カード払いが最も得!? ふるさと納税の控除額シミュレーション

メディアなどでも注目される機会が増えてきており、CMでも目にする機会のある「ふるさと納税」ですが、まだそのお得な仕組みを活用しきれている方は少ないのが現状です。まずはふるさと納税について知識を深めるとともに、これをきっかけにふるさと納税デビューをしてしまいましょう。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税という名前から自分自身の出身地や育った場所、住んでいる場所に限定されて納税をする制度なのかなと思ってしまう方も多いのですが、ふるさと納税は出身地や居住地に限らず、自分の気に入った自治体に対して行うことが出来る制度です。

また納税の際にはその地域の特産品を貰うことが出来るので、単にお金を寄附するのではなく、プレゼントを貰うことが出来るという特長もあります。

単に「納税」と聞くと税金を払うだけのイメージですが、ふるさと納税は気に入った地域や支援したい地域を自身で複数選ぶことができ、さらに特産品を貰えるだけではなく、寄附金の使い道についても納税者が指定することが出来ます。

所得税などの直接税や買い物でかかる間接税の使い道は納税者で指定することが出来ず、納得して税金を納めている訳では無いという方も少なくはありませんが、ふるさと納税では使い道を指定可能なので、納税者にとっても納得できる寄附を選べるという特長からもふるさと納税の制度を利用する人がどんどん増えているのです。

ふるさと納税は、納税という言葉が付いてこそいますが実質的には「寄附」制度で、ふるさと納税で支払った寄附金は、確定申告を行うことで支払った金額の一部が手元に戻ってくるため、最大で実質2,000円の負担金で色々な特産品を手に入れることが可能なのです。

ふるさと納税=実質2,000円の負担金で利用できるしくみとは?

ふるさと納税の制度を利用して支払った寄附金のうち、給与にかかる所得税と居住している地方公共団体の住民税からの控除が受けられ、最大で実質2,000円の負担金で利用することが出来る制度です。

ふるさと納税の控除のしくみ

(出典: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

ただし無制限にふるさと納税で寄附を行っても実質負担金が2,000円となる訳では無く、ふるさと納税で納めた金額のうちどれくらいが控除されるかは、その家庭の所得の金額や家族構成によって異なり、負担金2,000円で制度を利用するためには幾らまでの寄附金額であれば良いのかは条件によって異なります。

ふるさと納税の納税額のめやす

(出典: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html)

例えば収入が300万円ある家庭において、独身又は共働きでの夫婦の場合は28,000円までの寄附であれば自己負担金は2,000円となっていますが、同じ収入が300万円男家庭でも、夫+収入のない妻+高校生までの子供1人が居る家庭では11,000円までの寄附金であれば自己負担金が2,000円になるので、負担金を少なくふるさと納税の制度を利用したいという方は寄附金控除額のシミュレーションを行い、お得に利用しましょう。

→寄附金控除額を計算(シミュレーション)するエクセルのシート

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

(総務省 「ふるさと納税のしくみ」より)

ふるさと納税を行ったら取るべき手続きとは?

ふるさと納税を行った際には、原則として自動的に控除を受けられる訳では無く、納税を行ったこと、納税したものの金額を税務署に対して申告する必要がありますが、一方で一定の条件を満たすことで確定申告が必要なくなる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」も存在します。

ふるさと納税の控除を受けるための原則

寄附金控除を受けるためには、原則として、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行う必要があります。確定申告では寄附をした自治体が発行する寄附の証明書・受領書や、専用振込用紙の払込控(受領書)など寄附の証明をすることが出来る書類が必要となります。基本的にはこの手続きなしには控除分が戻って来ないので注意して下さい。

確定申告が必要なくなる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは

ふるさと納税ワンストップ特例制度は、3つの条件を満たすことで本来必要な確定申告制度の手続きが必要なくなる制度のことです。会社員などで副業などをしておらず、毎年の確定申告の必要性のない方などは、ふるさと納税を利用することでわざわざ確定申告をする必要性が出てくるのでは手続きの手間が掛かってしまい、利用を躊躇してしまうような状況になればせっかくの制度も利用者が限られてしまいます。そこで以下の条件を満たしている場合には確定申告の必要がなくなり、より気軽で身近な制度として利用することが出来るのです。


  • 確定申告が本来不要な給与所得者であること
  • ふるさと納税の寄附先が5団体以内であること
  • 寄附の際にあらかじめふるさと納税ワンストップ特例制度を利用することを申告しておくこと

ふるさと納税で貰える特産品とは?

ふるさと納税制度では寄附に対してお礼の特産品などが貰える自治体があるほか、自治体の取り組む政策に対して寄附をすることも可能となっています。

ふるさと納税で貰える商品の一例

自治体名 一口あたりの金額 商品
高知県 安田町 4,000円 土佐沖の獲れたて 真あじの干物
北海道 遠軽町 5,000円 遠軽産アスパラ1kg
熊本県 宇土市 8,000円 網田蒼土窯 くまモン湯呑
鹿児島県 東串良町 10,000円 大隅産うなぎ蒲焼き4匹セット
佐賀県 上峰町 10,000円 九州産黒毛和牛切落しドカ盛1200g
長崎県 長崎市 40,000円 活伊勢エビ1.5kg
埼玉県 日高市 120,000円 人間ドック(頭部CTコース、動脈硬化検査)

貰える商品は食器などの日用品から食料品だけではなく、人間ドックや旅行ツアーなど様々なものがあり、ふるさと納税を利用する方の好みによって利用先を選ぶことが出来るので、寄附先を探す楽しみもあります。

ふるさと納税をお得に利用する方法

ふるさと納税は寄附する先の自治体を納税者自身で選ぶことが出来、さらに寄附したお金の使途についても納税者側で指定することが可能な画期的な制度です。そして寄附する先の自治体を知るきっかけにもなり、特産品を貰うことでよりその自治体を身近な存在として認識するきっかけにもなるので、自治体と納税者の相互にとって良いこと尽くしです。

そしてこの制度をより賢く利用するためには、寄附金を現金払いではなくクレジットカード払いにすることで、クレジットカードのポイントも合わせて貯めることができるので、お得な制度をさらにお得に利用することが出来るのです。

ふるさと納税と合わせて利用したいクレジットカードとは

クレジットカードを選ぶ際には、年会費の有無、年会費の額、クレジットカードのポイント率、クレジットカードのサービスや特典など様々な面から選ぶ必要があります。殆どクレジットカードを利用しない場合にはあまり気になりませんが、クレジットカードの利用をする方であれば折角ならポイント率の高いクレジットカードを持つ方がお得になりますし、良く買い物をする場所で特典が受けられるクレジットカードを持つ方が買い物の際に受けられるサービスが広がります。そこでおすすめしたい3種類のクレジットカードをピックアップしてみました。

1「楽天カード」


年会費 無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
ポイント率 100円→1ポイント→1%
特長 ・楽天市場での買い物はポイント4倍
・獲得したポイントは楽天グループで利用

楽天カードはショッピングサイトの楽天市場や、宿泊施設予約サイトの楽天トラベル、ネット銀行の楽天銀行などの楽天グループから発行されているクレジットカードです。特長としては楽天の利用時にポイントが貯まりやすいプログラムになっており、さらに獲得したポイントは楽天グループで利用できることから、楽天を利用して買い物をする機会の多い方におすすめのクレジットカードです。

2「Yahoo!カード」


年会費 無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
ポイント率 100円→1ポイント→1%
特長 ・Yahoo!ショッピング/LOHACOでポイント3倍
・共通ポイント「Tポイント」が貯まる
・Yahoo!グループ利用特典あり

Yahoo!カードはYahoo!のサービスを利用する際の特典が付いているだけではなく、全国共通ポイントである「Tポイント」が貯まるクレジットカードです。TポイントはYahoo!での利用だけではなく、コンビニエンスストアのファミリーマートやCD・DVD・漫画などのレンタル・購入をすることが出来るTSUTAYAなど実店舗においても利用することが出来るポイントプログラムなので、Tポイント利用者であれば使い勝手のいいクレジットカードです。

3「オリコカードザポイント」


年会費 無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
ポイント率 100円→1ポイント→1%
特長 ・・入会後半年間はポイント2倍
・オリコモール利用でポイント+0.5%
・ポイントの利用先の豊富さ

オリコカードザポイントはピックアップした3枚のカードの中で最もバランスの良いクレジットカードとなっており、クレジットカードの利用で貯まったポイントを様々な他社ポイントに交換したり、商品券に交換したりするなどポイントの使途が幅広いので、貯まったポイントの使い道を限定せずに利用したいという方におすすめのクレジットカードです。

楽天カード、Yahoo!カード、オリコカードザポイントのいずれも年会費が無料でポイント率が1%以上と高還元のクレジットカードとなっています。楽天グループの利用の多い方、ネットショッピング専用のクレジットカードにしたいという方は楽天カードを、コンビニのファミリーマートに代表されるTポイント加盟店の利用が多い方はYahoo!カードを、ネットショッピングに限定せずポイントも柔軟に使いたい方やポイントの使い道の選択肢が広いクレジットカードを持ちたい方はオリコカードザポイントをチェックしてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ