アメックスの支払いが遅れてしまった時の緊急対処法

クレジットカードを利用していると、ついクレジットカードの引き落とし日を忘れて口座に充分なお金を用意できていないこともあります。しかしクレジットカードの引き落としができなかった場合というのは、考えている以上に問題となってしまうので、万が一支払いが遅れてしまった場合について調査してみました。

クレジットカードの支払いが遅れ場合に何が起こるか

クレジットカードはその名前の通りユーザーの信用をもとに発行されているカードです。そのためクレジットカードの利用履歴は「個人情報機関」というところに記録されており、これまで携帯電話やクレジットカードの利用履歴に問題がなかったのかについて最長5年間が記録されます。

つまり未納や滞納の扱いになってしまうと、クレジットの利用履歴(クレジットヒストリー)に傷がつくことになってしまい、クレジットカードの更新時に審査が通らず発行不可となってしまったり、新しくクレジットカード申し込んだ時のマイナス要素になってしまうなど、ユーザーにとってデメリットとなることばかりなのです。

支払日前に気付いた場合

クレジットカードの引き落とし口座にあまりお金が入っていないことにあらかじめ気付いていれば、他の銀行からお金を移す方法もありますが、他の銀行に補てんできるだけの金額がない場合には、まずはクレジットカード会社に電話を掛けてみましょう。

一般的にはクレジットカードの券面の裏にお客様コールセンターの番号が書いてあるので、自分が利用しているクレジットカード会社に支払いが滞ってしまいそうな旨を伝え、引き落とし額について分割払いやリボ払いなどに変更してもらえる場合があります。分割払いやリボ払いにすると金利手数料が発生してしまいますが、クレジットカードを稲生にしてしまうよりはずっと安心な方法です。

未納や滞納を繰り返した場合は…

指定日に口座からクレジットカードの利用代金が落ちなかった場合には、クレジットカード会社から電話や封書などで督促状が届きます。その後滞納していたお金を支払ったとしても、それでもクレジットヒストリーには未納ありの記録は残ってしまうので、クレジットカードを持つうえでかならず支払いはチェックしておきたいものです。

さらに支払を行わず督促状などを無視しているとクレジットカードが強制解約になり、裁判を起こされるだけではなく、最悪の場合には持ち物などが強制的に差し押さえられてしまうことになります。ほかにも、信用情報機関にブラックリストとして載ってしまい、その5年間はクレジットカードやローンを組んだりすることができなくなってしまうので決してトラブルを起こさないように中止しましょう。

しかしちょっとしたミスから大変なことになってしまわないように、万が一の際の対処法をしておきましょう。

カードローンを利用して未納を回避する方法

カード決済額の支払日が来てしまい、一度未納となった場合は分割やリボ払いなどで支払方法を変更することはほぼ不可能です。そこで、支払い前に口座に残高が少ない場合には他の口座からお金を補てんするというのが最も良い方法ではありますが、もしも補てんすお金がない場合には急いで借り入れを行い、未納記録を作らないためにカードローンを利用する方法があります。

カードローンの種類

カードローンには銀行が主体となって発行している「みずほ銀行カードローン」や銀行系カードローンと、銀行と消費者金融が提携している「アコム」や「レイク」のカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利も低く、借入額も高いことから計画的に利用する場合にはお勧めなのですが、審査が厳しく発効までに時間がかかってしまうという難点があるため、クレジットカード決済の未納を防ぐためには時間的な余裕が持てません。

逆にプロミスといったカードローンは、申し込みからカードローンの発行まで最短で即日対応を行っています。急いでいるときには申し込みから審査や発行までの時間が惜しく、不安に感じてしまう時間を少しでも短くしたいものです。

銀行系カードローンの比較



アコム

プロミス
年率 4.7~18% 4.5%〜17.8%
限度額 1~800万円 1~500万円
支払方法 定率リボルビング方式 残高スライド元利定額返済方式
対象年齢 20歳~69歳   年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能
必要な物 運転免許証
※借入金額によっては収入証明書(源泉徴収票等)
顔写真付きの本人確認書類
その他の特長 ・web上で借り入れ可能か3秒審査
・ネットで契約まで申し込み可能
・web上で借り入れ診断
・返済シミュレーションなど
急いでいる方
  1. 電話またはwebで申し込み
  2. 審査に通過
  3. 来店でカード受け取りまたはコンビニで契約書受け取り
※即日対応は14時までに必要書類を提出する必要あり
  1. インターネット上から24時間365日受付中
  2. 審査に通過
  3. Web、来店であればその場ですぐにキャッシングが過剰
※郵送を選んだ場合は時間がかかります

プロミスなどのカードローンのメリット

例とした「アコム」や「プロミス」はカードローンには珍しく即日発行に対応しているカードローンなので、最短で即日に融資が受けられることから、万が一クレジットカードの引き落とし日近くになって口座にお金がない場合には最終手段として知っておきたい方法です。

カードローンを利用する際の注意点

その1「借りる目的・返済計画」

カードローンは車や教育ローンとは違い用途についてはとくに目的を問われないローンなので、ユーザーの好きな使い方ができます。またカードローンは限度額内であれば借り入れ、返済が自由にできるので、まるで自分お分の貯金を使っているような感覚に陥ってしまう人がいます。カードローンを利用する際にはお金の管理を怠らないように計画的に利用していきましょう。

返済計画を立てる

カードローンの主な返済方法は「リボ払い」と呼ばれているもので、毎月一定額または一定額+利息を支払うものです。そのため、借り受けた元金が余り減らずに利息ばかりかかってしまうこともあるので、とくに返済については注意するようにしてください。

10万円を借りた時、毎月一定額+利息、金利15%のとき

支払回数 支払元金 手数料 支払合計 支払残高
1回目 10,000円 1,068円 11,068円 90,000円
2回目 10,000円 1,109円 11,109円 80,000円
省略
9回目 10,000円 246円 10,246円 10,000円
10回目 10,000円 127円 10,127円 0(完済)
金利の合計 6,661円


10万円を借りた時、毎月一定額+利息、金利8%のとき

支払回数 支払元金 手数料 支払合計 支払残高
1回目 10,000円 569円 10,569円 90,000円
2回目 10,000円 591円 10.591円 80,000円
省略
9回目 10,000円 131円 10,131円 10,000円
10回目 10,000円 67円 10,067円 0(完済)
金利の合計 3,549円

おなじ10万円を借りた場合にも、金利が15%8%では大きく金利が変わるほか、借入金額や金利の差によってはさらに多額の金利を支払ったり、完済までに何カ月もかかってしまうので、キャッシング商品にはいろいろあり、緊急時には即日発行のカードローンがおすすめですが、自身の収入や生活沈む、借りたお金の用途や返済についてしっかりと計画を立ててから利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ