ETCカードはデビットカードでは作れない…どうすればいい?

クレジットカードの代わりにデビットカードを使っている人もいますよね。それなら、ETCカードもデビットカードで作れるのではないか?と考えると思います。しかし、現実には作ることができないのです。では、どうしたらいいのか、ご説明していきます。

デビットカードではETCカードを作れない理由



デビットカードでETCカードを作成することができない理由は、その決済方法にあります。
ETCカードは使用した料金を後日一括で決済する方式を採っています。一方、デビットカードは使用したらその場で口座からの引き落としが行われる即時決済方式です。
つまり、「デビットカードで使用した料金が引き落とされたため、口座残高が0円」という状態でETCカードの決済日を迎えてしまうということも起こり得るということです。残高がゼロであれば、当然ETC料金の決済はできません。
このような事態を未然に防ぐため、デビットカードにはETCカード付帯サービスが設けられていないと考えられます。

こうすれば通るかも!カード審査に通る方法

クレジットカードの審査通過が難しいという事情でデビットカードを使っている人であっても、方法によっては審査に通る可能性をアップさせることができます。 申し込み時に実践できる工夫をご紹介します。

審査基準が低いと口コミで有名な楽天カードを申し込む場合の審査対策とコツ

審査基準の低い発行会社を選ぶ

クレジットカードはいろいろな業種の会社から発行されていますが、中でも審査基準がそれほど高くないのが消費者金融系です。
消費者金融はもともと手早くお金を借りたい人や、金銭的な融通がつきにくい人が利用する会社であるため、審査基準にも柔軟性を持たせていることが推測されます。また、審査結果が通知されるまで、カードが発行されるまでなどの過程で、あまり時間を必要としないことも特徴です。
審査の基準自体を下げて通過を狙うというのが一つめの方法です。

アコムマスターカードの審査を通す5つの重要ポイント

申し込み資格の当てはまるカードを選ぶ

カード審査の基準は会社やカードのランクによって大きく異なります。「年齢・年収・定住所があるかどうか」といった程度の条件を満たしていればよいカードもあれば、年齢と収入のバランス・勤続年数・家族構成・借家か持家か・借入歴・年間利用額/利用回数など、多くの基準をクリアしなければ発行されないカードもあります。
通常、審査基準は公開されるものではありませんが、年齢・収入程度の最低限の情報は提示されているケースが多いものです。
見切り発車でカードを申し込むのではなく、自分に当てはまる資格・条件であるかどうかの確認をきちんと行うことも大切です。

申し込み資格がシンプルなVIASOカードは本当に審査通過しやすいのか?

利用枠を少なめに設定する

クレジットカードにはキャッシング・ショッピングに関する利用枠(限度額)が設けられています。

簡単に言えば、
キャッシング⇒クレジットカードで直接現金を借りること
ショッピング⇒クレジットカードを使って買い物をすること
であり、その上限の金額がそれぞれの利用枠となります。
どちらもクレジットカードの申し込み時に利用枠の希望金額を申告するのですが、審査基準から外れてしまったり希望額を引き下げられてしまったりすることがあります。

そこで、最初から利用枠を少なめの金額に設定しておくことで審査に通りやすくしてしまおうというのがこの方法です。キャッシング枠に関しては、最初から0円に設定することも可能です。

在籍確認に応じる

在籍確認とは、カード発行会社が個人名で申込者の勤務先とされている会社へ電話をかけ、申込者が確実に在籍・勤務しているかどうかを確認する作業のことを言います。電話の際に個人名を用いるのは、カード発行会社を名乗ることで申込者のプライバシーを侵害しないためです。
この在籍確認にきちんと応じれば、会社へ在籍・勤務しているということの証明になるため、審査通過の確率も上がると言えます。
在籍確認に応じるのは本人・他の従業員どちらでもよいので、自分で応対したい場合は日時を指定しておくこともできます。

クレジットカードの審査に通過しやすくなる対策を何点かご紹介しました。
どれも難しいことではないため、申し込みを考えているけれど審査が不安という場合には、試してみるのもよいでしょう。

それでも審査が不安・さらに詳しく知りたいという方はこちら
キャンペーン時は審査が柔軟?審査の裏側に迫る

どうしてもクレジットカードを作れない人へ

上記のような方法では対処できない事情などがあり、どうしてもクレジットカードが作れないという人も少なくありません。
そんな方々がETCカードを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか?

法人・自営業ならETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードとは、高速道路会社が大口客や利用頻度の多い顧客(主に法人・自営業)を対象に貸与するETCカードのことで、クレジットカード会社が発行する法人用ETCカードとは異なるものです。
高速道路会社が定める要件を満たしていれば、クレジットカードを持っていなくても使用することができます。

ETCコーポレートカードについて詳しくはこちら

個人ならETCパーソナルカード

個人向けには、有料道路の支払いのみを行うことができるETCパーソナルカードというものがあります。このカードは必要事項を記入した申込書と本人確認書を郵送し、使用額に応じた保証金(デポジット)を預託することで発行を受けることができます。

ETCパーソナルカードについて詳しくはこちら

まとめ

デビットカードでは作ることのできないETCカード。クレジットカードの審査を通過するコツや、どうしても審査に通るのが難しい場合にも利用できるETCカードについてご紹介しました。 ご自分の現状やシチュエーションに合わせて活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイプ別・ETC車載器の選び方




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ