楽天期間限定ポイントを失効させる前に使い切る方法

クレジットカードを申し込んだはいいけれども、思っていたような使い方が出来なかった、実際にはほとんど使うことが出来なかったなどの理由でクレジットカードを退会してしまう方もいます。

申込む前にクレジットカードのあるポイントをどう貯めて。どう使うのかをしっかり押さえておかなくては、次のクレジットカードに申し込んだ時に審査に通らないなど、トラブルの元になってしまうことがあります。

そこで、仮に楽天のカードを退会したときの注意点を確認してみましょう。

「個人信用情報機関」というもの

私たちのクレジットカードや携帯電話の料金の支払い履歴は、実は全て「個人信用情報機関」というところで、最長5年保管されています。個人信用情報機関は3つあり、どのクレジットカード会社やローン会社なども必ずそのどこかに加入して申し込み者にトラブルの履歴がないか、どのような使い方をしたかを履歴として残しているので、そのためにその存在を知らないと滅茶苦茶なクレジットカード履歴などが残ってしまい、困ってしまう人も多くいます。まずは個人信用情報機関にはどのようなものがあるかを見て行きましょう。

個人信用情報機関の種類

1つめは日本信用情報機構(JICC)というところで、主に消費者金融系の会社が加入している情報機関があります。

2つめはCICというところで、クレジットカード会社の共同出資によって設立されたという経緯があるので、ほとんどのクレジットカード会社がCICには加入しており、複数個の個人信用情報機関に登録しているクレジットカード会社も沢山あるのでローンでトラブルがあるけれどクレジットは関係ないだろうなどということはありませんので注意しましょう。

3つめは全国銀行個人信用情報センター(全銀協)といいうところで、銀行系のクレジットカードが外資系クレジットカードが加入している割合が多い所です。

個人信用情報機関には、登録氏名・旧氏名・性別・郵便番号・本人電話番号・住所・勤務先名・勤務先電話番号・会員コード・店番号・取引種類・貸出形式区分・使途区分・担保有無・極度設定日・極度設定期限・極度設定金額・残債額・更新日(残債額)・実行-事故区分・完済-解約-事故日・返済履歴など驚くようなことまですべて記録されています。そのためこの個人信用情報機関の履歴に傷をつけるようなことのないようにしなくてはいけません。

退会時の履歴は?

個人信用情報機関の履歴のことをクレジットヒストリー、略してクレヒスと呼びますが、このクレヒスは一生のものが残るのではなく、それぞれ直近から最長で●カ月または●年となっており、クレジットカードの利用履歴は最長で5年分、クレジットカードの申し込み履歴は最長で6カ月となっています。

例えばデパートやスーパー、量販店などで言われるがまま色々なクレジットカードに申し込みを行い審査が通ったけれども、後日やはり必要ないなと思いなおして退会を繰り返していると、支払いを滞ったわけではないのに、この履歴も直近から半年分は複数のクレジットカードの大会の履歴が残ってしまいます。

クレジットカードによっては入会時に申し込みキャンペーンなどでポイントやギフト券を進呈する場合もあるため、短期間での入会退会は知らず知らずのうちにクレヒスに傷をつけてしまい、悪気があったわけでもないのに入りたかったクレジットカードに入会できないという場合がおきないようにするにはどうすれば良いのか、例として楽天のクレジットカードに入会している状況を想定して見てみます。

クレジットカードの退会について


カードフェイス
楽天カード
年会費 無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
申し込み資格 18歳以上で日本在住の方
ポイント 100円→1ポイント
メリット ・楽天市場の買い物はいつも4倍 ・ポイントアップキャンペーンが多い ・最短で翌日審査通知 ・ネットで申し込みが出来る ・電子マネー「Edy搭載」
デメリット ・ポイントは楽天グループでしか使えない ・旅行保険などが付いていない

楽天カードは、ポイントアップのキャンペーンやシステムが充実しているので、ネット通販が拡大している中で、ネット通販を品パに楽しみたいという方はザクザクポイントが貯まるクレジットカードです。また年会費が無料で、さらにクレジットカードのポイント率が高いので、普段使いのクレジットカードとしても大変使い勝手が良いカードです。しかし、貯めたポイントは楽天ブックスや楽天トラベルなど、楽天グループでしか利用することが出来ないクレジットカードなので、ネットで買い物をしていて申し込んで審査が通り手元へ来たけれども、案外使わなかったという方が居るのも事実です。

退会の方法と注意

退会の方法は至って簡単で、クレジットカードの裏面に書いてある電話番号に電話をし、退会したい旨を伝えるだけで、当月分が翌月引き落とされるだけで完了します。しかし、ここにもポイントがあり、せっかく入会したカードなので申し込む最後まで有効活用しましょう。

ポイント1「ポイント」

クレジットカードを利用した際に貰った残ポイントがないかをチェックしてから、クレジットカードは解約手続きを取るようにしましょう。クレジットカード中にはポイント交換の最小単位が設定されているものもありますが、楽天カードであれば1ポイント→1円として利用できるので、退会前にポイントを使い切ってしまいましょう。

そして楽天ではポイントアップのキャンペーンや期間限定で付与されてるキャンペーンもあるので、意外と気付かないうちに期間限定ポイントが付いていることも有ります。退会をする場合にはポイントや期間限定ポイントなど最後までサービスをしっかり使い切りましょう。

ポイント2「期間」

前記のとおりクレジットカード会社では「個人信用情報機関」というものに加入しており、クレジットカード会社の入退会もチェックしています。そのため、申し込んで審査に通過し入会が出来た場合には最低でも1年が経過するまでは退会をせず、出来れば何度か利用するようにしておきたいものです。

ポイント3「次のクレジットカード」

次に申し込みたいクレジットカードがもう決まっている場合には、クレジットカードの退会手続きをしてから、新しいクレジットカードに申し込むのではなく、クレジットカードは解約しないままにしておいて、まず新しいクレジットカードに申し込んで審査の合否を受けてから、受かった場合には、解約したい方のクレジットカードを解約しましょう。この手順を踏むのには実は理由があり、個人信用情報機関で入退会を繰り返しているクレジットカード会員だと思われないようにするためなのです。

おすすめのクレジットカード

楽天カードを退会する場合、クレジットカードはもう持たない、または新しいクレジットカードに乗り換えるなどの選択がありますが、まだ申し込みたいクレジットカードに悩んでいるという方におすすめのクレジットカードがあります。


カードフェイス
オリコカードザポイント
年会費 無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
申し込み資格 原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)
ポイント 100円→1ポイント
メリット ・いつでも1%の高還元 ・入会半年間はポイント2倍 ・オリコモール経由でポイントアップ ・ポイントの互換性が高い ・ネット上でポイント交換可能
デメリット ・海外旅行保険無し

クレジットカードのポイントは1,000円→1ポイントや200円→1ポイントが多い中で、100円→1ポイントが貰え、さらに年会費無料で持つことが出来るのがこのオリコカードザポイントです。旅行保険が付いてはいませんが、普段使いするときに支障になるものではありませんし、何と言ってもポイントの使い道が自社に限られず、Amazonギフト券やTポイント、UCギフトカードなどに交換することが出来るのも魅力の一つです。これからクレジットカードを検討しようと思っている方はオリコカードザポイントもチェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ