ETCパーソナルカードについて

車所有者には今や『必需品』となっているETCカードは、
ETC車載器と組み合わせることで時間帯割引が適応され、
ノンストップの快適なカーライフを過ごすことができます。
ETCカードのことを学んだあとは、親となるクレジットカードを見つけていきましょう。

年会費とデポジット支払いで発行



ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行できるカードですが、
なかには、クレジットカードの審査が不安だったり、あくまでキャッシュ派というところでクレジットカードを持たずにETCカードを使いたいというひともいるでしょう。

そんなひとは、クレジットカードのETCカードではなく、
審査不要で使えるETCパーソナルカードを検討されていると思います。
ETCパーソナルカードは、年会費とデポジット(前払い金)を支払えば発行され、ETCカードのように車載器に挿入して使うことができるアイテムです。

通行料金はデポジットで決済するのではなく、指定した銀行口座から引落しとなります。 デポジットはあくまで審査がない代わりの保証なので、注意しましょう。

ETCパーソナルカード

ここで気になるのがデポジットの金額だと思うのですが、
ETCパーソナルカードは平均利用月額、または年間最高利用月額によりデポジット額が異なり、申込書での事前申請で決まります。

デポジット金額に関した申請内容

@高速道路を利用する日は1カ月間で平均何日ぐらいあるか
A高速道路を利用する日の通行料金は1日平均いくらあるか
B1か月間の平均利用見込み額
AとBの金額を4倍にした金額
C1年間のうち、1日で最も長い距離の高速道路を走行したときの料金
D1年間のうち、最もよく高速料金を利用する月の月間金額
CとDの金額のいずれか大きい方をデポジットとして預けることになります。

デポジット額は有料道路の平均利用月額を5千円単位で切り上げた額(平均利用月額が1万円未満の場合は1万円)の4倍の額、または年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額のいずれか高い額がデポジット額となるので、月の利用額が5千円未満であっても、1万円の4倍=4万円が最低デポジット額になります

頻繁に高速道路・有料道路を利用するひとは、その分デポジット額が大きくなりますし、発行後に利用が増えたときもデポジットを入金しておく必要があるので、審査がないとはいっても経費がかかるカードとも言えます。

■ETCパーソナルカード事務局:
TEL 044-870-7333(土日、祝日、年末年始除く9:00〜17:00)
※こちらへの電話時の会話は録音が行われます。
理由は対応に正確を期するため、となっています。

ETCパーソナルカードのデポジット額の詳細は、←こちらのコラムでも紹介しています。
よく比較・検討してから申込みされる事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間限定割引を使いこなそう!


ETCカード基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ