卒業旅行を少しでも安心な旅へ。海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカード

高校、専門学校、大学と卒業を迎え卒業旅行に行こうと計画を立ててはいませんか。

一生に一度の卒業旅行、いい思い出にする為にも安全で快適な旅行にしたいものです。

旅行中は安全に過ごすことができればよいですが、ケガや病気、破損、盗難などあらゆるトラブルと隣り合わせなことから、ちょっとした救急箱を持っていく方もいることでしょう。

また飛行機に乗る前に損保会社で用意されている旅行保険を知り、加入していくという方もいるでしょう。

■旅行前のトラブルに備えるべき3つのポイント

1 絆創膏、胃薬など小さな救急箱を持っていく

2 損保会社で用意されている旅行保険の加入を検討する

3 クレジットカードに付帯されている旅行保険を確認する

損保会社で加入できる旅行保険は有料となっており、行先や日数により料金は異なりますが、充実した内容が特長です。

クレジットカードの旅行保険も充実した内容とはなっていますが、損保会社の旅行保険よりもやや物足りないものとなります。

しかし加入しないよりも、付帯されていた方が安心なのは確かなので、有料とするのか、年会費無料で旅行保険が付いているクレジットカードを持っていくのか、どちらにするかは出発前にきちんと考えておくべきでしょう。

年会費無料クレジットカードで旅行保険が付いているもののひとつに「エポスカード」があります。

エポスカードを発行すれば海外旅行傷害保険が自動で付帯されるので、安心・安全に卒業旅行へと出発することができます。

エポスカードは即日発行可能なので、出発まであと数日しかないと言う方でもすぐに発行できるのです。

エポスカードの海外旅行傷害保険や基本情報はどのようになっているのか、詳しく見てきましょう。

卒業旅行シーズン! 思い出に残る卒業旅行を安心できる旅にしたいならエポスカードがおすすめ

卒業旅行シーズンとなり、前々から、友人同士で話し合い海外旅行へ行く方も多いでしょう。

しかしより安心で安全な旅にしたいのなら、海外旅行傷害保険は欠かせません。

ほとんどのカード会社が旅行代金をカードで支払った場合のみ海外旅行傷害保険適応となりますが、エポスカードでは自動付帯と言う形をとっていますので、もう既に、旅行代金の支払いが済んでいたとしてもカードを持っていれば海外旅行傷害保険が旅行代金をエポスカードで支払っていなくても付帯されるのです。

突然の病気やケガはもちろんのこと、携行品・盗難・破損の損害にも補償があり、出発前の手続きなども一切必要ありません。

ではエポスカードの海外旅行傷害保険はどのような内容となっているのか確認して行きましょう。

エポスカードの海外旅行保険は自動付帯

エポスカードの海外旅行傷害保険はどのようになっているのでしょうか。

<海外旅行傷害保険>

傷害死亡・後遺障害→最高500万円

傷害治療費用→200万円(1事故の限度額)

疾病治療費用→270万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし)→2,000万円(1事故の限度額)

救援者費用→100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害(免責3,000円)→20万円(1旅行中・保険期間中の限度額)

※携行品は1個・1組・1対あたり10万円が限度となっています。

<補償期間>

カード加入日(カード発行日)の翌日以降、日本を出発する旅行から対象となります。

このようにエポスカード(VISA)ならここまで充実した海外旅行傷害保険が自動付帯されているのです。

卒業旅行前にエポスカードを発行して、安心で安全な旅を満喫しましょう。

エポスカードの基本情報やポイントシステムについて

海外旅行傷害保険が自動付帯されるエポスカードですが、基本情報・ポイントシステム・申込詳細なども気になる点でしょう。

申込前に詳細を確認しておきましょう。

〜エポスカードの基本情報〜

<年会費>

エポスカードの年会費は永年無料となっています。

<申込資格>

日本国内在住で満18歳以上の方から申込可能となっています。

高校生の方は申し込めないので注意しましょう。

<付帯保険>

海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

〜ポイント〜

<エポスポイント>

エポスポイントはエポスカードのポイントシステムで200円→1ポイント貯まるようになっています。

また支払い方法をリボ・3回以上の分割払い、どちらかを選択すれば200円→2ポイント進呈されるようになっているので得です。

<6つの得なエポスポイントの貯め方>

*1 店舗でポイントを貯めよう*

VISA加盟店での利用なら200円→1ポイントでエポスポイントを貯められ、酒屋・レストラン・カフェ・カラオケなどでの利用なら200円→1ポイントのポイントが5倍になり、提携店でのショッピングでボーナスポイントが貰えたりします。

提携店やポイントが倍になる店舗は会員用サイト「エポトクプラザから確認することができ、数多くの店で利用することができるのでどんどん利用していきましょう。

*2 ネットで貯めよう*

インターネットショッピングサイト「たまるマーケット」を利用して商品を購入すればポイントを最大30倍にして稼ぐことができ、会員専用サイト「エポトクプラザ」から旅行時のホテルの予約をすればポイントを最大6倍にすることもできます。

3 月々の支払いで貯めよう*

携帯電話や公共料金の支払いでもポイントを貯めることができます。

また家賃の支払いでポイントも貯めることができ、マルイが運営する保証人おまかせプラン「ROOM iD」から家賃を支払うことでポイントを貯めることができるのです。

*電子マネーへのチャージでポイントを貯めよう*

エポスカードから電子マネーへチャージを行えばポイントを貯められます。

チャージ先は、Edy・モバイルSuica・スターバックスカード・au WALLETプリペードカードと選ぶことができるので便利です。

*5 ゲームで貯めよう*

エポスカードはエポスカードのアプリで行っているミニゲームでもポイントを稼ぐことができます。

*6 キャンペーンで貯めよう*

会員サイト→エポスNetで行っているキャンペーンに参加してポイントを貯めることができます。

ポイント進呈内容はキャンペーンによって異なりますが内容によってはもれなくポイントが進呈されるキャンペーンなどもあるので参加甲斐があるでしょう。

また家族や友人を紹介することでポイントも稼ぐことができます。

エポトカードではポイントが貯めやすくなっているので、どんどんエポスカードを利用してエポスポイントをゲットしていきましょう。

貯めたエポスポイントはマイルのへの移行・魅力的な商品との交換など使い道はたくさんあるので得に利用して行けます。

最近ではApple Payの利用も世の中に浸透しつつあり、エポスカードはApple Payにも対応しているので使い勝手も良いでしょう。

〜エポスカード申込方法〜

エポスカードは即日発行できるカードとしても人気が高いカードなのです。

<受付方法>

エポスカードは、アプリ・WEBでの受付が可能となっていて、カード発行までの流れとしては、アプリ・WEBから必要事項を記入して審査結果を待ち、申込んだその日にマルイ店頭カードセンターでカードの受取りが可能となっています。

また配達でもカードの受取りが可能となっているので便利です。

マルイ店頭カードセンターで申仕込んでも、申込んだその日に発行することが可能ですが、アプリ・WEBから申し込んだ方がよりスムーズにカードを発行できようになっています。

※手順通りにやったとしても審査状況などによっては即日カードをできない場合もあります。

エポスカードは即日発行でき海外旅行傷害保険が自動付帯されていてポイントも貯まり、学生の方でも発行しやすいカードとなっているのです。

エポスカードは学生でも発行しやすい! 卒業旅行前に発行して準備万端で卒業旅行へ出かけよう!

エポスカードは学生の方でも発行しやすいカードとなっていて、初めて持つカードとしてうってつけのカードと言えるでしょう。

通常ほとんどのカード会社の海外旅行傷害保険はパッケージ・ツアーなどの旅行代をカードで支払った場合のみ適応となりますが、エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯になっているので、もう既に旅行代金を現金などで支払っていたとしてもカードを発行すれば保険が付帯されます。

即日発行でき年会費も無料で海外旅行傷害保険が自動付帯になるのはエポスカードならではと言えるでしょう。

ポイントシステムも200円→1ポイントで貯まるようになっていて、利用方法によってはポイントを倍にすることもでき、海外旅行傷害保険が優れているだけではなく、その他のカード機能も満足に使って行けるカードとなっているのです。

卒業旅行に行く前にエポスカードを発行し、準備万端にして一生に一度の旅行を満喫しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ