おサイフケータイとしてiPhone Apple Payを使うときの最強クレジットカード

IT化が進むとともに、現金を介さなくてもICカードなどで買い物の決済ができる機会が増えてきました。例えばJR東日本のICカードであるSuicaは、あらかじめICカードにお金をチャージしておけば切符を買う手間が省け、改札口でカードや携帯電話の端末を使って乗車賃を払うことができるようになっています。

しかしICカードをはじめとして余りにも多くの電子マネーが発行されているため、一体どこを利用すればいいのか分からず、加えて効率的にまたお得にクレジットカードを活用できない方が多いということも事実です。

そこでiPhoneでも解禁になったJR東日本やそれに付随するICカードであるSuicaを利用するときに、どのような方法が最もお得かについてチェックしていきましょう。

Suicaとは

SuicaとはJR東日本またはその他の提携しているお店などで利用できるICシステムのことで、改札口の専用端末にICカードをかざすだけで電車やバスなどの交通機関で乗車賃や購入物を支払うことができる電子マネーです。

Suicaは一般的にはカードタイプになっているものが多く使われていますが、携帯電話のおサイフケータイの機能を利用してICカードではなく携帯電話を利用して乗車賃の決済ができる機能もあります。

おサイフケータイとは

おサイフケータイとは、docomoの携帯電話についている機能のことで、携帯電話の端末内に内蔵されています。携帯電話1つで決済することができるので、カード型の電子マネーやポイントカードを買い物のときに取り出す必要が無く、とくに携帯電話であればバッグやポケットに入れている人が多いので、財布からカードを取り出すという面倒さを省くことができます。

iPhone Apple Payとは

iPhone Apple Payとは、Apple社が販売している携帯端末についている機能で、これまではおサイフケータイ機能が付いていなかったのですが、iPhone7という2016年11月最新機種からはおサイフケータイ機能も搭載されるようになっているので、機能が広がったことによりより使い勝手が良くなりました。iPhone Apple Pay自体は、クレジットカードと連動させることでApple社のコンテンツを購入したり、アプリの購入を行ったり、おサイフケータイとしてSuicaのICカードを持たずに乗車賃の支払いを行えるようになるなど、幅広く使える機能になっています。

iPhone Apple Payを使いこなすには

iPhone Apple Payでは、クレジットカードを登録しておくことで購入したコンテンツなどの決済が行われています。そこで重要になるのが「クレジットカード」です。iPhone Apple Payを利用するにあたりどのようなクレジットカードがお得に利用できるかをチェックしていきましょう。

dカード

Docomoの発行しているクレジットカードであるdカードであればdocomoの発行しているiPhone7と合わせてカードをiPhone Apple Payと使うことで、クレジットカードであるdカードで得られるポイントと合わせてdocomoを利用することでまとめてクレジットカードを利用できるという利点があります。

dカード
年会費 初年度年会費無料
※※ただし、2年目以降は前年度に1回もショッピングサービスのご利用(携帯電話ご利用代金お支払いやETC・iDショッピングのご利用を含む)がなかった場合、年会費として1,250円+税が発生します。
ポイント 100円→1ポイント
申し込み資格 1:個人名義であること(法人名義は申し込み不可)
2:満18歳以上であること(ただし、高校生を除く。また、未成年者は親権者の同意が必要)
3:iモードまたはspモードが利用できる携帯電話番号を届出ること
4:本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
5:その他NTTドコモが定める条件を満たすこと
※docomoユーザのみインターネット申込み可能


オリコカードザポイント

Suicaとはあまり縁のないクレジットカードではありますが、クレジットカードの発行会社であるオリコから発行されているクレジットカードで、ポイントの使い道が豊富であることからも貯まったポイントの使い道が広いので、貯まったポイントで商品と交換したい、他のポイントに移行して有効活用したいという方におすすめのクレジットカードです。そのため、iPhone Apple Payにクレジットカード情報を入れておき、ポイントを貯めてカードユーザーが好きな商品やポイントに交換することができます。

オリコカードザポイント
年会費 無料
ポイント 100円→1ポイント
申し込み資格 原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)


アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードはどうしても敷居が高く、ステータス性のあるカードになっています。単に審査が厳しく、選ばれた方のみが持てるカードというイメージを持ってしまいがちですが、アメリカン・エキスプレス、通称アメックスの一般カードであればおよそ年収が300万円以上あり、これまでにクレジットカードや携帯電話での未納や滞納などのトラブルを起こしていなければ、審査に通過することは難しくはないと言われています。またアメリカン・エキスプレスだからこそ得られる海外旅行でのサービスや、保険の充実などは余暇の時間を利用できる方や海外旅行などに行かれる方にとっては年会費を上回るほどに活用できるクレジットカードだと言えます。

アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 12,000円+税
ポイント 100円→1ポイント
申し込み資格 原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方。他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方。

docomoの携帯電話をお持ちで、かつおサイフケータイ機能のついている携帯電話を持っているという方はdocomoの発行しているdカードを利用することでカードを取り出すなど煩雑な手間を省くことができるので、まとめてdocomoを利用することでクレジットカードのポイントや決済についても一本化できるという利点があります。

オリコカードザポイントはSuicaとはあまり縁のないクレジットカードではありますが、年会費が無料で、何よりも貯まったポイントを多彩に使えるという利点があります。クレジットカードの中には、楽天カードのように自社または自社グループでのみ獲得したポイントが利用できるという制限が付いたものもあるため、オリコカードザポイントはポイントも自由度の高いクレジットカードなので、Suicaはの利用はICカードに留め、メインカードとして持つにはうってつけのクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・カードは審査が厳しく容易に持てるクレジットカードではありませんが、iPhone7をお持ちで、かつiPhone Apple Payを利用する機会が多いという方は、クレジットカードの登録をしておくことによって、iPhone7でのアプリのダウンロードであったり、買い物をするなどiPhone Apple Payを利用して色々な作業を様々な場所に行ってする必要がなくなるので、iPhone7のみで簡単に済んでしまうのであれば、それに越したことはありません。またアメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持てるというステータス性だけでも十分に持つに足る理由となります。

クレジットカードを選ぶ際には、自分自身の生活スタイルに合ったクレジットカードを持つことが最良です。通勤や通学でJR東日本や提携している公共交通機関でSuicaを利用されるかたであれば、dカード、オリコカードザポイント、アメリカン・エキスプレス・カードのどれかからライフスタイルに合ったクレジットカードをチェックしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ