きなものに交換したり、お買い物金額の足しにしたりしてクレジットカードの機能をすべて使い切るくらいお得に利用していきましょう。

年会費 無料
ポイント 100円=1P
発行期間 約1週間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ