JALマイルの有効期限を失くす方法

アクセスが拡大したことや直行便が増えたこと、また安価でチケットを購入できるようになっていることからも飛行機の利用が以前よりも身近になりました。陸路での移動がメインであった国内の移動でも飛行機を利用する方が増え、それに伴って「マイル」や「マイレージ」という言葉もよく耳にするようになりました。

マイルは利用者によって色々な使い方をすることができ、飛行機を日常的に利用する方はもちろんのこと、日々の買い物でマイルをしっかりと貯めて年に数回の旅行の際にマイルを利用して格安または無料で飛行機に乗ることも可能になっています。

マイルの性質やマイルの貯め方、さらに期限を気にせず目標値までマイルを貯める裏技を調べてみました。

マイルとはどんなもの?

航空会社が展開しているポイントプログラムのことを「マイレージ」、ポイントの単位のことを「マイル」と呼んでいます。マイルには2種類あり、1つは飛行機を利用することで得られるもので、例えばスーパーやクリーニング店など利用代金に応じてポイントカードにポイントが貯まるのと同様に、飛行機の搭乗区間に応じてポイントであるマイルが貰えます。

もう1つはマイルの貯まるクレジットカードを利用することによって、クレジットカードの利用代金に対してマイルが貰えるものです。

貯まったマイルは飛行機の国内線や国際線の無料航空券やシートのランクアップに充てることもできますし、商品券や電子マネーなどに交換することも可能です。各航空会社でマイレージサービスを行っているので、マイルを貯める場合には最もよく利用する航空会社のプログラムに参加することでより効率よくマイルを活用することが出来ます。

国内線・国際線どちらも運行があり、日本に住んでいる方であればとくに利用する機会が多いJALのマイルがお勧めなので、JALマイルを貯める方法や活用方法を見て行きましょう。

JALマイルを貯められるクレジットカードとは

JALマイルを貯める方法はいくつかありますが、最もおすすめなのはJALの発行するクレジットカードの会員になりフライトだけではなく日常の買い物でもマイルを貯める方法です。

JALカードのスペック

カードフェイス
JALカード
年会費 2,000円+税
※初年度入会金無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)で日本国内で支払可能な方
ポイントプログラム 1. マイルコース「JALマイレージ」
2. ポイントコース「DCハッピープレゼント」
いずれかから1つ選択
ポイント率 (1)200円→1ポイント
(2)1,000円→1ポイント
ポイント有効期限 (1)(2)ともに36カ月
JALカードの特長 ・入会時や搭乗時にマイルのプレゼントあり
・海外旅行、国内旅行保険付き(最高1,000万円)
※マイルコースのみ
・特約店利用でポイント200円→2ポイント
・有料ポイントプログラム「JALカードショッピングマイル・プレミアム」入会でいつでも100円→1ポイント

JALカードはマイルコース又はポイントコースのどちらかを選択してポイントを貯めることが出来るクレジットカードです。マイルコースであれば日常での買い物でもマイルが付与されるほか、JALの飛行機に搭乗する際にもポイントが付与されるクレジットカードです。

入会時のボーナスとして1,000マイル、毎年1回目のフライト時に1,000マイル、そして搭乗ごとにフライトマイルの10%が貰えるので、マイルを貯めたい方はマイルコースでしっかりとポイントを貯めて行きましょう。

また年間3,000円+税の追加ポイントプログラム「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に加入すると、通常200円→1ポイントが獲得できるところを、その2倍の100円→1ポイント獲得にランクアップするので、利用金額が多い方は申し込んでおきたいプログラムです。

JALカードのメリット・デメリット

JALカードはJALの飛行機によく乗るという方だけではなく、日常使いでマイルを貯めてから旅行などでお得にマイルを利用したいという方にもおすすめですが、よりJALカードを賢く使うためにカードのメリットとデメリットもまとめてみました。

メリット
デメリット
・日常利用でもマイルが貯まる ・年会費が掛かる
・よりポイントが貯まりやすいプログラムがある ・ポイント有効期限が36カ月
・国内、国外の旅行保険付き  
・国際ブランド3社から選択  

JALカードを利用するメリットとしては、本来飛行機に乗るかポイントの互換制度のあるクレジットカードを利用してクレジットのポイントをマイルへ変換しなければ獲得できないところを日常の買い物でも貯めることが出来ること、そして有料のポイントプログラムに申し込むことでポイントが通常の2倍貯めることが出来ます。

デメリットは年会費が2,000円+税かかってしまうことと、付与されたポイントは有効期限が36カ月であることが挙げられます。しかし年の最初にJALの飛行機に乗ることで貰えるポイント1,000ポイントは、クレジットカード利用20万円分なので年1回以上飛行機に乗るという方は年会費の元を取ることは難しくありません。

またポイントの有効期限36カ月は決して短い期間ではありませんが、ある裏技を使うことによってポイントの有効期限を実質無期限にすることが出来るのです。

JALマイルの有効期限をなくす方法

一般的なクレジットカードのポイントは有効期限が2年前後に設定されているものが多いので、3年間が有効期限となっているJALマイルは有効期限が比較的長いポイントだと言えますが、期限が実質無期限になるのであればそれに越したことはありません。

eJALポイントとは?

JALのポイントサービスにはJALマイルとは別にeJALポイントというものがあります。eJALポイントとはJALの航空券やパッケージツアーの購入代金に充てることができるポイントのことで、JALマイルからのみ交換することが可能なポイント制度です。

JALマイルからeJALポイントへ交換する際の倍率は3,000マイルであれば1.0倍、10,000マイルであれば1.5倍となっているので、例えば10,000JALマイルをeJALポイントへ交換すると15,000ポイントになり、1ポイント→1円として利用することができるようになります。

またeJALポイントはあらかじめ「JALカードプログラム」と「JALファミリークラブ」に登録しておけば会員本人だけではなく、会員の配偶者や2親等以内の家族であれば使うことも可能なので、家族みんなでシェアする方法もあります。

eJALポイントで実質有効期限が無期限に

eJALポイントは「ポイントの最終利用日から1年間」となっているので少しでも航空機のチケット購入やパッケージツアーの購入代金の一部に交換すると、有効期限がリセットされてその日から1年後に延長されます。

例えば1月1日に10,000JALマイルをeJALポイントへ交換すると15,000ポイントになり、有効期限が翌年の1月1日に設定されます。

もしも1年間全く利用しなければ15,000ポイントは失効してしまいますが、1年の有効期限を迎えるギリギリの12月30日に交換最小単位の10ポイントだけでもツアー代金に充てて利用すると、残りの14,990ポイントについては有効期限が1年後の12月30日になります。

この方法を使って少しだけポイントを交換しておくと、ポイントの有効期限が無期限であるように利用することもできるのです。

ただし交換さえしておけば良い全くの無期限という訳では無いので期限を把握しておく必要もありますし、ポイントを少額であっても利用する必要があるので、どうしてもポイントを利用することを忘れてしまう方や、ポイント交換の手間が煩わしいという方にはあまりお勧めできません。

しかしこまめに飛行機に乗る機会はないけれども、たまに大型の休みが取れる際にはまとめてツアー代金に充ててポイントを使いたいという方や、ポイントを少しでもお得に活用したいという方はJALマイルからeJALポイントへ交換しておく方が長い目で見ると使いやすい場合もあります。

いずれにせよJALマイルは3年間の有効期限があるので、まずは3年間JALマイルを貯めてからポイントの貯蓄状況や利用状況を見ながらeJALポイントに交換するのか、3年以内に貯めたポイントをこまめに利用できるのかを見ながらポイント活用をして行くことをお勧めします。

おすすめはこちら

JAL 普通カード


  • 搭乗ボーナスポイントあり
  • 割引サービスあり
  • 家族カード発行枚数に制限なし
  • JALのマイレージを貯めるなら、必ず持っておきたい JALカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ