Apple PayでSuicaにオートチャージができるビックカメラSuicaの14のメリット

Apple Payにおいて、日本ではじめてオートチャージを可能にしたビューカード付のSuicaが注目されています。Suicaに生活に利便性が高いことで知られているビックカメラのポイントカードをつけることで、さらに電子マネーの便利な新しい生活空間が得られるようになりました。

ビューカード付のビックカメラSuicaは、 Quick Payが使えるコンビニ・スーパー・ドラックストア・自動販売機において、電子マネーが利用できるため、JR東日本などの定期券の購入や、モバイルSuica特急券の購入が、iPhoneでできるのでビジネス的にも便利になり、交通費用・生活費用から、こまめにポイントを獲得できるばかりでなく、合理的な電子マネーの有効活用をライフスタイルに取り込めるメリットがあります。

ビューカード付のビックカメラSuicaのApple Payの利用は、支払い時の相手側に、QuickPayがあることを前提しているので、QuickPayがないところでは、VIEWなどの取り扱いがあり、カードの使えるお店では、ビックカメラSuicaのカードを使用することになりますから注意しましょう。

JR東日本利用通勤の方には、定期券をVIEWのクレジットで購入するとポイントが発生!

なんといっても通勤の定期券購入をクレジット払いにするだけで、ポイントが発生するわけですから、主にJR東日本を利用して通勤している方でビューカード未加入の方には、ビックカメラSuicaカードの入金を検討する価値があります。通常は、VIEWより1000円につき、6ポイントのビューサンクスポイントが提供されるほか、新幹線などのモバイルSuica特急券についても同様にポイントがサービスされます。定期券購入は、別に設定されているビューサンクスポイントのボーナスポイントための利用累計金額の対象外となります。

Apple Payの機能とQuick Payまで使えるiPhoneの端末については、iPhone7とiPhone7Plus、Apple Watch Series2となります。社員証・学生証が一体化したSuica・小児用My Suica・学生用Suica定期などは、iPhone7などに取り込みができません。SuicaはJR東日本の発行するSuicaのみとなりますので注意しましょう。

フェリカの搭載によるApple Payなので、iPhoneなどでの電子マネーの利用は国内での利用のみとなります。

Apple Pay 利用に際して、Suicaアプリへの登録が必要です。

ビックカメラSuicaの14メリット

1入口改札でのオートチャージで、1,000円に対して6ポイントとなる通常の3倍のビューサンクスポイントが貯まる!

オートチャージ機能において、自分が設定した金額にSuicaの残額が達したところで、オートチャージが機能して入金(チャージ)されるので、JR東日本のSuikaエリアだけでなく、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアにおいても、ほとんどの入口改札にてオートチャージが可能です。

オートチャージ機能を利用するには、Suicaアプリケーションにて、Suica・VIEWcardの会員登録が必要ですが、この登録により、定期券・Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券を購入、利用ができます。

2ビックカメラ・コジマでの購入でビックポイントがお得に!

購入金額に対して、最大で合計9%ポイントサービス!

ApplePayによるビックカメラSuicaカードでのクレジット払いにより、現金支払いと同率の8%のポイントがサービスされます。お支払い時にビックカメラSuicaカードの提示が必要です。

さらに、リボ払い・3回以上の分割払いで、さらに1%ポイントがサービスされます。ただし、8%ポイントサービスの商品が対象となりますので注意しましょう。コジマでは、クレジットでの支払いでも、現金での購入と同率となるコジマが規定するパーセンテージでのポイントがサービスされます。ビックカメラでのこの8%のサービスは、カードでのクレジット利用により10%になりますので最大で合計11%となることから、カード利用の方がお得となります。

3普段の食事・買い物でもQuick Payがあれば、実質1パーセントのポイント還元!

Quick Payがあれば、ビックポイント5パーセントとビューサンクスポイントで2ポイントを合わせた実質1パーセントのポイントが還元されます。また、ビックカメラSuicaカードで直接のクレジット決済すれば、VIEW・VISA・JCBの取り扱いがある店舗や、駅ナカ・街ナカなどのSuica が利用できる全店舗で、ビックポイント・ビューサンクスポイントが貯まることになります!

4公共料金などのクレジットでの支払いで、1%相当のポイントが貯まります!

VIEW・VISA・JCBの取り扱いがあり、Suica が利用できる全店舗で、公共料金などのクレジットでの支払いにより、ビックポイント0.5%と、0.5%相当となる1000円につき2ポイントのビューサンクスポイントが提供されます。

5クレジットチャージを合わせ技にしてもっとお得に!

Suicaにクレジットチャージにより、1000円につき6ポイントとなる1.5%相当のビューサンクスポイントが貯まります。そして、上述のビックカメラ・コジマでクレジット利用のお買い物で、対象商品の8%のビックポイントが貯まります。リボ払い・3回以上の分割払いで、さらに1%ポイントサービスとなり、合計で、なんと最大10.5%相当のポイントを貯めることができます。

※suicaへの最大のチャージ金額は2万円となります。

6ビックポイント・ビューサンクスポイントをSuicaにチャージして利用することができます!

ポイントの交換単位は、Suica1000円相当への交換は、ビューサンクスポイントで400ポイントとなり、ビックポイント1500ポイントとなります。ビューサンクスポイントと、ビックポイントへの交換の場合には、ビューサンクスポイント400ポイントでビックポイント1000ポイントに相当します。その時のニーズに合わせて、使い分けができるので、便利です。ビックポイントのSuicaへのチャージは、カードでのエキナカATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」の操作が必要です。

7定期券購入や、出張時などでのSuicaグリーン券・モバイルSuica特急券を購入がiPhoneで可能に!

定期券は、利用開始日の14日前から購入可能となります。

Suicaグリーン券は、普通列車のグリーン車を「事前料金」と同額のモバイル料金で購入できます。モバイルSuica特急券は、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸の新幹線で乗車1カ月前から購入ができます。事前予約は、さらにその1週間前から可能です。

8海外旅行保険と、ビックカメラSuica利用により国内旅行傷害保険がついてくる!

海外旅行の時には、自動的に適用されます。ビックカメラSuicaの VIEWでのクレジット払いでの旅行の交通費用支払いやや旅行商品の購入により、改札を入ってから、出るまで補償が付きます。

9年会費は、ビックカメラSuicaを使っていれば無料に!

初年度年会費は、無料となり、翌年度からは、規定期間における前年度のクレジットの使用実績があれば、無料となります。通常、年会費は477円です。

10ETCカードをビックカメラSuicaで発行することができます! 

別途に年会費477円で、ビューETCカードを発行することができます。こちらのカードでも、ビューサンクスポイントと、ビックポイントを貯めることができます。

11携帯電話料金の支払いや、買い物・食事の支払いでも、VIEWでのクレジット払いにより、ビューサンクスポイントが1,000円につき2ポイント貯まる!

VIEW・JCB・VISA・MasterCardの取り扱いのあるお店での携帯電話料金の支払いや、買い物・食事の支払いにおいて、「ビックカメラSuica」のVIEWを利用するとビューサンクスポイントが1,000円につき2ポイント貯まります。

12年間の利用額累計でボーナスポイントが、最大で2,100ポイントが提供されます!

年間の利用額累計に応じて、ビューサンクスポイントのボーナスポイントが発生します。年間の累計額が70万円の場合には、最大で35%の500ポイントが、提供されます。最終ステージの150万円以上の場合には、最大で70%の2,100ポイントで5,250円相当が提供されます。

13 Web明細に変えれば、ポイントが還元されてくる!

明細ポイントサービスでは、Web明細に設定すると、明細書発行のたびに20ポイントのビューサンクスポイントが貯まります。年間600ポイントが貯まります。

14サカイ引越センターの引越基本料金などで優待!

サカイ引越センターの引越基本料金25%割引やビューサンクスポイント1,000円につき6ポイントを提供など優待サービスがあります。キャンペーン期間は、5月31日までとなります。

このほかにも、エントリーすると抽選でプレゼントが提供されるキャンペーンなどの様々なキャンペーンがたくさんあります。

重要な点は、紛失時の対応ですが、パソコンや別の端末により、iCloudで会員専用パソコンサイトにアクセスするか、Apple IDでアクセスして、紛失への対応措置をとることができます。

通勤定期券や、新幹線での出張代から、公共料金の支払いまで、ポイントが還元される点を重視して、なおかつ、ビックカメラやコジマにおける買い物などでのポイントにおいて合理的な互換性・利便性があるという便利さをいかすことで、ビックカメラSuicaカードをひとつの大切なカードとして手に入れておきたいものです。

また「ApplePayのグランドオープン」とAppleが、コメントするように、クレジットカード会社が多く、今春より一斉に参入してきており、ApplePayを活用した様々なサービスの展開が今後も期待できそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ