三井住友プラチナカードのインビテーションを貰う方法

クレジットカードは大きく4つに分けることができ、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードがあります。

もっともベーシックで利用者が多いのが一般カードで、ブラックカードへ行くにつれて年会費が高額になり、また持っている人が希少になるステータスカードとなっています。



クレジットカードの種類


一般カード
年会費:無料〜3,000円程度
クレジットカードの中でももっとも多くの人に持たれており、年会費が無料から数千円程度のものが殆どです。各クレジットカード会社でロードサービスや付帯保険、自社グループでの割引優待など独自のサービスを付帯しているものもあり、豊富な種類の中からライフスタイルに合ったものを見つけて申し込みます。
例:エポスカード(年会費無料)
  三井住友VISAカード(年会費1,250円+税)
  ANA VISA Suicaカード(年会費2,000円+税)

ゴールドカード
年会費:2,000円程度〜30,000円程度
ゴールドカードはステータスカードの入門ともいうべきクレジットカードで、カードの券面が金色であることからゴールドカードと呼ばれています。一般カードと比較して空港ラウンジサービスや旅行保険が付帯するなど特典が拡大しており、最近では年会費が安い格安ゴールドカード、年齢の若い人を対象にしているヤングゴールドカード、なども存在します。
例:MUFGカード ゴールド(年会費1,905円+税)
  JCBゴールドカード(年会費10,000円+税)
  アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (29,000円+税)

プラチナカード
年会費:30,000円程度〜150,000円程度
ゴールドカードよりもさらにランクがアップしたクレジットカードで、プラチナカードを持ちたい方が申し込んで審査を受けるタイプのものと、クレジットカードの会員の中からカード会社が特別に招待(インビテーション)することで持つことができるタイプの2種類に分けられます。特典やサービスはゴールドカードよりもさらに充実しており、旅行保険の補償額や会員限定サービスのカバー内容が拡大するなど、VIP会員として手厚くもてなされます。
例:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円+税)
  三井住友VISAプラチナカード(年会費50,000円+税)
  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費130,000円+税)

ブラックカード
年会費:50,000円程度〜350,000円程度
クレジットカードの中で最上級のステータスカードをブラックカードといい、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの券面色が黒色だったことからブラックカードと呼ばれています。ブラックカードにはクレジットカード会社独自の厳格な審査基準が設けられており、クレジットカード会社が既存の会員の中から選んだ特別な顧客のみが招待されて持つことができます。限度額が全くないかのような高い限度額が設定されており、また電話一本で世界中の高級レストランやホテルなどの予約を取ることができるなど一流のサービスを受けることができます。
例:JCB THE CLASSカード(年会費50,000円+税)
  ダイナースクラブ プレミアムカード(年会費130,000円+税)
  アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(年会費350,000円+税)


ブラックカードはクレジットカードの頂点であり、どうしても雲の上の存在に感じてしまい、また持ちたいと思っていても現実味があまりありませんが、プラチナカードであれば高額な年会費を支払ってでもサービスを受けたい、インビテーションを受けてクレジットカードを持ちたいという方が少なくはありません。


またゴールド以上のクレジットカードとなるとクレジットカードを発行している会社独自の厳格な審査や招待の基準が設けられており、またゴールド以上のクレジットカードとなると申し込みをしたからといって審査が受けられるわけではなく、一般カードを持っている方へゴールドカードのインビテーションが送られるものや、ゴールドカードを持っている方へプラチナカードのインビテーションが送られて初めて持つことができるものが殆どです。


クレジットカードは、一般カードからゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードへいくにつれて会員専用のサービスを維持するために年会費もう高額になり、またプラチナカードからは私設秘書のように利用することができる24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯するなど、選ばれた会員限定で利用することができるサービスが付帯しています。


プラチナカードの中でも、三井住友カードが発行しているプラチナカードである「三井住友VISAプラチナカード」は、プラチナ会員限定で利用することができるホテル優待「プラチナホテルズ」、グルメ優待の「プラチナグルメクーポン」、旅行や日々のサポートが受けられる年中無休の「コンシェルジュサービス」、空港サービスの「プライオリティ・パス」への無料入会など、プラチナ会員だからこそのサービスが充実しているクレジットカードです。


三井住友カードは日本で初めて国際ブランドVISAと提携してクレジットカードを発行しているクレジットカード会社であり、国内外でも高いステータス性を誇っています。

三井住友プラチナカードの特長・ゴールドカードとの比較


三井住友ゴールドカード 三井住友プラチナカード
カードフェイス
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
年会費 10,000円+税 50,000円+税
申し込み方法 ・新規申し込み
・三井住友カードが発行しているクレジットカードからの切り替え
・プライムゴールドカード(ヤングゴールドカード)からの更新切り替え
・新規申し込み
・三井住友カードが発行しているクレジットカードからの切り替え
・ゴールドカード会員へのインビテーション(インビテーションの場合には年会費優待あり)
申し込み資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方 ※三井住友ゴールドカード独自の審査基準あり 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方 ※三井住友プラチナカード独自の審査基準あり
空港ラウンジ
サービス
全国にある28の空港ラウンジで本会員+同伴者1名まで無料 全国にある28の空港ラウンジで本会員+同伴者1名まで無料

世界120ヵ国850ヵ所以上の空港ラウンジの無料利用 (年会費399米ドルが無料)
コンシェルジュ
サービス
なし 24時間・年中無休
・トラベルアシスタンス
・エンターテイメント情報
デスク ゴールド専用デスク プラチナ専用デスク
海外旅行保険 最高5,000 最高1億円
ショッピング保険 最高300万円 最高500万円
ゴールドとの
共通サービス
・日本国内での医療・健康無料電話相談
・海外での緊急カード発行手数料無料
・ネットショッピングモール「ポイントUPモール」
・プラチナ・ゴールド会員専用「ブランドウェブストア」
・会員優待旅行サービス「VJトラベルデスク」
・写真入りカード発行可
プラチナ
ならではの
サービス
・プラチナワインコンシェルジュ
・プラチナクラブ
・プラチナダイニング
・プラチナトラベル
・プラチナゴルフ
・USJアトラクション優先入場
・宝塚歌劇優先販売
・三井住友VISA太平洋マスターズへの招待
・メンバーズセレクション
・名医によるセカンドオピニオンサービス など


三井住友ゴールドカードと比較しても、プラチナ会員ならではのサービスが多く付帯しており、とくに24時間年中無休で利用することができる「コンシェルジュサービス」や、本来は399米ドル(およそ4万円程度)の「プライオリティ・パス」に無料で登録できること、USJアトラクションの優先入場、旅行保険のカバー額の高さはプラチナ会員ならではのサービスだと言えます。


また三井住友プラチナカードはもともとインビテーションのみで持つことができるクレジットカードではありましたが、現在では新規での申し込みも受け付けているので、できるだけ早くプラチナカードを持ちたい方にも間口が広くなっています。しかし自分自身で申し込みをした場合には年会費が50,000円+税がかかってしまいますが、三井住友VISAゴールドカード会員へ送られるプラチナカードのインビテーションを受けた場合には、初年度の年会費が25,000円+税となるので、新規申し込みよりもお得に持つことができます。


三井住友プラチナカードのインビテーションを受けるための3つのポイント

プラチナ以上のクレジットカードともなれば、ハイステータスカードに分類されていることからも審査の基準も厳しく、また限度額も大きくステータス性も高いことからクレジットカード会社との信頼関係が築けていないと発行されないクレジットカードです。クレジットカードのインビテーションを受ける方法として、未納や滞納をせずにメインカードとしてクレジットカードを利用していればインビテーションが届くものもありますが、とくに三井住友カードは審査基準のハードルが高いクレジットカードなので、プラチナカードのインビテーションを貰うには優良顧客である必要があります。



チェック1 「トラブル」


クレジットカードを持つうえで当たり前のことではありますが、クレジットカード決済した金額を毎月きちんと支払えているかどうかはインビテーションを受けるに当たり大切なポイントです。未納や滞納を繰り返していると単にインビテーションを受けられないばかりか、クレジットカードの更新時にも審査落ちしてしまうことがあるのでクレジットカードの利用金額は必ず支払うように気を付けてください。



チェック2 「年間利用額」


クレジットカード会社は、顧客がクレジットカードを使うことによって提携している店舗から受け取る手数料を収入源としていることから、ただ年会費を払ってクレジットカードを持っているだけでは足りず、毎月まとまった額を利用し続けておく必要があります。とくにゴールドカード会員からプラチナカードへのインビテーションを貰うには、年間の利用額が100万円以上であることが目安だといわれています。



チェック3 「実績年数」


三井住友プラチナカードのインビテーションを貰っている方の中には、ゴールドカード取得後、毎年100万円以上をクレジット利用して2〜3年程度が経過してからインビテーションが届いている方も居ます。支払いをきちんとできているユーザーなのか、ハイステータスカードを持つにふさわしいユーザーなのかは一朝一夕に判断できるものではないので、ある程度の実績を積むことでインビテーションを受けられると考えておきましょう。


三井住友プラチナカードは、自分で申し込むことも可能なクレジットカードではありますが、インビテーションを貰う方が確実で、かつ初年度年会費もお得になる特典があります。審査に自信のある方以外は、まずは新規で三井住友カード(一般)からゴールドカードを持ちプラチナカードのインビテーションを待つ、または新規で三井住友ゴールドカードを持ってからプラチナカードのインビテーションを貰うという方法がおすすめです。


また三井住友ゴールドカードと三井住友プラチナカードでは、年会費が5倍(インビテーション時は初年度2.5倍)となっているため、ゴールドカードを持ってみて更に上のサービスを受けたいかどうかを確認してみる方法もあるため、審査に自信がない方、プラチナカードにも憧れがある方は三井住友カード、空港ラウンジを利用したい方、ステータスカードを持ちたい方やプラチナカードのインビテーションを持ちたい方は三井住友ゴールドカード、審査に自信のある方で最短でプラチナカードを手に入れたいという方は三井住友プラチナカードに申し込んでみてください。

まずは、ゴールドカードから申し込んでみましょう。



年会費 初年度無料
税抜10,000円+税
条件により割引
ポイント 1,000円=1ポイント
発行期間 最短3営業日



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ