ETCカードにプリペイド式はある?審査に通りやすいカード紹介

残念ながら、プリペイド式のETCカードは存在しません。
ただし、クレジットカードを作成せずにETCカードを作ることは可能です。
そのカードとは、「ETCパーソナルカード」。デポジットを払うことで作成できます。
その他、審査に通りやすいカードやその方法も紹介します。

プリペイド式のETCカードは存在しない!

ETCカードにはプリペイド式のものはありません。
基本的には、クレジットカードが親カードとなり、その付帯カードとしてETCカードが発行されます。
ETCカード利用代金は、クレジットカード利用代金と合算して毎月請求されます。
クレジットカードには、nanacoやwaonなどの電子マネー機能が搭載されているものもありますが、電子マネーで支払うことができるのはショッピング代金のみで、ETCの支払いに電子マネーを使うことはできません。
つまり、ETCカードを作ってETC利用代金を支払うには、クレジットカードが必要ということになります。
しかし、実際には、クレジットカードを持たずしてETCカードを持つことは可能です。

クレジットカードを作成しないならETCパーソナルカードを

クレジットカードを作成しないなら、代わりにETCパーソナルカードを作成しましょう。
ETCパーソナルカードとは、高速道路6会社が共同発行する有料道路専用カードのことで、通常親となるクレジットカードを発行することなく、単体で申込みをすることが可能です。支払い方法は、電子マネーのようにプリペイド式でも、デビットカードのように即時引き落し式でもなく、利用月翌月に指定の金融機関口座から引き落としとなります。つまり、システムは基本的にはクレジットカードのETCカードと同じということです。

申込みは書面郵送です。
申込書は有料道路のSAで入手するか、ETCパーソナル事務局に電話依頼をすることで送付してもらうことができるので、まずは申込書を入手してください。申込書を入手したら、必要事項を記入し、本人確認書類と合わせて事務局に送付します。すると、事務局からデジポット振込用紙が送られてくるので、デジポットを郵便局窓口もしくはコンビニで支払いましょう。入金が事務局で確認できたら、カード発行となります。

ETCパーソナルカードはETCカードとほぼ同様に利用できるカードですが、デジポットを支払う点においては異なります。 デジポットとはETCパーソナル事務局に担保として預ける保証金のことで、クレジットカードのように与信審査を行わない代わりにデジポットを支払うことが決められています。デジポットとして預ける金額は、平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額を4倍した額と、年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い方となります。平均利用月額が1万円未満の場合は、1万円となる点に注意して試算してみましょう。

たとえば、@平均利用月額が6,000円でA年間最高利用月額が45,000円の場合、
@6,000円→10,000円×4=40,000円
A4,5000円→60,000円
となるため、預ける金額は60,000円ということになります。
※デジポットの金額は、カード発行後の利用実績によって増額される可能性があります。

ちなみに、預けたデジポットは「担保」であるため、有料道路通行料金に充てることはできません。
なお、カード解約時には、所定の手続きをすることでデジポットは全額返金されます。

クレジットカードを作成せずにETCを利用するなら、まずはこのようにデジポットを預けるだけで発行できるETCパーソナルカードで検討してみましょう。

審査に通りやすいカードとは

ETCパーソナルカードは、現金主義でクレジットカードを持つことが嫌な人以外に、信用情報がブラックであるために、クレジットカードを発行できない人にも向いています。使い方はETCカードと変わらず便利です。
しかし、最大のデメリットとして挙げられるのが、やはりデジポット。いくら解約時に返金されると言っても、最低4万円のデジポットは高額です。また、ETCパーソナルカードの維持には、1,234円(税込)の年会費がかかります。これは、利用頻度や額にかかわらず金額が変わることはありません。

このようなETCパーソナルカードのデメリットを考慮すると、「クレジットカードのETCカードを発行したい」と思うのは当然です。それならば、家族名義で年会費無料のクレジットカードを発行し、その家族カードを発行するのがおすすめです。家族カードは発行者の信用を元に発行されるため、家族カード所持者がブラックであったとしても発行を見送られることはありません。まずは家族カードを発行し、それに付帯するETCカードを発行すれば、デジポットや年会費を支払うことなくETCカードを持つことが可能になります。

しかし、家族カードでETCカードを利用した場合、あなた自身の信用履歴を積み重ねることはできません。
現在ブラックである人は難しいですが、ブラック期間(通常5年と言われる)が終了しているのであれば、できるだけ審査に通りやすいクレジットカードを選び、ETCカード発行を試みてみるのもおすすめです。
クレジットカードは発行元によって審査難易度が異なり、難易度が高い順に銀行系→信販系→流通系→消費者金融系だと言われています。現在、消費者金融発行のクレジットカードでETCカードを発行しているものはありませんが、流通系などの難易度の低いクレジットカードからチャレンジしてみるのも良いでしょう。

まとめ

ETCカードは多くのクレジットカード会社から発行されていますが、いずれもプリペイド式はありません。
クレジットカードなしでETCカードを持つために今できることは、保証金を預けるだけで発行されるETCパーソナルカードで検討することです。申込みから2週間で手元に届き、すぐに利用することができます。

また、ETCパーソナルカードの保証金や年会費を考慮してクレジットカードのETCカードを考えるなら、 家族カードを持ってその家族カード付帯のETCカードを発行するか、難易度の低いクレジットカードを発行することを検討しましょう。このように、ETCカードを持つにはさまざまな方法があります。ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ