楽天ブラックカードとアメックスゴールドを徹底比較

クレジットカードのランクはまずはベーシックともいうべき一般的なクレジットカード、次にゴールドカード、次いでプラチナカード、そして頂点ともいえるブラックカードと、うえへ行くほど所有できる方も少なって来てます。

あまりクレジットカードについて良く知らないという方でも、ブラックカードと聞けば、「とてつもないお金持ちが持っているカード」「上限額が無いと言っても良いくらいの凄いカード」「とにかく一度は手にしてみたいカード」と言うイメージをお持ちの方も多いのでしょうか。

ブラックカードは確かに誰でも持てるカードではなく、利上実績や年収、職業も関係しています。

しかし例えば楽天ブラックカードとアメックスゴールドのように、発行している会社が違えば、そのカードに対する審査の基準も異なりますし、一概にブラックだからこう、ゴールドだからこう、といった基準が明確にされていないという事実があります。

また、同じゴールドであっても発行されているクレジットカードによって年会費やサービスが大きく異なることも有るので、単に「持ってみたい!」という理由から申し込みを行うと、意外と使いづらかった、使う場所がない、年会費ばかりかかってしまう、といった問題が起きてしまうことがあります。

そこで今回は、生来ブラックカードを利用したいという方向けに楽天ブラックカードとアメックスゴールドを比較して、どのような違いがあるのか検証してみました。

楽天ブラックカードとは

楽天ブラックカード

ブラックカードと聞けば、一般的に敷居が高いために持ちにくい、年会費が高い、といったイメージがありますが、楽天ブラックカードはハードルが低く設定されているというメリットがあります。

楽天ブラックカードの基本スペック

年会費 30,000円
ポイント率 1% ※楽天グループでは6%
追加カード 家族カード2名まで無料 ※3名以上は不可
国際ブランド MasterCard、JCB

ここで注意しておきたいのは、楽天ブラックカードは申し込みができないカードだということです。まずは一般カードである楽天カード、または楽天ゴールドカードから入会し、その後クレジットカードを頻繁に使うことによって優良ユーザーであることが楽天側から認識されると、「インビテーション」といい、「楽天ブラックカードに切り替えませんか?」という招待が来て初めて持つことが出来るクレジットカードなのです。

多くのゴールドカード以上のクレジットカードではこの「インビテーション」の制度が採用されており、いきなりブラックカード、またはプラチナカードを持つことは難しくなっています。また他社ではゴールドカードであってもインビテーションを待たなくてはクレジットカードの切り替えをすることが出来ないというものも存在するので、楽天ブラックカードを持ちたいという場合には、段階を踏んでからクレジットカードを持つという方法が取られています。

楽天ブラックカードのメリット

楽天ブラックカードを持つということは、まずはブラックカードが持てるというステータス性にあります。クレジットカードは毎月引き落としがきちんとできて居ること、滞納や未納がないことは当たり前のことですがとても大事なことです。そして、楽天ブラックカードの審査基準が明確にされてはいませんが、毎月一定額以上、または年間一定額以上の支払い

が必要となっていることはインビテーションとして決して外すことのできない条件にもなることでしょう。

楽天ブラックカードへの近道

(1) 楽天ブラックカードを使い続ける

楽天ブラックカードは申し込み手に入れられるものではないので、楽天カードまたは楽天ゴールドカードで申し込みをしてから決済を重ねてインビテーション(招待)を待ちましょう。

(2)楽天デスクに打診する

ブラックカードへの道が開くためには、楽天のデスクに電話をして「ブラックカードへいずれ切り替えたい」という旨の連絡を入れておくことで、楽天側としてもブラックカードへ切り替え希望者として一目置かれるようになります。

楽天ブラックカードのメリット(プラチナでも利用できる)

・楽天イーグルス、ヴィッセル神戸が勝った翌日は、楽天市場で還元率が2%()

・ポン!カン!!キャンペーンでポイント最大4倍

・ENEOSでは還元率2%(ENEOSカードなしでもお得)

・楽天ダイニング特約店は2%

楽天ブラックカードのメリット

・楽天グループ以外でもポイントが利用できる

・クレジットカード、共通ポイント、電子マネーが一体

・楽天バーチャルプリペイドカードを経由すると、au WALLETにチャージ

・プライオリティパスが無料(1,000か所以上のVIPラウンジが使い放題)

・3つの優待コースの全てが利用可能

トラベルコース…手荷物宅配サービスが年2回

プレミアムカードデー…楽天市場で+1%ポイントアップ

エンタメコース…楽天SHOWTIME、楽天ブックス、楽天レンタルで+1%のポイント※楽天レンタルは2016年9月30日(金)12:00にサービスが終了します。

・海外旅行保険…会員→死亡・後遺障害→1億円(自動付帯) 家族会員→死亡・後遺障害1,000万円(自動付帯)

・国内旅行保険…会員→死亡・後遺障害→5,000万円(自動付帯) 家族会員→死亡・後遺障害1,000万円(自動付帯)

特に海外旅行や国内旅行へ行く方は、同伴者1名まで会員と同等の待遇が受けられるので、補償内容も手広くなっています。また海外での事故などでは高額な医療費が請求されることが多いので、同伴者の方もより安心して旅行へ行くことが出来ます。

アメックスゴールドとは

ブラックカードを見た後でゴールドカード?と疑問に思う方も多いと思いますが、アメリカン・エキスプレスの発行しているゴールドカードは、他社のプラチナカードやブラックカードと同等と言っても過言ではないサービスが付帯しており、「アメックスファン」という名前があるほど人気のあるクレジットカードです。

アメックスゴールドの基本スペック

年会費 29,000円
ポイント率 100円→1ポイント
追加カード 家族カード ETCカードは500円+税
国際ブランド AmericanExpress

アメリカン・エキスプレスのゴールドカードは自分で申し込みをすることが出来るので、審査の可否はアメリカン・エキスプレス側に委ねられることになりますが、インビテーションを待たなくて済むという利点があります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドのメリット

アメリカン・エキスプレスは日常使いというよりは、趣味や娯楽で使えるサービスが充実しています。その理由としてアメリカン・エキスプレスはもともと初めてトラベラーズチェックを発行するなど旅行業界に大きなコネクションを持っていることが挙げられます。

・初年度年会費無料

・ポイントプログラム…「メンバーシップリワード」が高還元

・プライオリティパス…国内外600か所以上の空港ラウンジを会員+同伴者1名が無料

・海外旅行、国内旅行ともに1億円の補償付き

・買ったものが破損した時のリターンプロテクション

・オンライン上で購入したものが破損などをしていた場合のオンラインプロテクション

・もしもキャンセルをした場合のキャンセルプロテクション

・提携店での飲食代の割引やドリンクサービス

楽天ブラックカードとアメックスゴールドの比較

それぞれにメリットがあり、どちらのクレジットカードも憧れを持っている人が多いクレジットカードであることには変わりません。また、年会費についても大きな差がない所や、サービスの内容も大きく違いがないという点でどちらを選択するべきか悩んでしまうポイントではありますし、どちらもインビテーションなしに手に入れることが出来るという点では全く同じです。

そして、クレジットカードのブラックカードの中でも頂点たるアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード(ブラックカード)狙いで、アメリカン・エキスプレスのカードをメインカードとして利用して、いずれアメリカン・エキスプレス・カードにもブラックカードを持ちたい方はアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの年会費が無料であるという点でも持ちやすいカードだといえるので、年会費無料ではアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを、楽天のサービスを利用する機会が多く、いずれブラックカードを持ちたいという方は楽天ブラックカードをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ