クレジットカード研究Lab ピックアップ

ドライバーに選ばれている1枚!

JCB DRIVER'S PLUS

株式会社ジェーシービー
丸山 詩乃様

JCBドライバーズプラスカード インタビュー!

クレジットカード研究Labインタビュー企画!
株式会社ジェーシービー東京支社 首都圏営業二部
丸山 詩乃様にお話しを伺いました。

JCBのガソリンカードとは?

ガソリンスタンドを選ばないガソリンカードがあったら便利だと思いませんか。
実はそんなカードがあるんです! その名もJCBドライバーズプラスカード。その魅力に迫りました。

JCBドライバーズプラスカードはどんなカード


sample―JCBドライバーズプラスカードの特長を教えてください。

丸山氏: ガソリンスタンドの看板に左右されず、キャッシュバックが受けられる汎用性と最大30%のキャッシュバック率が特長となっております。

―ガソリンスタンドを選ばずに利用できて、キャッシュバックが受けられるのは魅力的ですね! JCBドライバーズプラスカードはどういった方におすすめのカードなのでしょうか。

丸山氏: ガソリン代と高速料金を月に2万円(税込)以上、かつJCB加盟店で毎月30万円(税込)を使うと毎月最大30%のキャッシュバックにあたる6,000円を継続して受けることができます。例えば、個人事業主の方で車をよく利用されている方であれば、とても重宝していただけるカードになっています。特定のガソリンスタンドがないという方や車が大好きという方にもメインカードとしておすすめです。

―なぜポイントではなくキャッシュバック方式にされたのですか?

丸山氏: 車をよく利用されているお客様側にたったとき、ポイントではなくキャッシュバックにした方がおトクさが実感できるのではないだろうかというところから、キャッシュバック方式を採用しました。

最大30%のキャッシュバック率について


―ここで気になってくるのが、キャッシュバック率といいますか、キャッシュバック金額だと思うのですが、その辺について詳しく教えていただいていいでしょうか。

丸山氏:  キャッシュバック率は最大30%となりまして、カードのご利用金額に応じて決まります。キャッシュバック率は以下の表でもお分かりいただけるかと思いますが、月3万円(税込)以上のご利用から適応となっております。

例えば、月に3万円(税込)を使った場合は、ひと月目にキャッシュバック率が2.5%と決定しまして、ふた月目に10万円(税込)を使ったとしたとき、この10万円(税込)のうちに高速料金代とガソリン代に対して、前月に決まった2.5%のキャッシュバック率が適応となりますので、高速料金とガソリン代合わせて、15,000円(税込)だったとしたときは、375円がキャッシュバックになるというしくみになっております。

キャッシュバック率


※キャッシュバック率決定の利用期間などの詳細は、こちらをご確認下さい。
http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/dp_cashback.html

なので、最大30%のキャッシュバックを受け取るとすれば、ガソリン代と高速料金を月に2万円(税込)以上、JCB加盟店で毎月30万円(税込)を使うことになります。

―キャッシュバックの対象は何になりますか?

sample丸山氏:   高速道路料金(ETC料金)、ガソリンスタンドでの給油、ガソリンスタンドでのお買い物となっております。

もうひとつ例を上げるなら、クレジットカードのご利用が全部で20万円(税込)あり、そのうちキャッシュバック対象となる高速道路料金(ETC料金)、ガソリンスタンドでの給油、ガソリンスタンドでのお買い物が2万円(税込)あった場合、20%のキャッシュバック率が適応となり、4,000円のキャッシュバックが受けられます。

―このキャッシュバック率について丸山さんはどう思われていますか?

丸山氏: 本当に車をよく利用する方や月30万円(税込)をコンスタントにお使いいただける方であれば、毎月最大のキャッシュバックが受けられますので、おトクを実感してもらえると思っています。

―何かキャッシュバック率を上げる方法があれば教えてほしいのですが?

丸山氏: 実はJCBドライバーズプラスカードは家族会員のご利用分もキャッシュバック率算出の対象となっているんですね。なので、家族カードをお持ちいただき、カードのお支払いやETCカードをご家族でご利用いただくことによりキャッシュバック率を上げることができます。

JCBの隠れたオリジナル特典にも注目!


―JCBドライバーズプラスカードは、キャッシュバックが魅力的なカードですが、そのほかにもこれは使えるといった特典があれば教えてほしいです。

sample丸山氏: JCBドライバーズプラスカードはクイックペイもご利用いただけるので、クイックペイが利用できるセルフのガソリンスタンドでなら、スムーズにお支払いができます。

ガソリンスタンドの利用料金もキャッシュバックの対象となっているので、そちらも上手にご利用いただきたいと思っております。

特典も何も必要ないけれど、車の利用でトクをしたいという方に使っていただきたいカードとなっています。

…でも、実は「車」だけではなく、「新幹線」を便利に乗車できる方法もあるんです。

―その方法をぜひ教えてください!

丸山氏: オプションで付けられるサブカードになりますが、「プラスEX」カードにご入会いただければ東海道新幹線を便利に乗ることができるんです!

年会費は525円(税込)かかりますが、その分、東海道新幹線を便利に利用することができますし、往復を1回すれば年会費の525円(税込)分はすぐに元をとることができます。普段はJCBドライバーズプラスカードをETCや給油にご利用いただき、出張や旅行にはプラスEXをご利用いただくと便利かと思います。

―割引のほかにはどんなサービスがついているのでしょうか?

丸山氏: プラスEXを利用すれば携帯電話、スマートフォン、パソコンから簡単に予約ができることと、シートマップで空席状態を確認しながら座席が選べること、予約変更が何度もできて、しかも手数料は無料となっていることですね。

実はこのプラスEXのサービスは誕生して1年ほどしか経っていない、新しいものです。

―登場以来、申し込みの勢いはどんな感じですか?

とても好評です! 東京・名古屋間などを年1回往復するだけで年会費の元が取れてしまうので、毎月多数の申し込みをいただいております。便利すぎるサービスですからね。

―申し込みはJCBドライバーズプラスカードと同時にできるのですか?

sample丸山氏: はい。オンライン入会は、JCBドライバーズプラスカードを同時申し込みができます。
プラスEXで利用した分はJCBドライバーズプラスカードの利用料金としてのお支払いとなるので、キャッシュバック率を算定するときのご利用合計金額の対象となります。

JCBドライバーズプラスカードは、オンライン入会で初年度の年会費が無料で、そのほかにも入会キャンペーンを随時行っていますので、チェックしていただきたいです。

JCBドライバーズプラスカードとJCBドライバーズプラスゴールドカードの違い


―JCBドライバーズプラスカードにはゴールドカードもありますが、選び方のコツがあれば教えてください。

丸山氏: ゴールドカードには空港ラウンジサービスや海外・国内旅行保険が付帯されておりますので、車のご利用の他にも旅行や出張などが多い場合はこちらを選んでいただきたいです。

JCBドライバーズは特定のガソリンスタンドを持たず、車をよく利用する方には最適なカードです。さらに、プラスEXサービスをお申し込みになると、新幹線のご利用も便利になり、車や新幹線などの移動が多いひとにおすすめなカードでした。

車・新幹線をよく利用する、旅行・出張が多いひとに最適な1枚!

JCBドライバーズプラスカードは、ガソリンスタンドを選ばない新感覚のガソリンカード。
それに加えて、オプションのプラスEXサービスをお申し込みいただくと東海道新幹線料金が割引になるほか、ゴールドカードを持てば最高1億円(国内は最大5000万円)の海外・国内旅行保険が付いてくるなど、ビジネス、プライベート問わず「移動」が多い方には最大6,000円のキャッシュバックが受けられるおトクなカードだと思いました。

sample

株式会社ジェーシービー
東京支社 首都圏営業二部
 丸山 詩乃様

カードのおトクな使い方を丸山氏に聞きました!

ETC、ガソリンの給油以外にも、公共料金のお支払いなど毎月発生するお支払いにJCBドライバーズプラスカードを使っていただきたいです。
家族カードをお持ちになり、ご夫婦やご家族でご利用いただければ最大6,000円のキャッシュバックもそう遠くはないと思いますので、ぜひご検討いただけたらと思います。

JCBドライバーズプラスカードのインタビューを終えて

JCBドライバーズカードはキャッシュバックに特化したカードと言いながら、実はおトクなオプションがあること、旅行保険があること、家族使いがおすすめなことなどを教えてくださいました。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせてチェック おすすめ記事

インタビュー一覧に戻る

ページの先頭へ