アメックスカードでポイント2倍・無料宿泊特典を手に入れる方法

旅行に強いアメックスカード

ステータス感のあるクレジットカードブランドとして、多くの人がまず思い浮かべるのがアメックス(アメリカン・エキスプレス)ではないでしょうか。

その通常カードにあたるアメックスカードは、カードフェイスの色から「アメックス・グリーン」とも呼ばれ、持っているだけで自慢できるカードといわれています。ゴールドカードではないのに自慢できるのは、それだけブランド価値が高いということでしょう。

そのステータス感の理由の1つは、1万2,000円(税別)の年会費にあります。

他社のゴールドカードを上回るほどの年会費ですが、独自のT&E(トラベル&エンターテイメント)サービスにより、旅行とエンターテイメントを楽しむ人にとって、年会費以上のおトクがあるクレジットカードとなっています。

しかし、そうなってくると心配なのはカード発行の審査基準です。

通常、こういったステータス感のあるカードでは審査基準もそれなりに高くなるものですが、アメックスの場合、20歳以上で定職についている人であれば申し込みは可能です。ただし、ここでいう“定職”にパートやアルバイトは含まれません。

勤続年数や年収についての審査基準は公開されていませんが、現在ではそれほど高いハードルではないともいわれます。これまで富裕層向けのクレジットカードといわれてきたアメックスも、一般の手の届くクレジットカードになってきたようです。

では、T&Eのうち、ここでは旅行の部分にスポットライトをあててみましょう。

アメックスカードのトラベル関係サービス

空港ラウンジ

国内外30ヵ所の空港ラウンジを、同伴の1名とともに無料で利用できます。

プライオリティ・パス

国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジを、カード会員と同伴者が1回27米ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録できます(通常99米ドル)。

手荷物無料宅配サービス

自宅と空港間の往復で、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送します(対象空港は羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

無料ポーターサービス

空港の駅改札やバス停からチェックインカウンターまで専任スタッフが荷物を運びます(対象空港は成田国際空港第1・第2ターミナル、関西国際空港)。

そのほかのエアポート・サービス

空港周辺パーキングを低価格で利用できる空港パーキング」、乗り継ぎ便の待ち時間などに荷物を預かってくれる空港クロークサービス」(中部国際空港)などのエアポート・サービスを受けられます。

海外用レンタル携帯電話

海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用できます(対象空港は成田国際空港、関西国際空港、羽田空港国際線)。

旅行傷害保険

カード会員本人に最高5000万円の旅行傷害保険(国内・海外旅行傷害の傷害死亡・後遺障害保険)が付帯します。

アメックストラベルで旅行をもっとおトクに

そのほか、旅行関連では、海外航空券、ホテル、レンタカーなどの予約・購入をオンラインからできるサイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」(アメックストラベル)の利用でポイント(メンバーシップ・リワード)が2倍貯まることも、大きなおトクです。なお、このサイトで予約すると 予約手数料も無料です。

アメックスカードでは、カード利用代金(クレジット支払い)100円あたり、1ポイントが貯まります。利用時はポイントの交換先にもよりますが、1P→0.3円と考えるといいでしょう。

一方、アメックストラベルでホテルやレンタカーを予約すると、100円あたり2ポイントが貯まります。これは通常の2倍であり、還元率でいうと0.6%になります。

さらに、アメックストラベルで世界各地の対象ホテルを4連泊以上予約すると、4泊目の宿泊料金が無料になるキャンペーンも大変おトクです。

2017年のキャンペーンの場合、6月30日までに予約し、7月14日までに宿泊したものが対象となり、4泊以上でホテルを検索し、検索結果の料金上部に「無料宿泊特典」と表示があるものが対象ホテルとなります。

たとえば、香港の「Conrad Hong Kong」では、1泊4万4,763円の宿泊料金がアメックストラベル経由だと3万3,572円になり、4泊以上の宿泊でその4泊目が無料になります。つまり、通常料金で4泊する場合、合計17万9,052円となりますが、アメックストラベル経由だとこれが13万4,288円になり、合計で4万4,764円ものおトクとなるわけです(時期によって金額は異なります) 。

ほかにもさまざまなキャンペーンが

無料宿泊特典は期間限定のキャンペーンですが、ほかにも年間通して、さまざまなキャンペーンを行なっているので上手に活用したいところです。

たとえば、「昭和シェル石油 ハイオクガソリン『Shell V-Power』キャッシュバックキャンペーン」では、事前登録のうえ、キャンペーン期間中に昭和シェル石油の対象店舗にてハイオクガソリン「Shell V-Power」の給油でカードを利用すると、期間中なら何度でも2%のキャッシュバックを受けられます。

また、アメックスの日本進出100周年を記念して行われるキャンペーンでは、通常より最大40%オフのポイント数で交換できるアイテムが続々と登場します。このキャンペーンに限らず、一度でもアイテム交換をすると、通常3年間のポイント有効期限が無期限になるので、このような機会を上手く利用したいところです。

40%オフで交換できるアイテムの一例

「アメリカン・エキスプレス オリジナルロゴ入りカードケース」

通常8,100P→キャンペーン期間中6,000P

「アメリカン・エキスプレス オリジナル 三越黒豚角煮カレー」

通常29,000P→キャンペーン期間中22,900P

「アメリカン・エキスプレスオリジナル コンビーフ 松阪牛・神戸牛食べ比べセット」

通常33,000P→キャンペーン期間中27,000P

航空会社のマイルへの移行がおトク

必ずしも還元率が高いわけではないアメックスカードですが、工夫次第でより多くのポイントを得ることができます。

さきほども触れた通り、アメックスのポイントシステムでは100円の利用で1ポイントが貯まり、カード支払い時にそのポイントを充当することができます。その場合、1P=0.3円のレートになります。

一方、「ボーナスポイント・パートナーズ」の提携店でカード利用すると、100円につき最大10ポイントが付与されます。つまり、還元率が最大3%になるということです。

ポイントの交換先を工夫することでも還元率を少し上げることができます。たとえば、貯まったポイントをアメックストラベルや「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」「日本旅行の対象店舗」で使う場合は少しおトクなレートとなり、1P=0.4円として使えます。つまり、アメックストラベルで貯めたポイントをそのままそこで使うと、実質0.8%の還元率になるわけです。

ポイントは全国百貨店共通商品券、モスカード(モスバーガー)、IKEAギフトカード、Amazonギフト券、iTunesギフトコードなどへも交換可能で、その場合は3,000ポイントで1,000円分の商品券に換えられます。

さらに、ANAなど提携する航空会社のマイルやホテルグループのポイント、楽天スーパーポイントやTポイントにも移行可能なので使い道に困ることはありません。

特におすすめなのがマイルへの移行で、その場合、2,000P=1,000マイルのレートになります。マイルの使い道によりますが、これは1,000円相当と考えていいでしょう。つまり、アメックストラベルで貯めたポイントをマイルに移行すると、実質1%の高還元率 となります。

マイルに移行可能な航空会社はANAのほか、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、エールフランス/KLM航空などですが、ANAへのポイント移行には年間5,000円(税別)の参加登録費が必要という点には留意したいところです。

一概には言えませんが、年間100万円を超えるカード利用がないとANAマイルへの移行は特におトクではないと考えていいでしょう。

アメックスカードは、そのステータス感の一方で、そのあまり高くないポイント還元率が気になるところでしたが、アメックストラベルのポイント2倍特典、マイル移行などを上手く活用することで、よりおトクに使えそうです。

まずは
コレ!

ステータスを手に入れるならアメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードはステータスカードのなかでも最高峰のカードなので、持つからには入会キャンペーンと付帯サービスを上手に使い、自分のステータスも上げていきましょう。
申し込み後のメンバーシップリワード・プラスへの登録をお忘れなく。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ