ETCカード人気ランキング&選ぶ際に見るべきポイント

ETCカードは、お金をかけずにお得なカードを作りたいですよね。でも「カードの種類が多すぎて、どれが良いのかわからない」と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、当サイトでETCカード目的の申込みが多かったクレジットカードの人気ランキングをご紹介します!

お得なETCカード人気ランキング

人気ETCカード比較表

カード名 年会費
(ETC)
ポイント
還元率
発行
日数
電子
マネー
付帯
保険
※1
おすすめ
ポイント
2年目
以降
最高
還元率

VIASOカード
VIASOカード
¥0
(etc発行千円)
0.50%
最短翌日 なし
(チャージは
可能だがポイント対象外)
海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・年会費が無料ながら付帯保険内容が充実
¥0(0) 10%

オリコカード
ザ ポイント
VIASOカード
¥0(0) 1%
最短
8営業日
iD
QUICPay
なし
・500ポイントからギフト券との交換やポイント移行ができる
¥0(0) 17.50%
(オリコモール利用時)

三井住友VISA
クラシックカード
VIASOカード
¥0(0) 0.50%
最短
3営業日
iD
PiTaPa
バーチャルWAON
Visa
 pay Wave
海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・利用できる電子マネーの種類が豊富・海外でも利用しやすい
¥1250
(¥500)
0.65%

JCB EIT
カード
VIASOカード
¥0(0)
1%
最短
1週間
QUICPay 海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・リボ払い専用カード
・デザインが豊富
¥0(0) 1.10%

MUFGカード
ゴールド
VIASOカード
¥0(0)
0.40%
使用方法によって異なる
Visa/
MasterCard
⇒最短
翌営業日
JCB
⇒最短
2営業日
Smartplus
VisaTouch
楽天Edy
SMART ICOCA
モバイルSuica
国内/海外旅行傷害保険・ショッピング保険・国内渡航便遅延保険
・空港ラウンジサービスが利用可能・コールセンターが年中無休/24時間営業・国内渡航便遅延保険付き
¥1905(0)

三井住友VISA
デビュープラス
カード
VIASOカード
¥0(0)
1%
最短
3営業日
iDPiTaPa
WAON
なし
・ポイント還元率が高い・若者専用のカード
¥1250
(¥500)
1.15%

ライフカード VIASOカード
¥0(0)
0.50%
最短
3営業日
ライフiD
EdyモバイルSuica
nanaco
国内/海外旅行傷害保険
・誕生月ポイント特典あり
¥0(0) 1.33%

アメリカン・エキスプレス・カード
VIASOカード
¥12000
(¥500)
0.30%
約10日 なし
(チャージは
可能だが
ポイント対象外)
国内/海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・空港のラウンジサービスが充実
¥12000
(¥500)
1%

ANA VISA Suicaカード
VIASOカード
¥0(0)
0.50%
最短
1週間
iD
Suica
PiTaPa
国内/海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・Suica機能が搭載されている・提携ポイントが豊富
¥2100(0) 1%

楽天カード
VIASOカード
¥0(¥500)
1%
最短
1週間
楽天Edy 海外旅行傷害保険・ネットセーフティ・商品未着保険
・インターネットショッピング関連の付帯サービスが豊富
¥0(¥500) 1%
  ※1:カード自体に付いている紛失・盗難保険を除く

ETCカードを選ぶ際に見るべきポイント

クレカ・ETCカードともに年会費無料

普段あまりクレジットカードを使う機会がないという場合は、クレジットカード・ETCカードともに年会費や発行手数料が無料のものを選ぶのがおすすめです。
無駄な出費をせずにポイントの還元や各種サービスを受けることができます。

ほぼ年会費無料(簡単な条件)

年会費が無料、もしくは年1度以上のカード利用で年会費が無料というカードは意外とたくさんあります。中でも、クレジットカード・ETCカードのどちらも無料なのはVIASOカード、オリコカードザ ポイント、JCB EITカード、ライフカード。

年会費のことを気にせずにカードの作成や利用をしたい場合は、これらのカードを選ぶと良いでしょう。

年会費を上回るポイント還元

ポイント還元率の高さで目を引くのはオリコカード ザ ポイント、JCB EITカード、三井住友VISA デビュープラスカード、楽天カード。普通に利用していれば、年会費分を上回るポイント還元を受けることができます。

また、オリコカード ザ ポイントやMUFGカードゴールドのように、使い方や使用頻度によってはかなりお得になるもの、ライフカードのように特定の月にポイント特典が付くものなどもあります。
自分のカードの使い方を想像しながら各カードを比較してみてください。

カードが届くまでの期間が短い

申し込み方法によっても差はありますが、最短で翌日にカードが手元に届くのがVIASOカード。MUFGカードゴールドの場合はVisaかMasterCardを選択すれば、最短で翌営業日にはカードを手にすることができます。

そして、3営業日以内にカードが発行されるのがMUFGカードゴールド(JCBを選択した場合)、三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISA デビュープラスカード、ライフカードです。 その他のカードに関しては、申し込みから発行までにおよそ1週間程度を見込んでおいた方が良さそうです。

マイルへポイントを変換できる

上記の表に挙げたカードのうち、VIASOカード以外はマイルへのポイント交換が可能です。
マイルの他、移行可能なポイントはカードによって違いますので、この点も要チェックです。

電子マネー

利用可能な電子マネーの種類が多いのは、三井住友VISAクラシックカード、MUFGカードゴールド、ライフカードの3カードです。自社の電子マネーのみの取り扱いという楽天カードや、チャージは可能でもポイントの対象にはならないという形態を取っているVIASOカード、アメリカン・エキスプレス・カードなども特徴的です。

電子マネーを普段利用しないという人にとっては大きな問題ではないかもしれませんが、コアな電子マネーユーザーにとっては重要な比較ポイントとなりそうです。

付帯保険

付帯保険について特筆すべきなのは、MUFGカードゴールドの「国内渡航便遅延保険」でしょう。搭乗した航空便の遅延や、預けた荷物の遅延によって発生した宿泊料や衣服購入費用などを、補償してくれるというサービスです。対象となるのは国内便のみですが、いざという時には安心の保険と言えます。

他のカードにも多く付いているのが旅行傷害保険・ショッピング保険で、ポイント還元率の高いオリコカード ザ ポイントや三井住友VISA デビュープラスカードには付帯保険がありません。

法人におすすめのカードとは

法人単位でクレジットカードを使用する場合は、経費の管理に優れているものや、ビジネスに役立つ付帯サービスが受けられるものを選ぶと良いでしょう。

オリコ、アメリカンエキスプレス、三井住友VISA、JCBなどから発行されているビジネスカードが人気を集めています。出張や移動の多い会社であれば、マイル面でメリットのあるカードを選ぶという手もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ