ブラックカード発行に必要な3つの最低条件

クレジットカードについてあまり多くは知らないという方でも、「ブラックカード」と呼ばれる特別なクレジットカードの存在を知っている方や興味があるという方、憧れのある方は少なくはありません。

もともとブラックカードは、アメリカに本社のある「アメリカン・エキスプレス」という会社が発行している選ばれたユーザーのみが持つことができる最高ランクのクレジットカード「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」が黒色の券面であることから、最高ランクのクレジットカードのことを「ブラックカード」と呼ぶようになりました。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードは年会費が35万円+税かかり、さらにセンチュリオンカードの中でもチタン製のクレジットカードは年会費が90万円以上かかるので、一般的な金銭感覚からするとあり得ないほどの高額な年会費ではありますが、まるでクレジットカードの利用上限額が無いように感じてしまうほど高い利用限度額、そしてブラックカードホルダーだけが利用できるサービス特典が付帯していることが特長です。

ブラックカードを持てるという事は、ホルダーの収入や社会的な地位を保証する最高のステータスカードだと言えます。

ブラックカードはどのようにして持つことができるのか?

クレジットカードには、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと大きく分けて4段階ありますが、ゴールドカード以上のクレジットカードはステータスカードと呼ばれています。

とくにクレジットカードの中でも最高峰であるブラックカードは、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードを筆頭として単に年会費が高額に設定されているだけではなく、持ちたいからと言って申し込みをすれば誰でも持つことができる訳ではありません。

プラチナ以上のステータスカードの多くは、一般カードやゴールドカードを持ち、滞納やトラブルを起こさないことは当然として年間100万円以上をクレジット利用するなど、優良ユーザーとしてクレジットカード会社に一目置かれることによって、クレジットカード会社の方から「更に上位ランクのクレジットカードを持ちませんか?」という招待(=インビテーション)を受けて初めて持つことが可能になるのです。

ブラックカードが持てるまでの例

例えばアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードは、まずはアメリカン・エキスプレスの発行している一般カードである「アメリカン・エキスプレス・カード」またはゴールドカードである「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」に申し込みを行い、審査に通過してクレジットカードを持つことからスタートします。そしてクレジットカード会社との信頼を積み重ねていくことでアメリカン・エキスプレス・プラチナカードへの招待、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの招待を受けてから持つことになります。ただしアメリカン・エキスプレスの場合は招待を受けてから審査が行われ発行するかどうかが決定されるので、招待が来たからと言って必ずしもクレジットカードが持てるわけではありません。

また日本のクレジットカード会社であるJCBカードの発行しているクレジットカードには、一般カードである「JCB一般カード」、ゴールドカードである「JCBゴールド」、さらに招待制のゴールドカードである「JCBゴールド ザ・プレミア」、ブラックカードである「JCBザクラス」の4ランクがありますが、JCBゴールドまたはJCBゴールド ザ・プレミアを保有しており、しっかりと利用実績を積むことによってJCBザクラスのインビテーションが送られてきます。

JCBゴールドカードとは?

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードは年会費が35万円+税であることからも、また招待を受けたからと言って必ずしも審査に通過するわけではないという事からも、保有することはあまり現実的ではありませんが、JCBカードの最高ランクであるJCBザクラスであれば年会費が5万円+税なのでブラックカードとしては比較的年会費も負担になりにくいステータスカードだと言えます。

しかしJCBザクラスも他のブラックカードと同様に自身で申し込むことは難しいため、まずは自身で申し込んで保有することができるJCBゴールドカードを持ち、実績を積むことが必要となっています。


JCBゴールドカードのスペック

  • 年会費
    10,000円+税
  • 申し込み資格
    20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
    ※学生は申し込み不可
    ※ゴールドカード独自の審査あり
  • ポイントプログラム「Oki Dokiポイントプログラム」
    1,000円利用につき1ポイントが貯まります。

JCBゴールドカードの特長

  • ゴールド専用デスク
    通話料無料のゴールドデスクがあり、カードについての問い合わせや手続きなどを行うことができます。
  • 旅行傷害保険
    国内、海外旅行ともにクレジットカードを持っているだけで死亡・後遺障害時に最高5,000万円の補償が受けられます。また、海外旅行の際には旅行代金をクレジットカード決済することによって、補償額が最高1億円になります。
  • 人間ドックサービス
    各地域にJCBカードと提携している医療機関があり、ゴールドカード会員限定の優待料金で利用することが可能です。
  • Oki
    Dokiポイント倍増プログラム 東京ディズニーリゾートへの旅行の際にJTBのパッケージプランを選択してクレジットカード決済するとポイントが10倍、JCBトラベル提携オンライン予約サービスでアップルワールドまたはJHCの「海外ホテルオンライン予約」で海外旅行を予約し、クレジットカード決済にするとポイントが12倍など、ポイントがより沢山獲得できるプログラムがあります。
  • 空港ラウンジサービス
    国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジが無料で利用できます。

JCBゴールドカードからのグレードアップ

JCBゴールドカードには、ゴールドカードユーザーの中でも特別なユーザーに対して「JCBゴールド ザ・プレミア」や「JCBザクラス」への招待が行われます。JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーション条件としては、MyJCBにメールアドレスの登録があり、かつJCBゴールドのショッピングご利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上の方が対象となっています。

JCBゴールド ザ・プレミアは本来ゴールドカードの年会費が10,000円+税がかかりますが、半額の5,000円+税の年会費となるため、ゴールドカードを持つ方は年会費を抑えるためにもJCBゴールド ザ・プレミアを目指したいものです。さらにブラックカードであるJCBザクラスへの招待を受けるための条件は明記されてはいませんが、独自の審査や条件が存在します。

JCBザクラスとは?


JCBザクラスのスペック

  • 年会費
    50,000円+税
  • 申し込み資格
    自身での申し込みは不可の完全招待制です。
  • ポイントプログラム「Oki Dokiポイントプログラム」
    1,000円利用につき1ポイント

JCBザクラスの特長

  • コンシェルジュデスク
    24時間365日対応のJCBザクラス会員専用のデスクがあり、ホテルや航空チケット、レストランの予約や旅行の相談、家族や友人へのプレゼントの代行サービスなど専任のデスクサポーターが私設秘書のようにニーズに対応してくれます。
  • プライオリティ・パス
    世界500か所以上にある空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」のプレステージ会員権が付いており、本来399米ドル(およそ4万円程度)かかる会費が無料となるため、海外旅行などで空港ラウンジを利用する方は年会費が気にならないほどお得に利用することも可能です。
  • メンバーズセレクション
    年に1度JCBザクラスの会員に送られるカタログギフトで、およそ1万円~2万円程度の商品が掲載されています。プライオリティ・パスと合わせると、年会費と同額程度のサービスが受けられる計算になります。
  • グルメベネフィット
    JCBが提携するレストランの所定のコースを2名以上で予約した際には1名分が無料になるサービスです。
  • ディズニーリゾートJCBラウンジ
    東京ディズニーリゾートの「ストームライダー」「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」内にあるラウンジが無料で利用できます。またディズニーランド、ディズニーシーのアトラクションが待ち時間なしで搭乗できるほか、ディズニーリゾートで利用できる特典も多くあります。

JCBザクラスを持つための3つの条件

JCBザクラスはステータスカードとしてもJCBが発行するクレジットカードの最高ランクに位置し、また空港ラウンジの利用やカタログギフトなどで年会費以上のサービスを受けることができるクレジットカードです。

JCBザクラスを持つための条件は明記されてはいませんが、地震で申し込むことはできずJCBカードからの招待を待たなくてはいけないため、JCBカードの優良ホルダーとして実績を積み上げていく必要があり、そのためにはいくつかの条件を満たしておく必要があります。

条件1

クレジットカードを利用する上で当たり前のことではありますが、クレジット利用料金の未納や滞納、トラブルなく利用する必要があります。未納や滞納をしてしまうと、カードのランクアップだけではなく、クレジットカードの更新や別のカードの申し込み審査時にも悪影響を与えてしまいます。

条件2

JCBザクラスは申し込み制ではなくJCBからの招待を受けて初めて持つことのできるクレジットカードです。そのため、招待を受けるためにもまずはJCBゴールドカードを持っておく必要があります。

条件3

JCBゴールドカードから、JCBゴールド ザ・プレミアへのランクアップをするためには、 ゴールドカードを2年連続で保有し、年100万円以上の利用がある方が対象となっています。JCBザクラスへのランクアップ条件に付いては明示されていませんが、優良ユーザーとしてさらに長期間の保有をする必要があると考えられるため、まずはJCBゴールドカードを持ち、条件を満たしたうえでJCBゴールド ザ・プレミアへのランクアップを行い、さらにJCBザクラスを目指す必要があります。

中にはJCBゴールドカードからJCBゴールド ザ・プレミアを経由せずにJCBザクラスのインビテーションが届いた方も居るので、JCBゴールドカードをメインカードとしてしっかりと利用実績を重ねてからJCBザクラスを目指していきましょう。

ブラックカード発行に必要な3つの最低条件まとめ

JCBザクラスはJCBが発行しているクレジットカードの最高ランクであるブラックカードであり、コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービスなどブラックカードホルダーだからこそ利用できる特典が充実しています。またアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの年会費35万円+税と比較しても、JCBザクラスは年会費が5万円+税と格段に持ちやすいブラックカードとなっています。

JCBザクラスを持つための条件としてJCBゴールドカードを保有しておく必要がありますが、JCBゴールドカードも他のゴールドカードと比較すると旅行保険の補償額も高く、またJCBゴールド ザ・プレミアへのランクアップ制度もあるため、いずれJCBザクラスへのランクアップを目指している方は勿論、まずはJCBゴールドカードを利用してみて、十分特典やサービスに満足が行く方はJCBゴールド ザ・プレミアへのランクアップを目指すことをおすすめします。


年会費 10,000円+税
ポイント 1,000円利用につき1ポイント
申し込み資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※学生は申し込み不可
※ゴールドカード独自の審査あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ