ANAカードでマイルを貯める

マイルを貯めることで得られるアイテムは、飛行機を利用するかたにとっては魅力的なものばかり。
たった1マイルでも取りこぼしたくないかたは、マイルが貯まりやすいカードを所有して、上手に活用することがキーポイントです。

ANAのマイルを貯める方法を紹介

ANAは以下のような方法でマイルを貯めることができます。

入会・継続ボーナスマイル

・入会ボーナスマイル/1000マイルから10000マイル付与
・継続ボーナスマイル/1000マイルから10000マイル付与

フライトマイル

・ANA便搭乗ごとにボーナスマイル
・区間基本マイレージにプラス10%から50%

例)東京-札幌は区間化基本マイレージ510、
ANA一般カード利用で搭乗ボーナスマイルプラス10%とした場合は
合計1122マイルが付与されます。  ※旅割などを利用しなかった場合

クレジットカード会社のポイントを貯める

・ANAJCBカード/
OkiDokiポイントプログラム(マイル移行手数料5マイル無料/2100円10マイルコース)
・ANAVISA、ANAマスターカード/
ワールドプレゼント(マイル手数料5マイル無料/6300円10マイルコース)
・ANAダイナースカード/
クラブポイントプレゼント(マイル手数料無料)
・ANAアメリカン・エキスプレスカード/
ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
(マイル手数料一般カード5250円/ゴールドカード無料)

ANAカード会員限定 ANAカードマイルプラスを利用する

・ANAカードマイルプラス加盟店で100円=1マイル、200円=1マイルが付与され、
クレジットカードのポイントも付与(2重取り)

グルメマイル

・提携レストランでマイルを貯めることができる(100円=最大3マイル)

ANAマイレージモール

・楽天市場、UNIQLO、無印良品、DHC、ベルメゾンネットなど参加ショップ多数

ANA限定 Edyでマイル付与

・チャージ、利用で200円=1マイル付与


ANAアメリカン・エキスプレス・カードは100円=1P付与となり1P=1マイル。
ANA JCB一般カードは1000円=1P付与で1P=10マイルとして移行が可能となります。

マイルをとにかく貯めたい方は、マイル(ポイント)が付与となるところでカード利用し、
取りこぼしのないようにしていきましょう。


その他マイルが貯まりやすいクレジットカードはこちらでご紹介しています。

<ANAカードでのマイルが貯まる仕組み>

ANAカードではマイルを貯めるには、
ポイントをマイルへ移行しなければいけません。
ANAのカードを利用しただけでは、ポイントは貯まってもマイルは貯まりません。
※入会時にマイルへ自動移行コースを選択可能のカードもあり

@ANAカードで支払い
Aクレカのポイントが貯まる
BポイントをANAマイルへ移行




JALカードでマイルを貯める







マイルが貯まるカード 関連コンテンツ

クレジットカード基礎知識TOPへ戻る



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ