楽天Edy、「もらえるモール」で無料ポイントを逃さずもらう方法

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる「Edy機能付き楽天カード」

プリペイド(前払い)式の電子マネーとしておなじみの楽天Edyは入会金・年会費無料で、主要なコンビニやスーパーのほか、百貨店やショッピングモール、ドラッグストア、家電量販店、ファミリーレストランやファストフード、ガソリンスタンド、ホテル、ネットストアなどで幅広く使えます。

楽天Edyを使うには、「Edy-楽天ポイントカード」か「Edy機能付き楽天カード」(クレジットカード)を取得するか、「おサイフケータイ」や「iphone」に楽天Edyのアプリをダウンロードします。ただし、iphoneで楽天Edyを使うには、Edy-楽天ポイントカードが必要なので、事実上、選択肢としては、Edy-楽天ポイントカードか、Edy機能付き楽天カードか、おサイフケータイの三択となるでしょう。

いずれの場合も、以下の3点については共通しています。



  • 楽天スーパーポイントを貯める設定をすると、楽天Edyでの支払い200円ごとに、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。
  • 楽天ポイントカード加盟店(楽天Edyが使える「楽天Edy加盟店」とは別)なら、カードやアプリ画面の提示により通常のポイントに加え100円ごとに1ポイント貯まる。合計では200円ごとに3ポイント(ポイント還元率1.5%)の付与となる。
  • 貯めた楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として、楽天市場やその関連サービスでお買い物などに使えるほか、そのまま楽天Edyへのチャージにも使える。

では、どういう点が違うのか。それぞれ、どう違うのか説明しましょう。

Edy-楽天ポイントカード

  • 貯まるポイントは楽天スーパーポイント。
  • キャンペーンにエントリー後、楽天スーパーポイントを貯める設定をすると、400ポイントがプレゼントされる。
  • 発行に300円(税・送料別)が必要。


おサイフケータイ

  • 楽天Edyアプリから、楽天スーパーポイントを含む14種類のポイントのうち、いずれかを貯めるように設定できる。
  • キャンペーンにエントリー後、楽天スーパーポイントを貯める設定をすると、400ポイントがプレゼントされる。


Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)

  • 貯まるポイントは楽天スーパーポイント。
  • 楽天カード新規入会で、5000ポイントがプレゼントされる。
  • 楽天Edyの支払いで貯まるポイントのほか、楽天カードからのチャージ200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まる。


以上のように、楽天スーパーポイントを貯めるなら、チャージ時にも支払い時にもそれぞれポイントが付与されるEdy機能付き楽天カードが一番おトクということになります。また、新規にカードを作る場合、5000楽天スーパーポイント(5000円相当)がプレゼントされるとことにも注目です。

楽天市場でのお買い物ならポイント4倍

Edy機能付き楽天カードは、楽天Edyカードとしてもクレジットカードとしても使えるので、何枚もカードを入れて財布を厚くすることがありません。また、楽天Edyには他社クレジットカードからもチャージできますが、楽天カードからチャージした場合、200円チャージしてその200円を使うと2楽天スーパーポイントが貯まることになり、合計1%の高還元となります。

また、楽天Edy支払いではなくクレジット支払いを選択した場合は、100円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まり(還元率1%)、楽天市場でのお買い物ならポイント4倍に(還元率4%)、楽天トラベルの利用でポイント2倍となります(還元率2%)。さらに、街中のポイント加盟店でクレジット支払いすると、2~3倍のポイントが貯まります(還元率2~3%)。

加えて、ポイントを大量にゲットできるさまざまなキャンペーンも随時行われているので、それをうまく利用すれば、効率よく楽天スーパーポイントを貯められるでしょう。貯まったポイントは楽天市場とその関連サービスで使えるほか、ANAマイルにも交換できるので用途に応じた使い方ができます。

年会費は永年無料で、クレジットカードの国際ブランドとして、マスターカード、JCB、VISAから選ぶことができます。最大2000万円の海外旅行傷害保険も付帯しているので、海外旅行へよく出かける人には特におすすめです。

「もらえるモール」経由の楽天市場利用で5%の高還元率に

Edy機能付き楽天カードを持つ人にぜひ知って欲しいのが、「もらえるモール」という、楽天Edyや楽天スーパーポイントをもらえる会員登録無料のポイントサイトです。

ポイントを貯め方には、もらえるモール経由でのお買い物、各種サービスの会員登録やキャンペーンへの応募、ゲームで遊ぶ、などの方法があります。なかでも、普段からネットでお買い物している人は、もらえるモールを経由するだけでポイントが貯まるので、これを見逃す手はありません。

もらえるモール経由で楽天市場を利用すると、お買い物金額の1%相当のポイントが貯まります。たとえば、100円あたり1ポイントが付与され、その1ポイントは1円相当の楽天Edyか1楽天スーパーポイント(1円相当)に交換できます。

そのお買い物代金をEdy機能付き楽天カードで支払う場合、楽天スーパーポイントは100円あたり4ポイントとなり、もらえるモールのポイントと合わせると5%の高還元率となります。これは、1万円のお買い物で500円分のポイントが貯まるということです。

そのほか高還元率のショップとして、マカフィー・ストア(10%)、ショップジャパン(5.6%)、NECダイレクト(5%)、ネットプライス(2.5%)、DELL(2%)、HPダイレクトプラス(2%)、楽天ブックス(2%)、三越オンラインストア(2%)、伊勢丹オンラインストア(2%)、Stylife(2%)、西武・そごうのe.デパート(1.5%)東急百貨店ネットショッピング(1.42%)、JALショッピング(1.5%)など多数のモール、ショッピングサイトなどがあります。

各モール、ショッピングサイトにポイントシステムがある場合、そこで得るポイントにプラスして、もらえるモールのポイントが貯まるので、事実上“ポイント二重取り”となり、大変おトクです。

また、商品別に高額ポイントが設定されていることがあり、たとえば、商品代金の80%相当のポイントが貯まる超高還元商品を見かけることがあります。

楽天Edy、楽天スーパーポイントに交換可能な無料ポイントがもらえる

各種の会員登録やキャンペーン応募でもポイントが貯まり、なかでも高還元率となっているのがクレジットカードの申し込みです。年会費無料のカードなら無料でポイントが貯まることになりますが、ポイント付与は審査をパスしてカードが発行されることが条件です。また、保険や引越しの見積もりなどで付与されるポイントも高還元率となっています。

還元率はその時々により変わりますが、ある時期の設定でいうと、年会費無料のクレジットカードの会員登録で付与されるポイントとして500~6481円、保険見積もりで付与されるポイントとして571~600円、来店による保険相談で5000~1万円、引越し見積もりで200~375円、リフォーム見積もりで500円、車の買い取り査定で550円、FX口座開設で4629円、各種資料請求で428~462円……となっています。無料でこれらのポイントが付与されるのは大変魅力的です。

また、獲得ポイントが多い人にはボーナスポイントもプレゼントされます。毎月1日に過去3ヵ月間の獲得ポイントを計算し、その合計獲得が1000ポイント以上でその3%分のボーナスポイントが、5000ポイント以上で5%分のボーナスポイントが、1万円以上で10%以上のボーナスポイントが付与されます。

貯まったポイントは1ポイント(1円相当)から、手数料無料で楽天Edyや楽天スーパーポイントに交換可能なので、Edy機能付き楽天カードを最大限おトクに活用したい人は、お買い物のときは常に、このもらえるモールの経由を念頭に置くといいでしょう。



年会費 無料
ポイント 100円=1ポイント
発行期間 約1週間


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ