アメックスグリーンがゴールドカードよりも支持率が高い本当のワケ



クレジットカードを持っている方や見たことがあるという方の中で、「アメリカン・エキスプレス」または「アメックス」という言葉を聞いたことがあるという方や、「クレジットカードの中心に顔がデザインされているカード」と聞いてアメリカン・エキスプレスのクレジットカードを想像する方は少なくありません。

アメリカン・エキスプレスは、1850年にニューヨーク州バッファローという場所で創立し、世界で初めて郵便為替(マネーオーダー)業やトラベラーズチェックの発行を開始した会社でもあります。アメリカン・エキスプレスでは、現在トラベラーズチェックや旅行代理店業務、証券業、投資顧問業など幅広いサービスを展開する企業で、世界130か国、1,700か所以上の現地サービス網を持っている老舗の企業から発行されているクレジットカードこそが「アメリカン・エキスプレスのクレジットカード(=プロパーカード)」なのです。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは単にその歴史が古いというだけではなく、持っていることによってカードユーザーの身元や社会的地位を保証する「ステータスカード」としても有名で、アメリカン・エキスプレスの発行しているクレジットカードだからこそ持ちたい、ずっと保有しているというアメリカン・エキスプレスの根強いファンが多いことも特長のひとつです。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの違い

プロパーカードと提携カード

アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)は、クレジットカードを発行しているだけではなく、クレジットカードの国際ブランドとしての役割も担っています。そのためVISAやJCB、ダイナースなどと同様に1つの国際ブランドとして他のクレジットカード会社と提携してクレジットカードを発行しているものもあり、この提携しているクレジットカードのことを「提携カード」と呼んでいます。

一方アメリカン・エキスプレスが独自に発行しているクレジットカードのことは提携カードと区別するためにプロパーカードと呼ばれており、ステータス性が高いのはプロパーカードとなっています。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの種類

アメリカン・エキスプレスの発行しているプロパーカードには4種類のカードがあり、券面が緑色のアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)、券面がゴールドのアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、券面がプラチナカラーのアメリカン・エキスプレス・プラチナカード、そしてブラックカードとも呼ばれる券面が黒色のアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードがあります。


アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのうち、一般カードならびにゴールドカードは申し込みをして審査を受け、持つことができるカードですが、プラチナカード、センチュリオンカードは申し込みをしたからと言って持てるわけではありません。一般カードまたはゴールドカードを持ち、アメリカン・エキスプレスとの信頼関係やクレジット利用実績、サービスの利用などを積み重ねることによってアメリカン・エキスプレス側から招待されて初めて申し込むことが可能です。

また他のクレジットカードであれば招待(=インビテーション)を受ければ必ずランクアップしたクレジットカードを持つことができるものもありますが、アメリカン・エキスプレスのインビテーションは、招待を受けたところから審査が始まるため、招待を受けたからと言って必ずしもランクアップしたクレジットカードが持てるわけではないという特長があります。これらの限られた会員サービスやアメリカン・エキスプレス独自の審査によって会員を集めていることからも、アメリカン・エキスプレスの発行するカードはステータスカードとして認められています。

アメックスのスペックは他社ゴールドカードにも劣らない!?

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは高いステータス性からも人気のクレジットカードではありますが、さらにアメリカン・エキスプレスの一般カードであっても他社のゴールドカードと比較しても劣らない特典やサービスが充実していることも人気の理由のひとつです。

いきなりゴールドカードを持つのは審査が不安だという方や、とにかくアメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持ちたいというファンの方だけではなく、サービス内容の充実したクレジットカードを持ちたい方にとってもアメリカン・エキスプレスの一般カードは他のゴールドカードに引けを取らない魅力が詰まったクレジットカードだと言えます。

他社ゴールドカードとの比較


アメリカン・エキスプレス・カードのスペック
年会費 12,000円+税
ポイントプログラム 100円利用=1ポイント
海外旅行保険(利用付帯) 最高5,000万円
国内旅行保険(利用付帯) 最高5,000万円
その他保険 ・ショッピング保険
最高500万円
特典・サービス ・空港ラウンジ
国内外700ヶ所以上のラウンジが利用できるプライオリティパスのプレステージ会員(本来の年会費99米ドル)に無料登録できる
・手荷物無料宅配サービス
自宅と空港間の往復のスーツケース1個を宅配カード会員1名につき無料配送
・エアポート送迎サービス
自宅やホテルなど指定の場所から空港までの送迎を会員価格で利用可能
・空港クロークサービス
中部国際空港で、乗継便の待ち時間などに空港内にある手荷物預かり所を無料で利用


MUFGカード ゴールド
年会費 905円+税
※初年度年会費無料
ポイントプログラム 1,000円利用=1ポイント
海外旅行保険(利用付帯) 最高2,000万円
国内旅行保険(利用付帯) 最高2,000万円
その他保険 ・ショッピング保険
最高100万円
特典・サービス ・プレミアムスタープログラム
年会費の支払い、または1年間のショッピング利用金額(50万円以上)」に応じて★が付与され、★が5つ貯まったファイブスターメンバーへのポイント優遇
・グローバルPLUS
年間利用額に応じて翌年度のポイント率がアップ
・アニバーサリーポイント
入会時に指定した月にはポイントが1.5倍に


三井住友VISAゴールドカード
年会費 10,000円+税
※初年度年会費無料
ポイントプログラム 1,000円利用=1ポイント
海外旅行保険(利用付帯) 自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円
最高5,000万円
国内旅行保険(利用付帯) 自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円
最高5,000万円
その他保険 ・ショッピング保険
最高300万円
特典・サービス ・空港ラウンジサービス
全国の28空港で空港ラウンジが無料で利用可能
・ボーナスポイント
買い物額に応じたボーナスポイントの獲得
・写真入りICカード
カードの券面裏に顔写真を載せることで不正利用の抑制
・ドクターコール24
24時間・年中無休で医師へ無料電話相談が可能

アメリカン・エキスプレス・カードと他ゴールドカードの違いは?

アメリカン・エキスプレス・カードは、他のゴールドカードと比較して一般カードであるにもかかわらず年会費が高額ではありますが、他のゴールドカードと同等、もしくはさらに上の補償やサービスが付帯していることが分かります。

MUFJカードゴールドと比較すると、年会費はMUFJカードゴールドの方が安く設定されていますが、旅行保険の補償額、ショッピング保険の補償額、そして空港で受けられるサービスには大きな差があり、サービス内容からするとアメリカン・エキスプレス・カードの方が内容について充実しています。

また三井住友VISAゴールドカードと比較しても、年会費は三井住友VISAゴールドカードの方が安いのですが、保険の最高補償額が同額で、さらに三井住友VISAゴールドカードは国内の空港ラウンジしか利用できないところが、アメリカン・エキスプレス・カードであれば世界中にある空港ラウンジを利用することが可能となっているので、とくに海外旅行へ行く機会がある方はアメリカン・エキスプレス・カードの方が重宝するクレジットカードになります。

どうしても券面がゴールドのカードを持ちたいという方や年会費を抑えたいという方は、他のクレジットカードをおすすめしますが、海外旅行などに頻繁にいくという方や、サービス内容が多彩なクレジットカードを持ちたい方、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持ちたいという方、いずれはアメリカン・エキスプレスのプラチナカードやセンチュリオンカードも狙いたいと考えている方は、アメリカン・エキスプレス・カードを検討してみましょう。

まずは
コレ!

ステータスを手に入れるならアメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードはステータスカードのなかでも最高峰のカードなので、持つからには入会キャンペーンと付帯サービスを上手に使い、自分のステータスも上げていきましょう。
申し込み後のメンバーシップリワード・プラスへの登録をお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ